| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市西区 K様邸 無落雪屋根(ステンレス防水)リフォーム工事

今回の記事は、最近数件のお問い合わせをいただきました、既存が「ステンレス防水」の無落雪形状の屋根リフォーム工事をご紹介致します。

今回ご紹介する建物は大手ハウスメーカーSハイムさんの木造住宅で、既存屋根の材質は一般的な木造住宅の屋根材(亜鉛鉄板やガルバリウム鋼板)ではなく、ステンレス防水が施工されていました。

ステンレス製の屋根は高耐久性でサビにも強く高品質ですが、材質が硬く、屋根材の伸縮や、木造住宅のような動きの大きい建物では追従できずに亀裂が入り漏水してしまうケースもあるようです。
また、今回のケースでは、排水口周りがコーキング処理に頼る工法のため、コーキングの経年劣化による雨漏りが確認できました。

修繕方法は、建物の動きにも強い工法で、高耐久でメンテナンスフリーのサンタックIB製の塩ビシート防水でご提案させていただきました。
排水口周りも、同質の塩ビ管と塩ビ樹脂シートの溶着接合によりコーキングに一切頼らない工法です。


既存(施工前)のステンレス防水の状態です。
はぜ(材料の継手)の高さがあるため、雨水が上手く流れずに常時屋根上に溜まった状態です。
hhntikisii13.jpg

排水口周りはコーキングに頼る工法で、数回にわたる補修の跡が見られました。
hhntikisii14.jpg

それでは、工事の詳細です。
まずは、外周に木下地を取り付けします。ガルバリウム鋼板の役物材を取付するための下地となります。
hhntikisii15.jpg

既存屋根の清掃と簡単な下地調整後、はぜの間に断熱材を挟めこみ屋根を平らにしていきます。
既存の屋根(ステンレス防水)は基本的に剥がさないカバー工法です。
廃材処理費用を控えて、その費用をを断熱材に当てることができますので、エコで外断熱工法が可能な工法です。
(※カバー工法は雨漏りや経年劣化が酷く、既存の屋根や下地の痛みが激しい場合は適応出来ません)
hhntikisii16.jpg

はぜの間に断熱材を嵌め込みます。
hhntikisii17.jpg

写真では分かりづらいですが、排水口に上手く雨水が流れるように水下側は三角形の勾配断熱材を施工しています。
hhntikisii18.jpg

換気小屋周りは雨水が侵入している形跡がありましたので解体しました。
hhntikisii19.jpg

断熱材の上に緩衝材を敷き込み、サンタックIBシートを部分的に固定するためのディスク板、塩ビ積層鋼板を留めつけしていきます。
hhntikisii20.jpg

サンタックIBシートを敷き込みします。
(仕上げのシート防水は屋根全面にボンドなどで糊付けする工法ではなく、ディスク板に部分固定することにより、建物の動きに強く、追従が可能な工法です)
hhntikisii21.jpg

シートの継手も溶着により完全一体化します。
溶かして接合しますので、剥がれることはありません。
hhntikisii22.jpg

立ち上がりや笠木部分の施工をして本屋が完成です。
hhntikisii23.jpg

続いて、バルコニー屋根です。
手摺を一旦外して、本屋と同様に進めます。
hhntikisii24.jpg

外壁との取り合い部分は、既存の外壁サイディングを一旦剥がして、内部を止水処理します。
hhntikisii25.jpg

サイディングを復旧後に、さらにガルバリウム鋼板を加工した通気水切を取付して、雨押え処理を施します。
hhntikisii26.jpg

手摺の脚周りも防水処理・増し貼りします。
hhntikisii27.jpg

hhntikisii28.jpg

アルミ製手摺の復旧作業です。
hhntikisii29.jpg

保護マットを戻して、バルコニー屋根の完成です。
hhntikisii30.jpg

hhntikisii31.jpg

最後に同じ角度からのビフォーアフターです。
〈施工前〉
hhntikisii01.jpg
〈施工後〉
hhntikisii02.jpg

〈施工前〉
hhntikisii03.jpg
〈施工後〉
hhntikisii04.jpg

〈施工前〉
hhntikisii05.jpg
〈施工後〉
hhntikisii06.jpg

〈施工前〉
hhntikisii07.jpg
〈施工後〉
hhntikisii08.jpg

〈施工前〉
hhntikisii09.jpg
〈施工後〉
hhntikisii10.jpg

〈施工前〉
hhntikisii11.jpg
〈施工後〉
hhntikisii12.jpg


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市南区N様邸 すが漏れ対策工事

スガ漏れの発生しやすい時期となり、最近お問い合わせが増えています弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」についての記事を書きたいと思います。

札幌市南区で無落雪屋根(スノーダクト)のすが漏れ対策工事です。
経年劣化による「すが漏れ」が発生した状態で、屋根のリフォーム工事をご検討中でした。

施工例の紹介の前に少しだけ各工法の説明をさせていただきます。
無落雪屋根(スノーダクト)のリフォーム工法では、
①既存の古い鉄板を全て撤去してから新しい板金(現在ではガルバリウム鋼板)葺く「葺き替え」の工法
②既存の屋根の上に断熱材を挟み込みんで屋根面を平らにし、その上に新しい板金を葺く「カバー工法」
の2種類が一般的に施工されています。

近年では、廃材処理費用や屋根リフォーム工事中の天気(雨や雪)の問題もあり、「葺き替え」よりも、既存の屋根の上から被せる「カバー工法」の方が多く採用されている事多いかもしれません。
ですが、カバー工法の場合、色々と気をつけなければならない点もあります。
例えば、経年劣化により屋根の痛みが激しい場合や、既存の下地(板金の下の木材など)が腐っているケースもありますので、事前に専門的なチェックが必然です!

逆に既存の状態がある程度しっかりしていれば、カバー工法には様々なメリットもあります。
①古鉄板を解体する必要がないため、廃材処理費用を控えることができ、その分をカバー工法の下地となる断熱材に当てることが出来る。新しく葺く屋根材の直下に断熱材を入れることにより、結露防止や氷柱防止にも役立ち、屋根が長持ちします。
断熱材の厚みも自在に変更できるので、より高い外断熱効果も狙えます。
②屋根が二重になるので強度が増します。近年では札幌市近郊でも質量の重たい湿ったベタ雪が降ることも多くなりましたので、屋根の強度が増すのはメリットと言えるでしょう。(特に無落雪屋根やフラット屋根)
因みにカバー工法による新しい屋根自体の重さは、㎡あたり数キロ程度で屋根全体に分散されますので全く問題ありません。
③既存の屋根を生かしながら工事を進めますので、工事中の雨養生費用など最小限に控えられます。
などと言った感じです。

カバー工法を頭ごなしに否定される業者さんも中には居るようですが、ポイントをキッチリ押さえて、専門的な知識のある業者が施工すれば、とても良い工法だと弊社では考えております!

弊社でオススメしている無落雪屋根やフラット屋根向けの完全防水工法「エムエコルーフシステム」も基本的には「カバー工法」となります。

それでは、今回の工事の内容をご覧ください!

施工前の状態です
無落雪屋根全体画像

スノーダクト付近の塗装の剥離やサビなど経年劣化が目立つ状態です
スノーダクト画像

コーキング補修作業の跡も見られますが、こちらも経年劣化で痛んでいます
コーキング劣化画像

完全防水工法「エムエコルーフシステム」で工事開始です。
外周端部など、既存屋根の痛みの激しい箇所は解体して下地調整します。
無落雪屋根下地の調整

下地の調整後に断熱材及び緩衝材の敷き込み作業を進めます。
等間隔に設置した円盤は、サンタックIB製のシート防水を固定するためのディスク板です。
この塩ビが被覆されたディスク板とシート防水を溶着にて溶かして固定する工法です。
無落雪屋根の防水工法下地

サンタックIB製シート防水の敷き込み状況です。
シート防水敷き込み

スノーダクトの施工中です。
今後は板金屋根ような「オーバーフロー事故」がありませんので、スノーダクトを浅く加工して落ち葉などのゴミを風で飛びやすくしています。また排水ドレンへの傾斜も今まで以上に勾配つけて雨水がきちんと流れるように施工しています。
エムエコルーフのスノーダクト納め

屋根外周の立上り・笠木までサンタックIBシート防水を施工して工事が完了です。
エムエコルーフシステム画像

スノーダクト内の排水ドレンにはアルミ製のストレーナー(ゴミ除け)を設置しています。
アルミ製ストレーナー

各所の詳細です。
出隅や入隅などはサンタックIBシート防水の専用部材で熱溶着していますので、コーキングなどに頼ることなく完璧な防水が可能です!
昇降用ハシゴの周り以外はコーキングを一切使用していませんので、屋根の定期的なメンテナンスは全く必要ありません。
また、金属屋根とは違いサビませんので今後の塗装工事も必要ありません!
エムエコルーフ外周
エムエコルーフ角パッチ

スノーダクトが浅く加工されているのがわかります。
木造住宅では排水管に、サンタックIB製のシート防水と同質の塩ビ(菅)が使用されていますので、排水ドレンも全て溶着により完全一体化されています!コーキングが切れて雨漏りなんてこともありません。
エムエコルーフ施工後のスノーダクト

外周の淀は意匠性を意識して、新しいガルバリウム鋼板を加工して取り付けています。
外周板金淀交換

唯一、今回の屋根リフォームでコーキングを使用した部分(昇降用ハシゴの固定)です。
昇降用タラップ固定

最後に同じ角度からのビフォーアフターです!
〈施工前〉
屋根施工前1
〈施工後〉
屋根施工後1

〈施工前〉
屋根施工前2
〈施工後〉
屋根施工後2

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区H様邸 屋根の落雪問題を解決!

札幌市白石区で三角屋根のリフォーム工事です。

今回はお隣さんへの落雪問題の見直しと、スノーストッパールーフの不具合を解決致しました!

傾斜のある三角屋根でしたが、落雪を防ぐため新築時から「スノーストッパールーフ」が施工してありました。
雨漏りや、「すが漏れ」は無かったようですが、雪の重みで「スノーストッパールーフ」のハゼ(板金同士の継手で高さがあり雪を止める部分)が各所で倒れてしまいお困りの状態でした。
(※今回、ハゼの倒れた部分の修繕費用は火災保険の適応となりましたので申請してお客様のご負担を減らしました。)
また、北面側の屋根の氷柱問題や、ストッパールーフとはいえ風向きなどの影響で積雪した屋根の雪がせり出す事もあり、
お隣さんへの落雪対策を検討されていました。

弊社の無料診断にて、数パターンのプラン・お見積もりを提出させていただきご検討頂きました。

最終的には南屋根面は従来と同じくストッパールーフの施工見直し、北屋根面は傾斜屋根の落雪対策では間違いない融雪工法(簡易ダクト工法)を採用して頂きました。

工事開始です!
先ずは既存板金屋根(スノーストッパールーフ)の解体作業です。
ストッパールーフ解体

続いて外断熱の施工です。
より高い断熱効果を狙うため高気密の3種b(20ミリ)の製品を2層貼りしてしています。
屋根断熱施工

ゴムアスルーフィングの施工。
屋根ゴムアスルーフィング施工

屋根外周の破風や淀の板金も全て解体して新しく交換します。
屋根破風解体

スノーストッパールーフ施工中。
ハゼの上部のシルバーの鉄板(厚物)が補強材です!
近年では雪質も変わり札幌市内でも重いベタ雪が降るようになりました。
ストッパールーフ施工時には補強材を入れておいた方が間違いありません!
ストッパールーフ補強材

北面の融雪工法(簡易ダクト)の下地工事です。
かなりの積雪荷重がかかる部分ですので、屋根の上に乗せるだけの簡易的な下地ではなく、建物の構造体(母屋など)にしっかりと固定しながら簡易ダクト下地を作成していきます。
簡易ダクト木下地

簡易ダクトの下地が完成です。
屋根融雪下地

屋根面と同じく高気密の外断熱の上からルーフヒーターを施工します。
ルーフヒーターの直下に断熱材が施工してありますので、より効率よくヒーターが機能します!
屋根融雪簡易ダクトヒーター

簡易ダクト式屋根工事では、一般的な無落雪屋根(スノーダクト)と同じく排水ドレンが必要になります。
今回の工事では、簡易ダクト部分(屋根の雪を溜めて電気式ヒーターで雪を溶かす部分)に完全防水工法のサンタックIB製の塩ビシート防水を採用しています。
木造戸建ての場合、排水管には塩ビ管が一般的に使用されます。
これにより塩ビ管とシート防水の溶着接合が出来ますので、コーキングなどに頼る事なく、より信頼性の高い施工が可能となります!
屋根融雪工法排水ドレン

簡易ダクト部分にサンタックIB製シート防水、「エムエコルーフシステム」施工中。
エムエコルーフ簡易ダクト

新設した簡易ダクトの外部の外壁には意匠性の良いガルバリウム鋼板を施工しています。
屋根融雪工法板金

簡易ダクトの上部の屋根は雪や雨が溜まる事はありませんので、意匠性を重視して縦張りのガルバリウム製長尺板金を施工しました。
屋根ハイブリット工法

交換後の破風・淀板金です。
201611kgouhrti24.jpg

造作した簡易ダクトには換気口を設け、通気を確保します。
屋根換気口施工

工事が完了した北面側の屋根です。
板金とシート防水の技術が融合した、弊社得意のハイブリット工法です。
屋根融雪工法全体

シート防水の「エムエコルーフシステム」はコーキングに頼る事なく完全防水が施工できますので、無落雪屋根には最適な工法です。
屋根融雪工法詳細
201611kgouhrti17.jpg
201611kgouhrti18.jpg
201611kgouhrti19.jpg

新設した排水管には消費電力を極力控えるために、サーモ付きの排水路ヒーターを設置しています。
簡易ダクト排水路ヒーター

排水管は地面下の配管に接続しています。
簡易ダクト配管

露出した配管には保温材を巻き、排水路ヒーターと同様に凍結対策を施しています。
簡易ダクト設備配管

排水口の清掃や点検のための昇降用タラップも新設しました。
屋根昇降用タラップ

降雪時の写真ですが、電気式ヒーターの熱で雪が溶けているのが確認できます。
屋根融雪工法降雪状況
南面のスノーストッパールーフの施工後です。
屋根ストッパールーフ
スノーストッパールーフ施工後
弊社のスノーストッパールーフの工法は、外部に露出するコーキングには頼らない工法で施工しています。
スノーストッパールーフ施工後
201611kgouhrti23.jpg

同じ角度からのビフォーアフターです!
〈施工前〉
201611kgouhrti41.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti42.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti43.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti44.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti45.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti46.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti47.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti48.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti49.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti50.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti51.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti52.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市中央区J様邸 すが漏れ対策工事

札幌市中央区で「すが漏れ」対策工事です。

施工前の状態です。
「HO式」と言われる金属屋根防水工法ですが、
ご覧の通り通常の無落雪屋根とは違い「スノーダクト」がありません。
無落雪屋根でスノーダクトが無い

上記の写真は水掻き後の写真ですが、普段は長尺板金の継手「はぜ」の高さがあるため
排水口まで上手く流れずに常時雨水が溜まった状態となります。
このため、板金の腐食(サビ)も早く不具合も多いため、現在では北海道では使用されていない工法です。

何回かの補修の跡も見られますが、塗り物系(ウレタン防水・コーキングなど)の補修ですと、板金の熱伸縮や建物の動きには耐えれれず、数年のうちに剥がれてしまい長期間の効果は見込めません。
剥離した補修材(薄いウレタン防水層)が風で散乱している状態でした。。
無落雪屋根の水たまり
jmyiiyuannoon03.jpg

今回の工事では、既存の板金の腐食が酷く、全て解体する事にしました。
板金屋根の解体

既存板金の解体後には、断熱材を屋根全面に敷き込みます。
外断熱塩ビシート防水工法「エムエコルーフシステム」です。
無落雪屋根の外断熱

続いて絶縁シートを全面に敷き込み、ディスク板を留め付けします。
メーカー規定値内の一定間隔に留め付けされたディスク板に、サンタックIBシートを部分的に固定(溶着)する工法です。
サンタックIBシートを部分的に固定することにより、建物の動きなどの追従を受けにくく、高耐久で高品質の防水層が形成できます。
また北海道の気候の性質上、板金・防水問わず屋根面の直下は結露の発生を防げませんが、「エムエコルーフシステム」で使用しているサンタックIBシートは「水蒸気透過性」の性質を持っていますので、結露水を徐々に外部に抜くことが可能です。
これにより屋根下地も良い状態を保つことが出来る、最新鋭の工法です。
jmyiiyuannoon06.jpg

排水ドレン部分は、塩ビシートと同質の塩ビパイプを溶接したカバー式ドレンを設置しています。
コーキングなどには一切頼らない工法ですので、定期的なメンテナンスの必要もなく、排水口周りの雨漏り処理も完璧です。
jmyiiyuannoon07.jpg

サンタックIB製 シート防水の敷き込み状況です。
jmyiiyuannoon08.jpg

防水シートの継手部分も溶接により溶かして固定しますので、剥離することはありません。
無落雪屋根のシート防水

外周の淀は、新しくガルバリウム鋼板を加工して交換しています。
jmyiiyuannoon10.jpg

一体化した排水ドレン周りです。
jmyiiyuannoon11.jpg

立上がりや笠木も含めた屋根全面をサンタックIB防水シートで包み工事が完了です。
すが漏れのないエムエコルーフシステム

ビフォーアフター写真です。
〈施工前〉
jmyiiyuannoon13.jpg
〈施工後〉
jmyiiyuannoon14.jpg

〈施工前〉
jmyiiyuannoon15.jpg
〈施工後〉
jmyiiyuannoon16.jpg

〈施工前〉
jmyiiyuannoon17.jpg
〈施工後〉
jmyiiyuannoon18.jpg

〈施工前〉
jmyiiyuannoon19.jpg
〈施工後〉
jmyiiyuannoon20.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 19時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区K様邸 無落雪屋根(スノーダクト)すが漏れ&雪庇対策工事

札幌市白石区ですが漏れ&雪庇対策工事を同時に施工しました。

無落雪屋根(スノーダクト)形状の屋根です。
スノーダクトが建物の長手方向に設置してあり、雨水が排水口(ドレン)に上手く流れていない状態でした。
過去に「すが漏れ」も発生したようです。
スノーダクトの板金は通常、塩ビ製の被覆した専用の部材が使われているケースが多いですが、板金の熱伸縮や紫外線などによる経年劣化で表面の塩ビの層が剥がれてしまいます。
芯材の鉄板がむき出しになり、錆びて穴が開くケースもありますので、特に注意が必要です。

スノーダクト内に雨水が常時溜まった状態でした。
すが漏れ施工前

下屋根はスノーダクトや各所のコーキングの経年劣化が目立ちました。
すが漏れスノーダクト

また、集合煙突のヒビ割れや、雪庇でもお困りの状態でしたので、屋根を総合的に見直す方向でご提案させて頂きました。
集合煙突ひび割れ

本屋と下屋根のリフォーム方法ですが、弊社ではお馴染みの工事の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。
写真は断熱下地の作成中です。
屋根シート防水下地

高品質・高耐久性でノーメンテナンス(定期的な塗装やコーキングの打ち直しの必要なし!)のサンタックIB製シート防水です。
屋根シート防水敷き込み

外周部の淀は、カラーのガルバリウム鋼板(板金)で包みます。
kmkawaminisir06.jpg

雪庇対策部分は、屋根面から数センチ上げて木材を取り付け、笠木を作成します。
kmkawaminisir07.jpg

屋根全面にサンタックIBシートを敷き込み、弊社オリジナルの「雪庇防止ユニット」を取り付けます。
集合煙突も板金で包み補強&雨漏り対策しました。
シート防水に雪庇対策

スノーダクトはこれまでより、排水口への傾斜を強くして雨水がキレイに流れるように施工しています。
今後は板金の屋根とは違い「エムエコルーフシステム」にはオーバーフローがありませんので、スノーダクトを浅く設置しています。
さらに、スノーダクトを浅く設置することにより、落ち葉なども風で飛びやすく、ゴミが溜まりにくくなる効果もあります。
無落雪屋根にシート防水と雪庇対策

出隅や入隅なども含め、コーキングに頼る施工は一切ありませんので、メンテナンスフリーです!
kmkawaminisir10.jpg

プール状態になっても雨漏りしない屋根が完成です。
kmkawaminisir11.jpg

下屋根の外壁サイディングとの取り合いもバッチリです。
kmkawaminisir12.jpg

同じ角度でのビフォーアフターをご覧ください。
〈下屋 施工前〉
kmkawaminisir13.jpg
〈下屋 施工後〉
kmkawaminisir14.jpg

〈下屋 施工前〉
kmkawaminisir15.jpg
〈下屋 施工後〉
kmkawaminisir16.jpg

〈下屋 施工前〉
kmkawaminisir17.jpg
〈下屋 施工後〉
1階屋根のすが漏れ対策工事

〈本屋 施工前〉
無落雪屋根の工事前
〈本屋 施工後〉
スノーダクトのすがもり対策工事

〈本屋 施工前〉
無落雪屋根の施工前
〈本屋 施工後〉
無落雪屋根のすがもり対策

〈本屋 施工前〉
スノーダクト屋根の施工前
〈本屋 施工後〉
完全防水のエムエコルーフ

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区 M様邸 すが漏れ対策工事

近年は真冬でも、プラス気温になる事も多々あります。

そんな中、「すが漏れ」が突然発生して、春の雪解けまで待てない状況でお困りの
お客様から度々ご連絡をいただきます。

弊社では屋根専門業者の技術力を生かし、どんな状況でも「すが漏れ・雨漏り」を止めます。

調査を進めていくと、無落雪屋根(スノーダクト)のすが漏れの症状でした。

お客様が事前に弊社の完全防水工法「エムエコルーフシステム」を検討していただいていた事もあり、早速工事に取り掛かりました。

まずは屋根の除雪からスタートです。
今年は雪の少ない札幌市内でしたが、2月の真冬の工事ですので、屋根の積雪が深いところで約1mほどありました。
kiyonoyomguzigu01.jpg

敷地などの関係上、屋根から直下に雪が下ろせない場合も、クレーン付きのトラックと屋根を痛めない特製の吊り具で、安全で迅速に屋根の雪下ろしが可能です。
kiyonoyomguzigu01-1.jpg
kiyonoyomguzigu0-11.jpg

すがもりの原因は三角屋根の下の部分にある長尺板金の角部分の複雑な加工がされた箇所でした。
kiyonoyomguzigu02.jpg

スノーダクト内部も厚い氷が張っており、雪解けが進む時期にはオーバーフローの危険性もありました。
kiyonoyomguzigu03.jpg

まずは、屋根のシート防水を確実な施工するため、取り合いの外壁を解体していきます。
kiyonoyomguzigu04.jpg

外壁の中に屋根(シート防水)を立ち上げなければなりませんので、外壁の木下地なども解体していきます。
kiyonoyomguzigu05.jpg

痛みの酷い、外周の板金もカットして下地調整を行います。
kiyonoyomguzigu06.jpg

断熱材・絶縁シートを既存の屋根の上から敷き込み、「エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
kiyonoyomguzigu07.jpg

その上に高品質で高耐久のサンタックIBシート防水を施工します。
kiyonoyomguzigu08.jpg

三角屋根部分は意匠性を意識して板金の葺き変えとしました。
下地の防水紙は高品質のゴムアスを使用しています。
kiyonoyomguzigu09.jpg

横葺き板金を新しくして、天窓周りもこれまで以上にしっかりと雨仕舞いして納めていきます。
kiyonoyomguzigu10.jpg

外壁や笠木周りの取り合いも完璧に納まりました。
kiyonoyomguzigu11.jpg

雪や雨が溜まる場所は完全防水のシート防水で施工、雨漏りの危険性が少ない三角屋根部分は意匠性を意識して従来の板金屋根を施工しています。
いいとこ取りのハイブリッド屋根です。
kiyonoyomguzigu12.jpg
kiyonoyomguzigu13.jpg
kiyonoyomguzigu14.jpg

〈施工前〉
kiyonoyomguzigu15.jpg
〈施工後〉
kiyonoyomguzigu16.jpg

〈施工前〉
kiyonoyomguzigu17.jpg
〈施工後〉
kiyonoyomguzigu18.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 17時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市手稲区M様邸 すがもり対策(修理)工事 完全防水工法!

札幌市手稲区ですがもり修理工事です。

無落雪形状の板金屋根でしたが、集水レーン(スノーダクト)が建築当初から設けられていない構造でした。
一般的な長尺の板金屋根にはハゼと呼ばれる、板金同士の継手部分がありますが、
この高さのあるハゼ(継手)を超えないと、雨水が排水口に流れない仕組みでした。。

以下の写真でもお分かりの通り、常時雨水が屋根上に溜まった状態となり、
雪解け時期には、凍りついた雪が一気に溶け出して「すがもり」を発生させていました。
現在、北海道の木造住宅では、一般的に使用されているはガルバリウム鋼板ですが、
常時浸水の状態や結露の多発などで、錆が発生して腐食します。

ご主人も屋根の修理方法を、様々な工法でご検討されたようですが、
、最終的に弊社の完全防水工法「エムエコルーフシステム」を選択していただきました。

水掻きから工事スタートです。
2015tomunmikumnu01.jpg

既存の板金の腐食が進んでいましたので、板金は全て撤去しました。
2015tomunmikumnu02.jpg

板金の撤去後にスタイロフォームを屋根全面に貼り外断熱します。
2015tomunmikumnu03.jpg

エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
2015tomunmikumnu04.jpg

当初、傾斜部分の屋根は今後の雨漏りの危険性も低く、意匠性などから板金屋根での施工をお勧め致しましたが、
サンタックIBシート防水の大きなメリットでもある「塗装の必要がないノーメンテナンス」、「高耐久性」に惹かれ、「見た目」よりも「性能」を選択されました。
2015tomunmikumnu05.jpg

屋根全面にサンタックIBシート防水を施工して工事が完了です。
外周部には雨水が流れないように土手加工した特注品の鋼板を取り付けしています。
将来的に落雪の問題が起きても、塩ビ製の溶接固定による雪止めも設置可能です!
2015tomunmikumnu06.jpg

〈天窓廻り 施工前〉
2015tomunmikumnu07.jpg
〈天窓廻り 施工後〉
2015tomunmikumnu08.jpg
天窓の開閉機能は必要ないとの事でしたので、窓枠ギリギリまで防水を施工しています。

〈施工前〉
2015tomunmikumnu09.jpg
〈施工後〉
2015tomunmikumnu10.jpg

〈施工前〉
2015tomunmikumnu11.jpg
〈施工後〉
2015tomunmikumnu12.jpg

〈施工前〉
2015tomunmikumnu13.jpg
〈施工後〉
2015tomunmikumnu14.jpg

〈施工前〉
2015tomunmikumnu15.jpg
〈施工後〉
2015tomunmikumnu16.jpg

水が溜まっても腐食しない完全防水の屋根が完成です!

耐用年数20年以上で、塗装工事・コーキング工事の必要ない
ノーメンテナンスの屋根です!

「エムエコルーフシステム」
詳しくはマツモトルーフweb内の専用ページ

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区T様邸 無落雪屋根のすがもり対策工事(スノーダクト)

札幌市清田区で無落雪屋根(スノーダクト)のすがもり対策工事です。

お見積前の現地調査にお伺いしたところ、各所で不具合が見つかりました。

道央圏で多く見られる通常のスノーダクト形状の板金屋根です。
無落雪屋根サビ

経年劣化によるコーキングの劣化が各所で目立ちました。
u無落雪屋根の劣化

板金の立ち上がり部分のコーキングの破断した状態です。
板金屋根の場合、定期的に塗装工事やコーキングの見直し工事を行わなければなりません。
特に無落雪屋根(スノーダクト)形状の屋根の場合、冬場は常時積雪状態となりますので、三角屋根などに比べて、板金の痛みも早くメンテナンスサイクルは早めが望ましいです。
スノーダクトのコーキング劣化

板金の熱膨張によるものと紫外線劣化が主な原因です。
北海道は気温差が激しいので、屋根表面は特に過酷な状況になります。
スノーダクトのコーキング劣化2

20年以上経過した屋根で、すがもり発生の経緯もありましたので、
屋根全体の見直し(葺き替え)を検討していただきました。

最終的に弊社の代名詞とも言える、塗装などのメンテナンスが必要ない無落雪屋根に最適な工法「エムエコルーフシステム」を選択していただきました。
従来の板金屋根(ガルバリウム鋼板)ではなく、塩ビ製(サンタックIBシート)のシート防水を屋根材として使用した工法です。

下地の作成状況です。
無落雪屋根すがもり対策工事1

サンタックIBシート防水、敷き込み中。
詳しくはこちらから
サンタックIBシート防水

下屋根も同様に工事しました。
サンタックIBシート防水2

〈施工前〉
無落雪屋根すが漏れ対策工事前
〈施工後〉
無落雪屋根すが漏れ対策工事施工後

〈施工前〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工前2
〈施工後〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工後2

〈施工前〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工前3
〈施工後〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工後3

〈施工前〉
utgututiiiyno14.jpg
〈施工後〉
utgututiiiyno15.jpg

〈下屋根 施工前〉
utgututiiiyno16.jpg
〈下屋根 施工後〉
utgututiiiyno17.jpg

〈立上り部分 施工前〉
utgututiiiyno18.jpg
〈立上り部分 施工後〉
utgututiiiyno19.jpg
全て溶接により処理していますので、見ての通りコーキングに頼るところは一切ございません。(外壁との取り合い部は除く)

〈施工後 詳細〉
エムエコルーフシステム施工後1

〈施工後 排水ドレン詳細〉
utgututiiiyno21.jpg
排水ドレンも塩ビ製を使用していますので、こちらも溶接のよる接合となります。
(コーキングは一切使用しておりません!)

耐用年数20年以上で、塗装工事・コーキング工事の必要ない
ノーメンテナンスの屋根が完成です!


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石狩市で屋根すがもり修理工事&雪庇対策工事

石狩市ですがもり修理工事と雪庇対策工事を同時に施工しました。

先ず最初に雪庇対策工事から進めます。

今回の案件は写真でもおわかりの通り、パラペット(屋根の外周部分)が斜めに傾斜がついた形状となっています。
お隣との境界が極端に近いこともあり、この斜め部分に積もった雪がお隣の敷地に落ちてしまう状況でした。

通常の雪庇対策としましては、屋根の平面の端部に取り付けする弊社オリジナルの「雪庇対策ユニット」で問題解決が出来る場合が多いですが、この斜め部分のパラペットからの落雪問題も合わせて解決する方向でお客様から要望がありましたので検討させていただきました。
20158tobftmin1.jpg

検討の結果、斜めのパラペットを垂直形状に変更して、
その上端部に弊社の「雪庇防止ユニット」を取り付けする工法としました。

既存の横葺板金を剥がして、下地のボードも撤去します。
20158tobftmin2.jpg

木造作で垂直形状に変更します。
20158tobftmin3.jpg

新たに横葺板金を葺き直しパラペットの形状変更が完了です!
20158tobftmin4.jpg

上端部に「雪庇ユニット」を取り付けして雪庇対策工事が完了です!
(※すがもり対策工事後に雪庇ユニットの取り付けを行っています)
20158tobftmin5.jpg

施工後
20158tobftmin6.jpg


工事の順番が前後してしまいますが、
パラペットの形状変更が完了したところで、すがもり対策工事を進めます。

大好評の外断熱完全防水リフォーム工法の「エムエコルーフシステム」です!
20158tobftmin7.jpg

〈施工中〉
20158tobftmin8.jpg

今回の工事しましたパラペット造作部です。
「雪庇防止ユニット」取り付け部分には、
完全防水仕様の下地を作成してから板金笠木を包んでいます。
20158tobftmin9.jpg

「雪庇防止ユニット」取り付け完了。
20158tobftmin10.jpg

〈本屋 施工後〉
20158tobftmin11.jpg

〈本屋 施工後〉
20158tobftmin12.jpg

〈本屋 スノーダクト施工後〉
20158tobftmin13.jpg

下屋根の2箇所は片流れ形状の屋根でしたが、本屋と同じく完全防水工法の
「エムエコルーフシステム」を施工しました。

外壁のサイディングの取り合い部分も雨押さえ処理により完璧です!
1次処理として、外壁の中に防水を立ち上げコーキング処理します。
さらにその上から板金加工したオリジナルの水切りを取り付けした2重構造です!
20158tobftmin14.jpg

〈下屋根① 施工後〉
完全防水工法ですが、弊社オリジナルの雪止めも設置しています。
20158tobftmin15.jpg

〈下屋根② 施工後〉
20158tobftmin16.jpg

〈下屋根 既存板金取り合い部分〉
20158tobftmin17.jpg

〈外観 施工前〉
スノーダクトの排水ドレン部へ向けての傾斜が緩く、雨水が溜まった状態でした。
20158tobftmin18.jpg

〈外観 施工後〉
スノーダクトの傾斜も見直しています。
板金屋根とは違い「オーバーフロー」の心配もありませんので、スノーダクトは浅く設置しています。
ゴミを溜まりづらくする目的もあり定期的なメンテナンス(ゴミ掃除)がラクになります!
20158tobftmin19.jpg

〈本屋 施工前〉
20158tobftmin20.jpg
〈本屋 施工後〉
20158tobftmin21.jpg

〈本屋 施工前〉
20158tobftmin22.jpg
〈本屋 施工後〉
20158tobftmin23.jpg

〈下屋 施工前〉
20158tobftmin24.jpg
〈下屋 施工後〉
20158tobftmin25.jpg

〈下屋 施工前〉
20158tobftmin26.jpg
〈下屋 施工後〉
20158tobftmin27.jpg

〈下屋 施工前〉20158tobftmin28JPG.jpg
〈下屋 施工後〉
20158tobftmin29.jpg

〈全体 施工前〉
20158tobftmin30.jpg
〈全体 施工後〉
20158tobftmin31.jpg


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 22時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市中央区Y様邸 すがもり修理工事

札幌市中央区で「すがもり」と「スノーダクトのゴミ問題」を解決しました。

ご連絡をいただき調査にお伺いしました。
長年「すがもり」「雨漏り」でお困りの状態でした。
sakyamguminn1.jpg

室内からの調査の後、屋根に上り不具合箇所を検証します。
sakyamguminn2.jpg

集合煙突廻りの板金の継ぎ手部分に過去何回かの補修後がありました。
こちらの建物は長屋になっており、2棟の集合煙突が屋根の中心にありました。
経年劣化も伴い、複雑な形状で納めた板金の継ぎ手からの漏水が原因であることがわかりました。
sakyamguminn3.jpg

また、建物の廻りには樹木が多く、落ち葉などのゴミがスノーダクト付近に溜まりやすく、排水の状態にも問題がありました。
スノコにネットを張り対策はされていたようですが、雨水の水圧に押され排水口廻りはゴミでいっぱいになっていました。
sakyamguminn4.jpg

以上の解決策を検討してご提案させていただきました。

屋根リフォーム開始です。
先ずは長屋の建物になりますので、お隣との境界(笠木)を設置して対応します。
(集合煙突廻りの問題解決のため、実際にはお隣の境界を超えています)
sakyamguminn5.jpg

下地の調整後、外断熱完全防水工法「エムエコルーフシステム」の下地を作成します。
sakyamguminn6.jpg

スノーダクトの「ゴミ問題」解決のため排水口のみ残し、スノーダクトを埋めてしまう工法を採用しました。
「エムエコルーフシステム」は繋ぎ目部分をすべて溶接する完全防水工法ですので、仮にスノーダクトを塞いでしまってプール状態になっても全く問題ありません。
屋根の傾斜を利用して排水口に雨水が流れる様に木下地を作成します。
スノーダクト(溝)を埋めることによりゴミを溜まりづらくし、落ち葉などは風である程度は飛ばされる事を想定しています。
排水口廻りの定期的なメンテナンスは必要ですが、現状よりは良い状態が保てるかと考えています。
sakyamguminn7.jpg

サンタックIB防水シートを敷き込みします。
sakyamguminn8.jpg

排水口廻りはサンタックIBシートと同質(塩ビ樹脂)の製品を使用していますので、溶接による接合が可能になります。既存のスノーダクト内にある排水口に差し込む形で納めるカバー工法です。
sakyamguminn9.jpg

笠木を含む屋根全体をサンタックIBシート防水で覆い、集合煙突を板金で包み(補強・止水のため)全ての工事が完了です。

〈施工前〉
sakyamguminn10.jpg
〈施工後〉
sakyamguminn11.jpg

〈施工前〉
sakyamguminn12.jpg
〈施工後〉
sakyamguminn13.jpg

〈施工前〉
sakyamguminn14.jpg
〈施工後〉
sakyamguminn15.jpg

〈施工前〉
sakyamguminn16.jpg
〈施工後〉
sakyamguminn17.jpg

〈施工前〉
sakyamguminn18.jpg
〈施工後〉
sakyamguminn19.jpg

〈施工後 詳細〉
sakyamguminn20.jpg

sakyamguminn21.jpg

sakyamguminn22.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT