2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市北区で外断熱完全防水リフォーム

札幌市北区で原因不明の雨漏りでお悩みのお客様でした。
板金屋根を葺き替えしたけど雨漏りが止まらないとの事でしたが
調査に伺ってみると、屋根の表面全体に分厚い氷が貼っていて
明らかに建物内の熱気が屋根面に伝わっている状態でした。
tadan1.jpg

雪をかいてみると、やはり屋根の表面は雪が溶けてベチャベチャでした。
tadan1-2.jpg

建物内からも検査します。
画像の通り天井裏には、断熱材が隙間無く施工されていましたが、
調査を進めると、この断熱材の上と屋根裏の間にボイラーの配管がある事が
判明しました。
つまり建物内の熱はこの断熱材により遮断されていましたが、
ボイラーの配管の熱が屋根裏に伝わって結露を発生させていたようです。
サーモグラフィで測定すると約40度近くの温度でした。
tadan2.jpg

建物外部からも温度差を測定して、原因は結露と断定しました。
tadan3.jpg

外気温は氷点下ですが、屋根表面の氷の中は水が溜まりプール状態です。
tadan4.jpg

原因が確定したところで対策工事に入ります。
解決策は外断熱防水工法です。
「エムエコルーフシステム」の断熱強化バージョンで
「エムエコルーフシステム断熱プラス」で施工します!
既存の板金の上から断熱材を2層貼りして断熱効果を高めます。
tadan5.jpg

外端部から見ると2層貼りになっているのがよくわかります。
tadan6.jpg

外周部に塩ビシート(サンタックIBシート)を押さえる鋼板を取付けします。
tadan7.jpg

外壁側にも押さえ鋼板を取付け、
平場にもIBシートを部分的に留めるディスク板を固定します。
tadan8.jpg

IBシートを貼込みします。
外壁側は30センチ程立ち上げ吹き込みやオーバーフローを防止します。
tadan9.jpg

通常の外断熱の場合、湿気などがこもらないように
通気層を設ける場合が多いですが、このサンタックIBシートは
「水蒸気透過性」の性質がありますので、通気層が必要ありません!
サンタックIBシート自体が通気層になるのです。
北国(気温差が激しい)での外断熱屋根には最適な工法です!
tadan10.jpg

※この物件に関しては建物内外の温度差が激しいので、念のため
屋根裏面から断熱処理とボイラーの配管の保温工事もお願いしました。

屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

スポンサーサイト

| エムエコルーフシステム | 17時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区O様邸 屋根防水リフォーム工事

札幌市白石区で下屋根のリフォーム工事です。

屋根の上はこんな状態なわけで、
恒例の雪下ろしからスタートです!
okta1.jpg

外周の笠木は板金屋根が貼られていました。
この部分からの雨漏りも考えられますので、
撤去してサンタック製のIBシート防水で施工します。
okta2.jpg

既存の防水はもう限界で、長年の補修の跡が目立ちます。
okta3.jpg

緩衝材を敷き込み、塩ビ製のサンタックIBシートを
固定するための鋼板を取付けします。
okta4.jpg

平場のシートを貼込みします。
木造+モルタル下地で珍しい構造でしたが、
当社の防水工法は機械的固定法と言って、IBシートを部分的に留める乾式工法で、
建物の動きに強く下地の追従を受けにくいのが特徴です。
抜群の耐久性・安定性で、動きの多い鉄骨造の新築工事にも多く採用されている
工法です。
okta5.jpg

外壁との取合いは、コーキング目地を確保して押さえ鋼板を取付けします。
okta6.jpg

続いて立上がりにIBシートを貼込みします。
okta7.jpg

IBシートの接合部分は溶着により完全一体化します。
写真は熱溶着での点検作業中です。
国家試験の1級技能士の資格をもった職人が作業します。
okta8.jpg

片付けと掃き掃除を行い仕上げのコーキング作業に入ります。
okta9.jpg

コーキングの下処理でプライマーを塗布します。
okta10.jpg

変性シリコン性のコーキングで仕上げます。
okta11.jpg

排水ドレンも塩ビ製を使用していますので、IBシート防水同様に一体化しています。
仕上げにアルミ製のゴミ除けキャップを取付します。
okta12.jpg

最後に拭き掃除をして全ての作業が完了です!
okta13.jpg

施工後全体図
okta14.jpg

外周の笠木までIBシートを巻いていますので、
屋根からの雨漏りは完璧に止まります。
okta15.jpg


屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 17時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区K様邸 無落雪屋根の板金葺き替え工事

真冬でも屋根工事頑張ってます!
今年は例年に比べ雪が多く、屋根工事が遅れて参ってます@_@;)

札幌市白石区で無落雪屋根の板金貼り替え工事です。
今回は集合住宅の一部の屋根工事で、
お隣さんとの絡みもあり同質材の長尺板金で施工しました。

もちろん当社のこだわり「すがもり」対策はバッチリやってます!ぜひご覧下さい!

施工前の状態
スノーダクト付近の画像ですが、屋根のトタン(長尺板金)がサビて穴があいています。
kyasih2.jpg

真冬の工事は除雪からスタートです。
kyashi3.jpg

既存の板金を剥がします。
kyashi4.jpg

既存の防水紙も全て剥がし、下地の状態を確認後、
アスファルト・ルーフィング(下葺き防水紙)を貼ります。
kyashi5.jpg

新しい長尺板金「平成ルーフ」を葺いていきます。

長尺板金には継手(ハゼ)がありますが、無落雪屋根などの傾斜の緩い屋根の場合、
このハゼの処理を怠るとすがもりが発生して、北国の屋根として機能しなくなります。

当社ではハゼテープと変性シリコンコーキングのダブル止水処理で対応しています。
ハゼテープはブチル系の性質で、シリコンコーキングとはあまり相性が良くないので、
直接触れないように気を使い施工します。
kyashi6.jpg

当社ではハゼテープを通常の1ミリ厚ではなく、
2ミリ厚を使用してさらに防水性を高めています。
kyashi7.jpg

スノーダクト(既存)部分との処理も、
捨て板と防水ブチルテープを併用して雨水の侵入を防ぎます。
お隣さんの屋根との取合い箇所も上手く処理します。
kyashi8.jpg

最後にひび割れしていた、ブロック製の集合煙突を板金で巻き作業が完了です。
kyashi9.jpg

きれいに仕上がりました!
kyashi10.jpg

〈施工前〉
kyashi1.jpg

〈施工後〉
kyashi11.jpg

〈施工後動画〉


春に向けて「すがもり」が心配な時期です。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから


| 屋根板金工事 | 14時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋根の塗装工事もお任せください!

春の雪解けとともに、屋根の塗装工事をお考えの方もいらっしゃると思います。

塗装工事をお考えでしたら、我が社の信頼おける仲間
「有限会社トーケンペイント」にご相談ください!
DSCF6420.jpg

当社ともよくコラボさせて頂いております。
外周部に取り付けされているのが、当社オリジナルの「雪庇防止ユニット」です。
DSCF6555.jpg

軽く当社の製品をご紹介させて頂いたところで('▽'*)ゞ

シリコン2回塗り仕上げです。
いつもながらきれいに仕上がりました!
DSCF6557.jpg

施行中の動画


トーケンペイントさんは
工事内容はもちろん、調査からご提案・お客様対応まで
必ずご満足頂けると自信をもってオススメ致します!

施工例や工事実績など詳しくはホームページをご覧ください!


屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| その他 | 22時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区で屋根リフォーム すがもり修理

札幌市白石区で無落雪(スノーダクト)屋根のリフォーム工事です。
〈施工前〉 一般的な板金長尺屋根です。
yashi1.jpg

スノーダクトの塩ビ被覆が剥がれ芯材がむき出しになっています。
サビが浮いているのが画像で確認出来ます。
長尺板金(蟻掛)の先端にもサビが数多く見られ経年劣化の状態です。
yashi2.jpg

集合煙突もひび割れが酷く、一部が崩壊しています。
yashi3.jpg

屋根面に煙突の破片が落ちていました。
yashi4.jpg

工事の直前にお伺いしたところ、すがもり状態で早急な対応が必要な状態でした。
yashi5.jpg

建物内からもサーモグラフィで雨漏り(すがもり)位置を特定しています。
yashi6.jpg

真冬の工事なので、除雪からスタートです(>o<)ゞ
yashi7.jpg

雨漏りしている下屋根から工事します。
今回のお客様にも無落雪屋根の完全防水リフォーム工法
「エムエコルーフシステム」を選択して頂きました。
yashi8.jpg

外壁のサイディングを一旦剥がして立上がりの防水処理を完璧にします。
手間が掛かりますが、とても重要な作業の一つです!
yashi9.jpg

外壁を固定する下地にもコーキングによる防水処理を行います。
yashi10.jpg

笠木の端までIBシートを巻いて、屋根全体を一体化させます。
yashi11.jpg

続いて本屋根の工事です。
痛んでいる板金を部分的に撤去してから、断熱材敷き込み下地を作成します。
yashi12.jpg

サンタックIBシートを貼っていきます。
ディスク板で部分的に留める乾式工法なので、建物の動きにも強く、
天候の安定しない真冬の工事でも問題ありません!
yashi13.jpg

崩壊していた集合煙突に板金を巻き補強します。
同時に雨水の浸入も防ぎ、屋根からの雨漏り(すがもり)対策は完璧になりました!
yashi14.jpg

施工後
屋根全体がIBシート防水によりシームレスになり完全一体化しています。
yashi15.jpg

無落雪屋根やフラット屋根には最適なリフォーム工法です!

屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊で板金屋根の修理

札幌近郊で三角屋根の補修工事です。
egnan1.jpg

板金屋根の頂点の役物(棟)が風により捲れて外れそうになっていました。
egnan2.jpg

板金を外して中の状態を確認してみた所、雨水が廻り下地の木材が腐っていました。
egnan3.jpg

下地の木材が全体的に腐っていて板金(棟の役物)を
固定していた釘が外れてしまったようです。
egnen4.jpg

腐った木材を撤去して、新しい木材に交換します。
egnan5.jpg

防水紙を貼り、仕上げの棟板金を取付けする前に捨て鉄板を取付けします。
その上にコーキングを塗り、棟の板金と密着させる事で固定強度をを高めています。
egnan7.jpg

水切り形状に加工した新しい板金(棟)を取付けしていきます。
継手部分はしっかりとコーキングで防水処理します。
egnan6.jpg


棟板金の補修工事が完了です。
egnan8.jpg

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根板金工事 | 19時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。