fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近年の「すが漏れ」の状況

近年の「すが漏れ」の状況についてお伝えしたいと思います。

すが漏れ 

これまでは「すが漏れ」の主な原因として、室内の暖気が屋根裏へ上がり、屋根に積もった雪を解かしてしまい、夜間など気温が下がった雪解け水が氷となります。
屋根には傾斜があるので、屋根の先端部分に氷のダムが出来てしまい、行き場が無くなった雪解け水が、板金屋根の「はぜ」と呼ばれる継手部分から毛細管現象で建物内へ侵入するのが「すが漏れ」の原因とされていました。
簡単にまとめますと、これまでは天井上の断熱(屋根断熱のケースもあり)や屋根裏の換気に不具合があることによって「すが漏れ」が発生するという事ですが、近年では築浅物件(瑕疵保険対象中の築10年未満の住宅)でも「すが漏れ」事故が多数起きています。
高断熱で高気密、屋根裏の換気がしっかりととれた新築でも「すが漏れ」が発生しているのです。
お客様の立場になって考えてみましょう。
築10年未満の住宅で「すが漏れ」(雨漏り)とか、ありえません。
気象条件が悪いなら(台風など災害は除く)その事も考慮して、最善の工法を検討するのが本当のプロの仕事だと思います。

image1 1280


IMG_7744.jpg

IMG_7751.jpg

では、原因は何か?
原因がわからないと「すが漏れ」(雨漏り)は止めれません。

マツモトルーフでは「気候変化」による原因が大きいと考えます。
近年では真冬に大雨が降ったり、水分の多く含んだ雪が積もります。
また、札幌市内では雪が積もる時期が遅くなり、外気温が氷点下でかなり冷え込んでいるのに、日中は晴天により積雪の無い部分の板金が熱せられて雪が解けて夜間に凍結するなど氷を成長させます。
つまり、これまでと気象条件が大きく変わり、建物外部からの様々な影響により、氷のダムを成長させていると考えます。
これからの北海道(積雪地域)の無落雪屋根(スノーダクト形状・フラット屋根)は継手(はぜ)のある板金屋根(ガルバリウム鋼板)では、完璧に水漏れが防げない時代になるでしょう。

また、今年は特に「スノーダクト」が凍り付き、雪解け水が溢れてしまう「オーバーフロー」事故も多発しています。
凍りつき防止対策のため、「スノーダクト」内にヒーターを設置するケースもございますが、ヒーターの熱で解けた「スノーダクト」周辺の雪が氷のダム(トンネル)となり、「すが漏れ」を誘発するケースも増えています。

スノーダクト トンネル

一般的な屋根リフォーム業者様から「防水性能の高い板金屋根で施工する」「板金屋根を新しく葺き替えすれば、内部シーリングしているので大丈夫」「板金屋根の下の防水紙を性能の良いものに交換すれば大丈夫」などと言われ、イマイチ納得できないまま屋根リフォーム工事を勧められ、工事してしまったケースでのご相談もございました。

板金屋根は防水ではありません。
継ぎ手(はぜ)がある以上、屋根がプール状態になれば水が漏れて当然です。
「オーバーフロー」つまり「スノーダクト」が溢れるのも想定外の工法です。
これまでと同様の工法(板金屋根を新しくしても)で修理しても、屋根の構造を変えない限り根本的な解決方法ではございません。

IMG_1283.jpg

IMG_1341.jpg

IMG_1192.jpg

IMG_1313.jpg


弊社では、これからの無落雪屋根にはプールになっても雨漏りしない防水工事が必然だと考えます。
北海道の板金業者様は特に技術の高い職種ですので、自社の技量や独自の施工方法などで、ご提案するケースも多いと思います。(弊社も同業種ですので、その気持ちは理解できます)

板金屋根を否定するつもりはございません。
傾斜屋根には意匠性や耐久性を含め最適な材料だと思います。

お客様にとって最も大切な事は、板金業者の技量の問題や屋根材料の選択でもございません。
シンプルに、どんな条件でも「すが漏れ」や「雨漏り」の心配のない家に、末長く安心して暮らす事だと思います。


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 14時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区で折板屋根のスガ漏れ対策工事

弊社では全ての屋根工事に対応可能ですが、今回は折板形状の屋根修繕工事の施工例をご紹介いたします。

工事前の状態です。

折板形状の屋根ですが、雪解けの時期になると継ぎ手部分からの「スガ漏れ」でお悩みの状態でした。
折板屋根 修理前

屋根全体の写真ですが、各所に経年劣化が見られます。
折板屋根 全体施工前

屋根の先端に取り付けられた鉄製の雪止め金具も腐食しています。
折板屋根 雪止め

今回の工事では、建物内にクルマや資材がある状態での工事となりますので、施工中の雨などの心配がなく、解体費用・廃材処理費用も削減できる工法で、既存の屋根を剥がさずに上から屋根をもう一層被せる「カバー工法」でご提案させて頂きました。
※屋根の劣化が激しい場合や屋根が破損している場合はカバー工法は適応出来ません。

高耐久でメンテナンスがラクな修繕方法をご検討されておりましたので、弊社が代理店を務めます早川ゴム製の「サンタックIBシート防水」による修繕工法でお任せ頂きました。

「サンタックIBシート防水」は塩ビ樹脂製のシート防水で、特徴は高品質・高耐久性です。
また、北海道の戸建て住宅に多く使用されている金属(板金)屋根には定期的なメンテナンスが必要不可欠ですが、サンタックIBシート防水は、コーキングの打ち直しや塗装など、定期的なメンテナンスは必要はありません。(外壁取り合い部分などは除く)


それでは工事の概要です。

既存屋根の清掃と調整を行ってから、専用の金具を等間隔で取り付けします。
折板屋根用固定金具

木材で下地を作成していきます。
防水下地組

合板を屋根全体に敷き、専用金具にビス固定していきます。
合板貼り

サンタックIBシートを固定するためのディスク板を留めつけします。
ewkgyoousyco06.jpg

サンタックIBシート防水を敷き込むための平らな下地が完成です。
ewkgyoousyco07.jpg

外周は厚物のガルバリウム鋼板を工場で加工して、現地で取り付けします。
ewkgyoousyco08.jpg

サンタックIBシート防水の敷き込みです。
ボンドなどで貼り付ける工法ではなく、塩ビ被覆された専用ディスクに部分的に固定する工法です。
鉄骨造などの動きの大きい建物にも追従できる高耐久の工法です。
サンタックIBシート敷き込み

屋根全体にサンタックIBシートを敷き込み完成です!
サンタックIBシート同士の継ぎ手も全て溶着により完全一体化していますので、
屋根全体を1枚のシートで覆ったのと同じ状態になります。
ewkgyoousyco10.jpg

最後に、同じ角度からのビフォーアフターをご覧ください。
〈施工前〉
ewkgyoousyco11.jpg
〈施工後〉
ewkgyoousyco12.jpg

〈施工前〉
ewkgyoousyco13.jpg
〈施工後〉
サンタックIBシート防水完了

〈施工前〉
ewkgyoousyco15.jpg
〈施工後〉
ewkgyoousyco16.jpg

〈施工前〉
ewkgyoousyco17.jpg
〈施工後〉
ewkgyoousyco18.jpg

〈施工前〉
ewkgyoousyco19.jpg
〈施工後〉
ewkgyoousyco20.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 19時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区S様邸 Sハイム 屋根雨漏り修理工事

札幌市西区で大手ハウスメーカーの雨漏り修理工事です。

ご自宅にお伺いしてお話を伺うと、天井からの雨漏れが2箇所ほどある状態でした。
niswkadasekituyu001.jpg
niswkadasekituyu00.jpg

1箇所はハウスメーカーでの補修工事も行ったようですが、残りの1箇所は原因不明の雨漏りとの事で、調査を進めさせていただきました。

こちらのタイプの屋根は元々、ハウスメーカー独自の工法が採用されており、
塩ビ製のシートと塩ビを被覆した鋼板を融合する形での防水工法です。

既存の防水の状況も考慮して、シート防水での全面葺き替えをご提案させていただきました。

工事前にしっかり除雪です。
弊社では、雨漏り・すがもり修理が工事の大半を占めますので、冬季間も問題なく工事を行なっております。
niswkadasekituyu01.jpg

帯状の板金やコーキングを撤去して、下地の調整を行います。
niswkadasekituyu02.jpg

帯状の板金を撤去すると、不具合箇所が見つかりました。
niswkadasekituyu03.jpg

無落雪形状の屋根ですが、排水口への雨水の流れが悪く対策が必要な状態でした。
niswkadasekituyu04.jpg

そこで、屋根の傾斜を利用して断熱材を排水口に向かって斜めに設置。
水勾配を調整しました。
niswkadasekituyu05.jpg

サンタックIB製の塩ビシート防水の下地を作成していきます。
niswkadasekituyu06.jpg

サンタックIB製シート防水敷き込み状況です。
niswkadasekituyu07.jpg

外周の立ち上がりの処理ですが、笠木を脱着してシート防水を巻き込み
さらにコーキングでの防水処理も施しています。
niswkadasekituyu08.jpg

続いて、バルコニー屋根と下屋根の工事も同様に進めていきます。
niswkadasekituyu09.jpg

残り1箇所の不具合箇所も見つかりました。
niswkadasekituyu10.jpg

既存の防水を剥がして、木下地の状態を確認します。
強度を確認して、濡れた木材を乾かしてから作業再開です。
niswkadasekituyu11.jpg

エアコンの室外機などもありましたが、移動しながら作業を進めます。
niswkadasekituyu12.jpg

立ち上がりのシート防水施工中です。
niswkadasekituyu13.jpg

手摺の下部には、手摺補強&止水水切をワンオフ製作して取り付けしました!
弊社のリフォーム工事は新しい部材に交換するだけではなく、
今後はこれまで以上に長持ちする屋根を提供出来るように日々努力しております!
niswkadasekituyu14.jpg

ベランダの保護マットを復旧して、全ての工事が完了です。
niswkadasekituyu15.jpg

〈施工前〉
niswkadasekituyu16.jpg
〈施工後〉
niswkadasekituyu17.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市厚別区K様邸 シート防水雨漏り修理工事

札幌市厚別区で鉄骨造で有名なハウスメーカー「セキスイ」さんの屋根シート防水貼り替え工事です。

お見積依頼を受けお伺いすると、経年劣化による不具合が起きていて各所で雨漏り状態でした。
atbukppkwsea1.jpg

コーキングなどによる一時的な応急処置も、繰り返された様子でした。
atbukppkwsea2.jpg

緊急な対応が必要な状態でしたので、早急にお見積を提出して対応させて頂きました。
こちらの建物は鉄骨造で屋根の床材にはALCパネル(軽量気泡コンクリート)という特殊な材料が使用されており、取り扱いには十分な知識が必要な工事になります。
既存のシート防水の痛みが酷く、全て撤去する方向で進めます。
atbukppkwsea3.jpg

屋根下地のALCパネルがむき出しになりました。
atbukppkwsea4.jpg

下地の調整・清掃後に絶縁シートを敷き込み、新たにサンタックIBシートを溶接固定するためのディスク板を留め付けします。
atbukppkwsea5.jpg

外周部にもサンタックIBシートを固定するための鋼板を取り付けしていきます。
atbukppkwsea6.jpg

ディスク板・鋼板の留め付けにはアンカープラグとメーカー純正品のエポキシ樹脂を併用して、ビス固定の強度を高めます。
シート防水のデメリット(風の影響を受けやすい)を回避するためにもとても重要なポイントになります。
atbukppkwsea7.jpg

下地作成後にサンタックIBシートを敷き込みします。
atbukppkwsea8.jpg

atbukppkwsea9.jpg

〈施行前〉
atbukppkwsea10.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea11.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea12.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea13.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea14.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea15.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea16.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea17.jpg

外周端部の防水押さえ鋼板は、水切り形状に特殊加工して納めていますので、より防水性能を高めています。
atbukppkwsea18.jpg

アンテナのポール受け架台も施工前に比べ大幅に見直ししています。
サンタックIB製の「ソーラー基礎」を使用して強度と防水性能を高めています。
atbukppkwsea19.jpg

アンテナの控えワイヤーは、従来の屋根の平面に直接穴を開ける工法は取り止め、外周端部から補強する格好に変更しました。
atbukppkwsea20.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 21時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市中央区 Gマンション様 屋上防水改修工事

弊社では、一般の木造住宅の他、
マンションやビルの屋上防水等の改修工事も得意としております。

今回は札幌市中央区での高層マンションの屋上防水改修工事の例をご紹介致します。

既存はアスファルト防水でしたが、各所で雨漏り状態でした。
これまでの補修の跡も多く見られ、経年劣化による痛みが目立ちましたので、
全面改修工事をご検討頂きました。
afusihiguffu1.jpg

既存の防水層の上から、サンタックIBシート防水を被せる工法を採用して頂きました。

今回の被せ工法ですが、廃材処理を最小限にできるエコな工法で、
工期の短縮や施行中の雨などの影響も受けにくく、
屋上改修工事(リフォーム)には最適の工法です。

先ずは外周の笠木や架台周りの水切の撤去、古いコーキングの除去など
下地調整を行います。
afusihiguffu2.jpg

絶縁シート(緩衝材)を敷き込み、下地を作成します。
アンテナ架台などは浮かせながら作業します。
afusihiguffu3.jpg

サンタックIBシートを敷き込みします。
afusihiguffu4.jpg
afusihiguffu5.jpg

排水ドレンはサンタックIBシートと同質の、塩ビ製ドレンを差し込む形で納めます。
afusihiguffu6.jpg

外周部にサンタックIBシートを固定(溶接)する為の積層鋼板を取付けします。
afusihiguffu7.jpg

笠木の天端を含めた立ち上がりにサンタックIBシートを施工します。
afusihiguffu8.jpg

外壁(タイル面)との取り合い部は、
コーキングを打つための隙間(目地)をあけて施工します。
afusihiguffu9.jpg

コーキングによる仕上げ(防水処理)を行います。
afusihiguffu10.jpg

手摺等の架台部分は、ウレタン防水を施工するため
周りをサンタックIBシートで立ち上げて密着性を良くしています。
afusihiguffu12.jpg

手摺架台をウレタン防水で施工して完了です。
afusihiguffu13.jpg
afusihiguffu14.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu1a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu1b.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu2a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu2b.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu3a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu3b.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu4a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu4b.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu5a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu5b.jpg

〈施工前〉
fusihiguffu6a.jpg
〈施工後〉
fusihiguffu6b.jpg


屋上・屋根のお悩み全て解決します。
板金・防水は問いません。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 19時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石狩市 A様邸 屋根(屋上)防水リフォーム工事

札幌市の隣、石狩市で屋上防水の改修(リフォーム)工事です。


きれいに塗装がしてある状態でしたが、
防水層の経年劣化により入隅部の浮きや、各所にひび割れが目立ちました。
〈施工前〉
hnkttssyabs1.jpg
hnkttssyabs2.jpg

全面改修工事(リフォーム)が必要な状態でしたので、
高品質・高耐久性のサンタックIBシート防水の被せ工法で施工します。
(既存の防水層を撤去せずに、簡単な下地調整をして上から新しい防水シートを被せる工法)
施行中の雨のリスクや、廃材処理費が削減出来てリフォームには最適なエコな工法です。

最初に下地の調整を行います。
浮いた入隅部分は切れ目を入れ、下地になじませます。
hnkttssyabs3.jpg

下地の調整後、絶縁シート(緩衝材)を敷き込み、
サンタッ クIBシートを部分固定するための、ディスク板の 穴あけをします。
hnkttssyabs4.jpg

防水層の下はALC(軽量気泡コンクリートでビスの引き抜き強度が出づらい)
になりますので、2液性のエポキシ樹脂を注入して強度を確保します。
hnkttssyabs5.jpg

さらにアンカープラグも併用して、確実な固定を行います。
hnkttssyabs6.jpg

ディスク板を留め付け、平場のIBシートを敷き込みします。
ディスク板にIBシートを部分的に固定する工法で、
建物の動きに追従出来る高耐久性の工法です。
また、防水シート内で結露などが発生した場合でも、
サンタックIBシートの「水蒸気透過性」の性質を生かし
水分をIBシートを通して、建物の外に排出する事が出来る優れた性能があります。
hnkttssyabs7.jpg

排水ドレンは、廻りを積層鋼板で補強して、 IBシートと同質の塩ビ製のパイプを、
差し込む形で溶接して、取り付けします。
溶接によりIBシートと塩ビパイプは完全一体化しますので、排水口からの雨漏りも
完璧に止まります。
(コーキングやボンド等は一切使用しませんので剥がれる心配はありません)
hnkttssyabs8.jpg

続いて外周の作業です。
外壁のリフォーム(サイディングの重ね貼り)により屋根面より外壁面の方が
張り出している状態で、外壁に雨水が廻りやすい状態でした。
今度は外壁のサイディングより屋根面が張り出すように、板金の下時の木材を取付けします。
hnkttssyabs9.jpg

立上がり部と笠木に、厚物ガルバリウム鋼板で加工した補強下地を取り付けします。
hnkttssyabs10.jpg

外周に工場で加工した水切り形状の、淀(ガルバリウム鋼板)を取り付けします。
これで外壁に雨水が伝わりにくくなり、雨漏りの危険性の回避や汚れ対策にもなります。
hnkttssyabs11.jpg

淀の上に両面粘着ブチルテープを貼り、防水処理を施してから、
IBシートを溶接固定する為の積層鋼板を取り付けします。
hnkttssyabs12.jpg

笠木を含めた立ち上がりにIBシートを貼ります。
hnkttssyabs13.jpg

集合煙突周りも防水を立ち上げます。 (既存の煙突の板金は撤去しています)
hnkttssyabs14.jpg

新たに集合煙突をガルバリウム鋼板で包み、全ての作業が完了です。
hnkttssyabs15.jpg

〈施工前〉
hnkttssyabs16.jpg
〈施工後〉
hnkttssyabs17.jpg

〈施工前〉
hnkttssyabs18.jpg
〈施工後〉
hnkttssyabs19.jpg

〈施工前〉
hnkttssyabs21.jpg
〈施工後〉
hnkttssyabs22.jpg

〈施工後 動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 21時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区F様邸 屋上防水リフォーム工事

札幌市清田区で下屋根の防水リフォーム工事です。

経年劣化による防水層の痛みと、外周端部のアルミ製のアングル形状の笠木からの
雨水の浸入が見られ、全面的な改修工事が必要な状況でした。
fthkhrfbg1.jpg

特に外周端部のL型笠木は、ビス留めによる固定方法が一般的で、
この部分の止水処理が甘かったり、経年によるビスの浮きが出たりと
問題の多い箇所でもあります。
fthkhrfbg2.jpg

L型笠木を撤去して、状況を確認すると‥
長期にわたる雨水の浸入により、下地のALC板が破壊されていました。
fthkhrfbg3.jpg

一部、外壁のタイルも剥がれ落ちそうな深刻な状況でしたので、
外周端部はタイルの上からガルバリウム鋼板で補強して、
下地を作成する事としました。
fthkhrfbg4.jpg

手摺を一旦撤去して、防水下地の作業です。
緩衝材を敷き、サンタックIBシートを固定するためのディスク板を留め付けします。
fthkhrfbg5.jpg

サンタックIBシートを敷き込みます。
fthkhrfbg6.jpg

外壁との取り合い部は、古いコーキングを撤去して新たにコーキングを
打ち直しします。
fthkhrfbg7.jpg

手摺を復旧します。
fthkhrfbg8.jpg

きれいに清掃して作業が完了です。
fthkhrfbg9.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg10.jpg
〈施工後〉外周端部の処理は完璧です!
fthkhrfbg11.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg12.jpg
〈施工後〉
fthkhrfbg13.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg14.jpg
〈施工後〉
fthkhrfbg15.jpg

〈施工後詳細〉
fthkhrfbg16.jpg
fthkhrfbg17.jpg
fthkhrfbg18.jpg

〈施工後 動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 20時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区でマンション屋上防水リフォーム

札幌市東区でマンション屋上の防水改修工事です。

経年劣化により各所に不具合が見つかり、雨漏り状態でした。
特に複雑な形状をした取合い部分やR部分などがあり、
雨漏りしやすい構造になっていました。
skeprestg1.jpg

下地の調整からスタートです。
既存はアスファルト防水で外周部にはアルミ笠木が取り付けされていました。
アルミ笠木を撤去してベースプレートを撤去していきます。
skeprestg2.jpg

外壁に雨水が伝わりにくいように、水切り加工した特注鋼板を取付けします。
合わせて両面ブチルテープによる一次防水処理も施します。
skeprestg3.jpg

既存の防水層の調整後に緩衝材を敷き込み、
IBシートを部分固定する為のディスク板を留付けします。
高品質・高耐久性のサンタックIBシートを敷き込みします。
skeprestg4.jpg

立上がり、笠木の天端までIBシートを巻いていきます。
skeprestg5.jpg

外周部に取付けた特注鋼板とIBシートを溶接により一体化していますので、
屋上のどの部分からも雨漏りが無い完全防水工法です。
skeprestg6.jpg

複雑な取合い部分もシンプルな形状に変更して納めています。
skeprestg7.jpg

R部分もスッキリとさせてからIBシートを巻いています。
skeprestg8.jpg

〈施工前〉
skeprestg9.jpg
〈施工後〉
skeprestg10.jpg

〈施工前〉
skeprestg11.jpg
〈施工後〉
skeprestg12JPG.jpg

〈施工前〉
skeprestg13.jpg
〈施工後〉
skeprestg14.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区 T様邸 屋根シート防水リフォーム工事

札幌市清田区で屋根防水の貼り替え工事です。

施工前の画像です。各所で雨漏り状態でした。
既存は鋼板防水で鉄板の表面に塩ビを被覆した材料を使用していました。
屋根上の雨水の流れが悪く、長期にわたり水が溜まった状態でした。
sekta0.jpg

表面の塩ビの層が剥がれ、中の鉄板がむき出しになり各所で腐食して錆びていました。
sekta1.jpg

外周の笠木鋼板を外すと、受け下地の金物も錆びていて
一部は形状がわからなくなるくらい粉々になってしましました。。
笠木に継手部分の防水処理が甘く、こちらも長期に渡り雨水が浸入していたようです。
sekta2.jpg

廃材処理費と撤去費が掛かるため、屋根の痛みが酷くない場合は、
既存の防水層を残して、上から新たに被せる工法で防水リフォーム工事を行いますが、
今回は屋根の状態が悪いため、全ての防水層を撤去する方向で決めました。
sekta3.jpg

下屋根の外壁取合いの防水処理が甘く内部に雨水が侵入していました。
水切り・受け下地も錆びていて、再利用不可能です。
sekta4.jpg

下屋根も手摺や水切りなど、
屋根に緩衝する部分は全て一旦撤去してから工事を進めます。
sekta5.jpg

新規にサンタックIBシート防水を施工します。
今度はきちんと排水口に雨水が流れるように、
傾斜のついた特注の勾配断熱材で屋根の傾斜の調整をします。
画像でも排水口に向かって、斜めに施工されているのがわかります。
sekta6.jpg

IBシートを部分的に留める(溶着)する為のディスク板を止付けして、
IBシートを張り込みします。
sekta7.jpg

下屋根も本屋と同様にIBシートを張り込みします。
sekta8.jpg

立上がりにもIBシートを施工して、屋根全面をIBシートで覆います。
sekta9.jpg

屋根上に設置された換気小屋からの吹き込みによる雨漏りも確認出来ましたので、
換気小屋を一旦外して徹底的な防水処理をします。
sekta10.jpg

IBシートを貼り、取合い部をコーキング処理します。
sekta11.jpg

さらにフィンからの吹き込みによる雨漏り対策として、
換気小屋内部に特注の水切りを取付けしています。
sekta12.jpg

IBシート張込み完了後に笠木を復旧します。
笠木の受け下地が腐食して再利用できませんので、
工場で厚物のガルバリウム鋼板をワンオフ加工して製作しました。
sekta13.jpg

笠木を復旧していきます。
継手部分はコーキングによる防水処理を施します。
sekta14.jpg

下屋根の外壁との取合い部です。
水切り取付け前にコーキングで一次防水処理をします。
sekta15.jpg

外壁の水切りも、ガルバリウム鋼板で新たに製作して取付けします。
プライマーを塗布して仕上げのコーキング処理をします。
sekta16.jpg

手摺、保護マットを復旧して全ての工事が完了です。
今回も内容・仕上がり共に納得のいく工事が出来ました!
sekta17.jpg

〈下屋 施工後〉
sekta18.jpg

〈本屋 施工前〉
sekta19.jpg

〈本屋 施工後〉
sekta20.jpg

〈換気小屋 施工前〉
sekta21.jpg

〈換気小屋 施工後〉黒のガルバリウム鋼板を貼って仕上げました。
sekta22.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
防水・板金は問いません。
マツモトルーフは完全自社施工で、全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市内 雨漏り修理 賃貸マンション屋上の防水リフォーム工事

札幌市内で賃貸マンションの屋上防水リフォーム工事です。

雨漏りの調査依頼にお伺いすると、
既存の防水層が捲れ、雨水が侵入している状態でした。

原因は外周部の防水層を押さえるための金具の固定方法が甘く、
風の吹き込みなどにより、捲れ上がってしまったようです。
〈施工前〉
ryahi1.jpg

各部で不具合がありましたので、全面を新しい防水
(サンタックIBシート)で被せる工法で施工する事になりました。
部分的にシート防水を固定する工法で、下地の追従を受けにくく
建物の動きに強い工法です。
また、上から被せる事で廃材処理費や既存防水の撤去費用が掛からず
とてもエコな工法です!

既存の防水層の調整(痛んでいる箇所は撤去)を行い、絶縁シートを貼り込みします。
ryahi2.jpg

外周部のにサンタックIBシートを固定(溶接)する為の鋼板を取り付けします。
外壁に雨水が伝わりにくいように、工場で水切り形状に加工しています。
ryahi4.jpg

外周部の鋼板をしっかりと固定するため、エポキシ樹脂とプラグを併用しています。
ryahi3.jpg

IBシートを部分的に留める為のディスク板を取り付けします。
このディスク板とIBシートは溶着して一体化しますので、
ボンドとは違い剥がれる心配は一切ありません。
ryahi5.jpg

サンタックIBシートを張り込みします。
ryahi6.jpg

点検口の上蓋を一旦外して、全てにIBシートを張り込みします。
同時にコーキング処理も行い、さらに防水性能を高めます。
ryahi7.jpg

点検口の上蓋を元に戻し全ての作業が完了です。
ryahi8.jpg

〈施工前〉
ryahi9.jpg

〈施工後〉
ryahi10.jpg

〈施工前〉
ryahi11.jpg

〈施工後〉
ryahi12.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 19時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT