2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ビスの引抜き強度を測定しています

マツモトルーフでは、ビスの引抜き試験器を導入しています。
DSCF9724.jpg


弊社で採用している塩ビシート防水工法は機械的固定と言って、
防水シートを部分的に留める工法です。
DSCF9354.jpg

建物の動きに強く、フクレが無いなどのメリットがたくさんありますが、
留める箇所が少なかったり、ビスの強度が不十分だと風に弱いというデメリットもあります。

シートを留めるディスク板の個数は防水メーカーが、
建物の形状や地域などから『風力計算書』を作成してくれますが、
ビスやアンカーの引抜き強度は建物の状態(下地)によるので、
特にリフォームの場合は現場で施工する我々が測定する事にしています。

各現場毎に測定したデータをパソコンで記録・管理しています。
DSCF9718.jpg


マツモトルーフでは、屋根の弱点を徹底的に克服して完璧な工事を目指しています。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで

| 未分類 | 21時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完全防水で「すが漏り」の心配ナシです!

久々の現場リポートです。
たくさん溜まってしまいましたが、
徐々に載せていきます!

下屋根の増築リフォームで塩ビシート防水工事です。
北面で板金屋根だと「すが漏り」の危険性が高いとの理由から
塩ビシート防水が採用されました。

板金の破風を取付けします。
DSCF6009.jpg

シートを敷き込み状況です。
DSCF6018.jpg

笠木の天端までシートを巻いて完了です!
DSCF6023.jpg
 
いつも通り板金や外壁との取合いも全く問題ありません。
外周部(淀・破風)は板金で納めているので
下から見上げても防水屋根だとは、気づかないようにしています。
DSCF6036.jpg

排水ダクトが設けられているので水捌けもバッチリです!
DSCF6039.jpg

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで

| 屋根シート防水工事 | 21時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |