2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

札幌市近郊でフラット屋根のリフォーム工事

千歳市でフラット形状の屋根を
完全防水の「エムエコルーフシステム」でリフォームしました。
今回は鉄骨の建物で屋根の下地も鉄骨でしたが、どんな下地にも対応できる工法なので
全く問題ありません!

施工前
画像で見ても屋根の傾斜がほとんど無いのが分かります。
b19.jpg

既設の板金の上から断熱材を敷き込みます。
ハゼの間に隙間無くはめていきます。
b1.jpg

その上からアルミ付きの緩衝材を敷き込みます。
アルミ付きの緩衝材を使用する事で
通電によるピンホールテスターが使用可能となり
万が一穴をあけてしまった時などの対応が容易になります。
b2.jpg

既設の板金(折板)の取合いの下地処理をします。
b3.jpg

外周の端部に吹き込み防止のための両面ブチルテープを入れて、
シート防水の押さえ鋼板を取付けします。
b4.jpg

今回の工事は部分的な工事になるため、各所板金屋根との取合い部も多数あります。
この画像の部分は既設の板金と今回施工するIBシート防水を繋ぐ最も重要な所です。
b5.jpg

IBシートを部分的に留めるためのディスク板を取付け、
平場のシートを貼り込みします。
b6.jpg

続いて立上がりのシートを施工します。
b7.jpg

既設板金との取合い部もシートを巻き込み、板金とつなぎ合わせます。
b8.jpg

板金の複雑に入り組んだ箇所も、一旦トタンを捲り中の止水処理をして元に戻します。
b9.jpg

IBシートの継手(溶着作業により一体化しています)の点検作業です。
b10.jpg

今回の物件は水下に出入口が有り、雨垂れで悩まされていました。
特注加工品の水止め部材をナナメに取付けて端に雨水が流れるように細工します。
b11.jpg

軒先に水止め部材取付け完了です。
雪止めにも応用出来る工法です!
b12.jpg

最後にきれいに屋根を清掃してから、
IBシートの継手にIBリキッドを塗布して全ての工事が完了です!
b13.jpg

板金との取合いもバッチリです!
b14.jpg

複雑な板金部にも手を加えて雨仕舞を良くしています。
b15.jpg


施工前
b16.jpg
施工後
b17.jpg

施工前
b19.jpg
施工後
b18.jpg

施工前
b21.jpg
施工後
b22.jpg

施工前
b23.jpg
施工後
b24.jpg
完全防水の屋根となりました!
無落雪屋根・フラット形状の屋根には最適な工法です!
「エムエコルーフシステム」

「エムエコルーフシステム」ビデオカタログもご覧下さい。

マツモトルーフではどんな屋根、雨漏りも完璧に直します!
お見積り無料です!お気軽にご相談ください!
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで


メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市内で屋上防水リフォーム ソーラー架台+屋上庭園

今回の工事は、屋上に太陽光パネルを設置するため
屋上防水の全面リフォームとソーラー架台の設置工事です。
防水完了後に屋上庭園にも利用する予定です!

施工前
鉄骨造のお宅でアスファルト防水が施工してありました。
屋根の下地はALCです。
OO01.jpg

手摺を撤去して工事に入ります。
OO02.jpg

OO03.jpg

ペントハウス廻りの防水を完璧に仕上げるため、
板金を捲り、外壁も一旦撤去して下地の調整を行います。
OO04.jpg

緩衝材を敷き込みします。
OO05.jpg

屋根の下地はALC板になりますので、
エポキシ樹脂を注入して、ビスの強度を高めます。
OO06.jpg

アンカードリルで穴あけします。
OO07.jpg

エポキシ樹脂を注入して
OO08.jpg

アンカープラグを打ち込みます。
OO09.jpg

IBシートを部分的に留めるためのディスク板をビスで取付けします。
OO10.jpg

外周部の下地処理です。
吹き込み防止のため、コーキング処理します。
OO11.jpg

新しい板金の役物を取付けします。
OO12.jpg

平場のシートを張り込みします。
OO13.jpg

続いて立上がりのシートを張ります。
OO14.jpg

ペントハウス廻りも下地処理をして
OO15.jpg

シートを張り、板金も部分的に交換します。
板金工事と防水工事の両方の技術が必要な箇所で、
やり方を間違えると雨漏りする危険性がありますので慎重に作業します。
OO16.jpg

外壁のサイディングを復旧します。
OO17.jpg

続いて、パラペットの笠木部分に手摺を設置する為の、架台を取付けします。
IBシートと同じ塩ビ製で、ディッピング処理してありますので、
シート防水と完全一体化する優れものです!
OO18.jpg

細かい部分は熱溶着にて一体化します。
OO19.jpg

続いて太陽光パネルを設置するためのソーラー基礎を取付け作業です。
ビスの引抜き試験を行い強度を確認します。
oo20.jpg

ソーラー基礎を取付けします。
oo21.jpg

取付け完了です。
oo22.jpg

全ての作業が完了しました!
施工前
OO33.jpg
施工後
OO34.jpg

施工前
OO35.jpg
施工後
OO36.jpg

数日後に伺うと太陽光パネルが設置してありました。
OO101.jpg

OO102.jpg

OO103.jpg

ペントハウスの増築部分の屋根にもシート防水施工です。
DSCF0827.jpg

ソーラー基礎架台を束石代わりに使用しました!
DSCF0705.jpg

屋上庭園楽しみですね!

無落雪屋根やフラット形状の屋根を屋上庭園にリフォーム可能です!
完全防水工法でご提案させて頂きます。

お問い合わせは
011-769-9815まで
お気軽にどうぞ!

| 屋根シート防水工事 | 14時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石狩市で雨漏り修理 屋根リフォーム

札幌市近郊、石狩市で屋根のリフォーム工事です。

施工前
無落雪形状の屋根でスノーダクト付近から雨漏り・すが漏り状態でした。
IMG_4875.jpg

断熱完全防水工法の「エムエコルーフシステム」で施工しました。
痛んでいる箇所の板金を剥がして、断熱材を敷き込みします。
コスト削減と屋根形状をシンプルにするためスノーダクトを構造用合板で塞ぎます。
防水屋根にはスノーダクトは必要ありません。
DSCF1324.jpg

外周部の板金を新しいガルバリウム鋼板に取り替えて
サンタックIBシートを固定する為の鋼板を取付けします。
DSCF1339.jpg

平場のシートを張り込みします。
サンタックIBシートを部分的に留める(溶着する)工法で、
木造住宅や鉄骨造などの動きの多い建物にも追従出来る工法です。
DSCF1344.jpg

アニキが一生懸命、排水ドレン廻りの鋼板を加工しています。
板金一級技能士の技が生かされます!
DSCF1327.jpg

排水ドレン廻りの完成画像です。
きれいに納まりました!
DSCF1487.jpg

続いて立上がり部分のシートを張り込みします。
DSCF1461.jpg

煙突の立上がりや三角の小屋根もシートを張り込みします。
DSCF1464.jpg

煙突は強度確保のため板金を巻きました。
DSCF1482.jpg

最後にシートの継手にIBリキッドを塗布して作業が完了です。
DSCF1490.jpg

施工後
スッキリとした屋根になりました!
IBシートの継手は溶着により完全一体化していますので
屋根がプールになっても雨漏りしません。
DSCF1562.jpg

無落雪屋根やフラット形状の屋根には最適な工法です。
DSCF1566.jpg

同じ角度から
施工前
IMG_4845.jpg
施工後
DSCF1581.jpg

完全防水の屋根となりました!

雨漏り・すが漏りでお困りでしたら
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

| エムエコルーフシステム | 20時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |