| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区テナントビルで真冬の雪庇対策工事

札幌市西区でテナントビルの雪庇対策工事です。

今シーズンの積雪後に雪庇対策のご相談をお受けいたしましたが、
弊社の雪庇対策工事は冬季間でも問題なく工事が可能です。

その理由ですが、弊社の雪庇対策工事はユニット式を採用しており、ほとんどの作業を
自社工場で製作・加工を行い現場での作業を極力少なくしています。

実際に雪庇の状態を確認してから設置できるメリットもありますし、
天候が変わりやすい、冬季間の工事も問題ありません。

その他、ユニットを工場製作で行う事によって安定した製品の製作が可能となります。

今回の工事ですと、屋根のユニット設置部分の除雪から荷揚げ、ユニットの設置まで約3時間ほどで全ての作業を完了しています。

施工前の状態です。
雪庇がせり出しています。
TNAGESSYUNZUNZ01.jpg

先ず最初に「雪庇防止ユニット」取り付け前の下地作業です。
古い笠木(板金)を撤去して、粘着性の高品質防水紙を貼り、新しい板金笠木に交換します。
TNAGESSYUNZUNZ02.jpg

今回は1面だけではなく、少し折り返したL型に設置しますので、一部笠木形状となっていない部分は、既存の板金屋根を捲り木下地を入れて笠木を新設します。
無落雪屋根の雪庇

笠木の交換・設置後に工場製作した「雪庇防止ユニット」を取り付けして工事完了です。
笠木の板金交換

笠木の木下地作成

設置完了後は細かい工事中のキズや、汚れをキレイに落として引き渡しです!
雪庇防止ユニット

〈施工前〉
雪庇防止ユニット施工前
〈施工後〉
雪庇防止ユニット施工後

雪庇対策にはマツモトルーフの「雪庇防止ユニット」をご検討ください。

過去の施工実績も多数ございます。

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| 雪庇対策工事 | 21時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市北区 M様邸 雪庇対策工事

製品のクオリティと直販価格で大好評いただいております、
マツモトルーフオリジナル雪庇対策工事の紹介です。
新築で建てられて数年のお宅でしたが、大きく育った雪庇がお隣の土地に落ちてしまいお困りの状況でした。
各社の雪庇対策工事をご検討されたようですが、雨漏りの問題や屋根への影響なども考慮された結果、屋根専門業者である弊社の「雪庇防止ユニット」を選択いただきました。

設置前の状態です。
無落雪形状(スノーダクト)の屋根ですが、
取り付け箇所は笠木形状(平面)になっていますので、そのまま設置が可能です。
雪庇対策工事前1

雪庇防止ユニット取り付け後の笠木の板金工事(リフォーム工事)は難しくなります。
そこで、弊社の場合は笠木の板金の交換と粘着性のある高性能防水紙への交換を標準仕様としていますので、後々の笠木板金交換や雨漏りの問題も考慮した、屋根専門業者ならではの工法となっています!
 
しかも、こちらの笠木板金交換や高品質防水紙の交換代金も「雪庇防止ユニット」1m/23,000円〜に含まれています!
雪庇対策工事前2

ユニット設置状況
雪庇対策工事1

雪庇防止ユニット1

雪庇防止ユニット2

設置完了です。今回はL型に設置しています。
雪庇対策工事完了

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 16時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊 雪庇対策工事

札幌市近郊の江別市で雪庇対策工事です。

大好評につき、最近の工事をアップします。

弊社オリジナルの製品で、製作から取り付けまで完全自社施工により
m/¥22,000〜(諸経費・税別)の直販価格が実現しております!

設置前に先ずは既存の笠木を剥がします。eebttihgwaseppip1.jpg

下地処理として、片面粘着製の高品質防水紙を貼ります。
eebttihgwaseppip2.jpg

新品の笠木(ガルバリウム鋼板)に交換します。
(笠木の交換も標準施工費に含まれます!)
eebttihgwaseppip3.jpg

ユニット本体にも徹底した防水処理を施して設置します。

雪庇対策の効果が出ても、雨漏りしては困ります。
雨漏りを完璧に防ぐには、仕上げで見えない部分にも徹底した防水処理が必要です!

屋根専門業者が開発した「雪庇防止ユニット」です。
eebttihgwaseppip4.jpg

設置完了!
eebttihgwaseppip5.jpg

「雪庇防止ユニット」は全て工場製作していますので、
現場での作業は笠木の交換と設置工事のみの手軽さです!
約半日程度で作業が完了します。

〈施工前〉
eebttihgwaseppip6.jpg
〈施工後〉
eebttihgwaseppip7.jpg


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 19時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市豊平区S様邸 雪庇対策工事

季節を問わず、お問い合わせの多い雪庇対策工事のご紹介です。

弊社オリジナルの「雪庇防止ユニット」は、雪庇の事はもちろんですが、
屋根専門業者が、屋根の事も良く考えて製作した製品です。

具体的に申しますと、
「雨漏り」や「屋根の葺き替え」なども十分に考慮された製品です。

詳しくはお問い合わせください。

通常の板金材(ガルバリウム鋼板)と同質の素材(厚みは異なります)を
使用していますので、数年置きに行う屋根塗装と同等のメンテナンスで
維持管理が可能です。
misugse1.jpg

ヒーターなどの人工的なモノでは無く、自然の力を利用しているのも特徴の一つです。
風が通り抜けて雪が切れやすくなるように、隙間を設けたユニット式にしています。
この隙間がある事によって、外観の威圧感がなくなり「カッコいい!」と言うお客様も
多数いらっしゃいます。
misugse2.jpg

〈施工完了〉
misugse3.jpg

misugse4.jpg

〈施工前〉
misugse5.jpg
〈施工後〉
misugse6.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 17時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区でアパートの雪庇防止ユニット取付工事

札幌市東区でアパートの雪庇対策工事です。

マツモトルーフの雪庇対策工事を紹介します。

雪庇対策工事のお問い合わせは冬期間が圧倒的に多く、
「雪庇の状況を見て取付け位置を判断して欲しい」
とのお客様も多くいらっしゃいます。

そこで冬期間の工事が多く、雪の影響になるべく左右されないよう
現場での作業をスムーズに進めるため、弊社オリジナルの「雪庇防止ユニット」は、
現地で寸法の確認や取付け方法を決めて工場で全て製作してから、運搬し取付けする
方法をとっています。
istyousep1.jpg

屋根の上に荷揚げします。
形状が全て出来上がっているのがわかります。
istyousep2.jpg

作業人数にもよりますが、現場作業は約半日程度で全て完了します。
istyousep3.jpg


〈施工前〉
istyousep6.jpg
〈施工後〉
istyousep7.jpg

istyousep4.jpg
istyousep5.jpg

詳細はこちらから

屋根のお悩み全て解決します。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

※現在工事が大変混み合っております。
申し訳ございませんが、すぐに対応が出来ない場合もありますので、
あらかじめご了承ください。

| 雪庇対策工事 | 19時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市北区H様邸 雪庇対策工事

今回は、最近お問い合わせの多い雪庇対策工事を紹介致します。

雪庇対策前の写真です。
shihashisep1.jpg

新築当時は恐らく粉雪を想定してして、積もった雪が風で飛んで行く予定でした。
ところがここ数年、地球温暖化の影響か札幌の雪質も徐々に変化して、湿ったベタ雪が
積もるようになり、風に押されるとこのような大きな雪庇ができてしまいます。

雪庇による近隣トラブルも多いようで、
弊社にも雪庇対策のご相談が年々増加しております。

弊社の雪庇対策工事は、自然の力(風や日光)を利用して雪庇を軽減する方法で
設計されております。ヒーターの設置や大工工事などで大きな塀を設ける事で、
完璧に近い雪庇対策を行う事も可能ですが、維持費の問題やコストの問題から
手軽に出来る工事ではありません。

マツモトルーフオリジナル「雪庇防止ユニット」は弊社で製作・販売・取付工事を
全て一括して行う事により出来るだけ手軽に、低価格で雪庇を軽減する事を可能とした製品です。

雪庇防止ユニットを取付け取付けするには「笠木」と呼ばれる外周の平らな部分が
必要になりますが、写真のお宅のように屋根が端までハネ出しており、笠木が設置
されていないケースも多々あります。
その場合、雪庇防止ユニット取付け工事の他に笠木の新設工事が必要になります。
shihashisep2.jpg

笠木の新設工事を進めます。
先ずは既存の板金を捲り、立ち上げていきます。
shihashisep3.jpg

続いて木材を取付け笠木を新設していきます。
木材の上に両面粘着性で防水性能の高い高品質な防水紙を貼ります。
shihashisep4.jpg

仕上げのガルバリウムカラー鋼板(板金)を取付けします。
shihashisep5.jpg

笠木の新設工事が完成です。
shihashisep6.jpg

工場で制作した、雪庇防止ユニットを組み立て取付けします。
shihashisep7.jpg

取付け完了です。
shihashisep8.jpg

〈施工前〉
shihashisep1.jpg

〈施工後〉
shihashisep9JPG.jpg

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 18時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区M様邸 雪庇対策工事

札幌市西区で雪庇対策工事です。
弊社オリジナルの「雪庇防止ユニット」取付け工事です。

冬期間の工事の場合、雪庇の状態を確認しながら工事が出来るので
細かい打合せが可能です!

〈施工前〉
DSCF4790.jpg

雪庇防止ユニット取付け作業中
DSCF8732.jpg

工事終了間近で大雪が降ってきました。
DSCF8752.jpg

取付け完了です!
DSCF8754.jpg

設置後しばらくたってから、効果を確認しに来ました。
バッチリ効いてます。
お客様にも喜んで頂けました!
DSCF9120.jpg

屋根専門業者が販売・製作・取付けまで一括して行っていますので、
低価格で高品質な商品が提供可能です。
雨漏り対策や、屋根の葺き替えなども十分考慮された商品です!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 20時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊で雪庇対策工事

札幌市近郊で雪庇防止ユニット取付け工事です。
現在5棟分が予約待ちの状態です。お持たせして申し訳ございません。。

今回の工事は2面になりますが、
1面のみ笠木形状(平らな)に変更する必要がありました。
既存の板金を捲り、木材を入れ笠木形状に変更していきます。
horab1.jpg

「雪庇防止ユニット」取付け前に、防水処理を徹底します。
両面粘着性の防水紙を貼り新品のガルバリウム鋼板に交換します。
horab2.jpg

作業スペースを確保できれば良いので、一部の除雪で工事が可能です!
horab3.jpg

〈施工前〉
horab4.jpg

〈施工後〉
horab5.jpg

屋根のお悩み全て解決します。
屋根専門ダイヤル
011-769-9815

メールでのお問い合わせはこちらから

※現在、全ての工事が予約待ちの状態です。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

| 雪庇対策工事 | 20時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪庇防止ユニット設置

札幌市内で雪庇対策の工事です。
マツモトルーフオリジナル『雪庇防止ユニット』の設置工事を行いました。
雪庇をガードするのは当然で、屋根屋が考案した雪庇ユニットなので、
雨漏りや屋根の葺き替えの事も考慮した設計になっています。

外観はこんな感じです。

施工前
s-snowsto (4)
施工後
s-snowsto (3)

設置まえの状態です。
安全に作業するため、足元の除雪を行います。
s-snowsto (5)

雪庇防止ユニットの下になる部分の板金笠木を撤去して、下地の防水処理を行います。
s-snowsto (6)

加工した捨て鉄板を入れて強度・防水性を高めます。
s-snowsto (7)

両面粘着のブチル系防水下地シートを貼り込みします。
完璧な防水下地処理です!
s-snowsto (8)

仕上げに新品の板金笠木を被せて下処理が完成です!
s-snowsto (9)

雪庇防止ユニットの取付けです。

コーキング処理しながら、鋼材下地(亜鉛メッキ仕上げ)を取付けします。
s-snowsto (10)

骨組みには3.2ミリの鋼材、ユニットカバーには0.8ミリのガルバリウム鋼板を
使用しているので、強度も抜群です!
s-snowsto (11)

取付け完了です!

屋根面から見た画像です。
s-snowsto (12)

正面からのアップ画像です。
ユニットの間に隙間を作っているのは風を通して雪を切るためです。
s-snowsto (13)

正面全体図
施工前
s-snowsto (1)
施工後
s-snowsto (2)


落雪のお悩みや、雪庇対策など屋根の事なら
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

| 雪庇対策工事 | 22時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。