2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の定期点検にお邪魔しました。

弊社では施工後のアフターサービスで、定期点検にお伺いしています。
小さな会社で現場をこなしながらのサービスですので、決まった時期には
お伺い出来ませんが、札幌市内あちこちと飛び回っていますので
近くに寄った際には突然(笑)お邪魔させて頂いております。

2年前に「エムエコルーフシステム」を施工した物件です。
DSCF0765.jpg

汚れは目立ち始めていますが、もちろん性能的には問題ありません。
DSCF0771.jpg

続いて札幌近郊のフラット屋根の物件です。
DSCF2547.jpg

商業施設で「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。
DSCF2607.jpg

弊社オリジナルの板金雪止め工法のお宅です。
DSCF3944.jpg

弊社は屋根専門工事業者ですが、
雨漏り修理など非常にリスクの高い工事が大半を締めます。
自信を持って最善の方法の提案し、完璧な屋根工事を目指して
職人共々日々努力していますが、万が一クレームが発生した場合は
早急に誠意をもって対応させて頂きます。
『マツモトルーフ』はこれからもご安心して工事を頼んで頂ける会社で有り続けます。

屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| その他 | 18時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完全防水の屋根「エムエコルーフシステム」の補修方法

雨漏り・すがもりが一切無い完全防水の屋根リフォーム工法
「エムエコルーフシステム」の補修方法について紹介します。

雪下ろし等で、万が一キズづけてしまった場合の補修方法です。

施工時にアルミ付きの緩衝材を選択して頂きますと、
ピンホールテスターという通電による穴あき検査が出来ます。
工場や店舗などの大きい面積の建物や、目視で確認しずらい小さい穴の発見には
とても役立ちます。
pinte1.jpg

画像のような小さい穴でも決して見逃しません!
pinte2.jpg

丸パッチで補修します。
溶着材で溶かして一体化させる方法です。
pinte3.jpg

熱溶着でもOKです!
溶かして一体化するので、後に剥がれるなどのトラブルはありません!
pinte4.jpg

見た目はこんな感じになりますが、防水性能は他の部分と変わりません。
pinte5.jpg

完璧な補修が可能なのも「エムエコルーフシステム」の特徴です!

〈実際のピンホールテストから補修までの動画です〉


屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市内で完全防水のソーラ基礎架台取付け工事

ここ数年、屋根の上に設置する太陽光発電システムの普及が進んでいます。
そんな中、弊社では設置後の屋根のトラブルのご相談も数多く頂きます。

通常考えられる架台取り付け後の脚廻りの不具合による雨漏りだけではなく、
構造的な(雪が溜まりやすくなったなど)変更によって不具合が生じる場合も
ありますので特に注意が必要です。工事する際はきちんと説明を受けて安心して
任せられる工事業者さんを選択して下さい。

今回は札幌市内で施工した、完全防水のソーラー基礎架台の取付け工事を紹介します。
大手ハウスメーカーさんの軽量鉄骨の建物で、
屋根の下にはALC板という特殊な屋根下地材が施工してあります。

先ずは既存のシート防水と断熱材を、
ソーラー基礎が設置出来る大きさに切り抜きます。
seiue1.jpg

アンカードリルで下穴をあけます。
seiue2.jpg

ALC板は部分的なビスの引抜き強度が出にくいため、
しっかりと固定出来るようにエポキシ樹脂を注入します。
seiue3.jpg

塩ビディッピング処理してある、頑丈な鉄製のソーラー基礎を取り付けします。
アンカープラグと専用ビスで固定し、垂直・水平の確認も行います。
seiue4.jpg

断熱材を元に戻して、ソーラー基礎本体の取り付けが完了です。
seiue5.jpg

続いて、防水シートと同質の塩ビ製カバーを被せて溶着します。
seiue6.jpg

溶接(溶着)によりシート防水とソーラー基礎が完全一体化しています。
雨漏りの要素が一つもない完全防水の工法です!
seiue7.jpg

〈施工後〉
seiue8.jpg

〈施工後〉
seiue9.jpg

屋根の事なら全てお任せください!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| その他 | 19時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すがもり・雨漏りの無い完全防水の屋根 札幌市 新築モデルハウス

完全に雪が解け、リフォームのシーズンとなり当社はフル稼働状態です。
毎日、屋根工事の依頼や、お見積依頼を多数頂いております。

そんな中、最近特にお問い合わせが多いのが、工務店様や一般のお客様を問わず
「木造住宅新築時からサンタックIBシート防水を使用出来るのか」とのご質問です。

もちろん使用出来ます!
メーカー(早川ゴム)からも木質の新築向けのカタログが用意されているほど
需要があり瑕疵保険や飛火の認定番号取得など法律的な問題もクリアしていますので
ご安心ください。

当社でも数多く施工していますが、
今回はハウスメーカーさんの新築工事例を紹介致します。

施工前の木下地の状態です。
一般的な長尺板金(ガルバリウム鋼板)を貼る場合の下地とほぼ変わりません。
サンタックIBシート施工の場合、オーバーフローによる雨漏りが無いので、
スノーダクト(樋)は浅く造作しています。
スノーダクトが無いケースもありますが、完全防水ですので全く問題ありません。
DSCF8335.jpg

合板の目地にアルミテープを貼り、
IBシートを部分的に留める為のディスク板を止め付けします。
DSCF8355.jpg

IBシートを貼込みします。
ディスク板とIBシートは溶接により固定されていますので、
後に剥がれるなどのトラブルは一切ありません。
IBシート同士の継手も同じく、熱もしくは溶剤での溶接により一体化しています。
DSCF8360.jpg

外周部には板金の淀を取付けて、IBシートを押さえる積層鋼板と掴みます。
通常の板金笠木と同じ状態に加工できます。
意匠性の問題から、下から見上げても防水屋根だとは、
わからないように仕上げています。
DSCF8375.jpg

IBシートは笠木の天端まで施工します。屋根全体をIBシートで覆っていますので、
プールになっても雨漏りしない屋根が完成です。
DSCF8380.jpg

継手が一切無い、完全防水の屋根です。
20年間ノーメンテナンス(排水ドレンの点検は必然です)でOKです。
DSCF8403.jpg

〈施工完了後動画〉


北国の無落雪屋根・フラット屋根には最適な工法です。
リフォームも可能です。
「エムエコルーフシステム」

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 19時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市手稲区ですが漏れ対策工事 無落雪屋根リフォーム

札幌市手稲区ですが漏り対策工事です。
今回のお客様は、下屋根のすが漏りが止まらないとのご相談でした。

元々、片流れ形状の屋根でしたがM型の無落雪屋根に改築されていました。
スノーダクト周辺に大量の雪が溜まり、ガチガチに凍っています。
tmaeni0.jpg

完全防水工法の「エムエコルーフシステム」でご指名いただきました。
早速、工事に掛かります。
スノーダクト付近は雨漏りにより、かなり痛んでいました。
tmaeni2.jpg

痛んでいる部分の下地を直してから、「エムエコルーフ」の下地をします。
今回はスノーダクトの補強も兼ねて、スノーダクトは構造用合板で塞いでいます。
既存の屋根の勾配を利用して、上手く雨水が流れるように調整して、
排水の穴だけを残す工法としました。
tmaeni3_20130418220648.jpg

断熱材を敷き込みます。
tmaeni4.jpg

IBシートを部分的に留める為のディスク板を取付けします。
tmaeni6.jpg

IBシートを貼込みします。
勾配がきつい屋根面は縦に貼っています。
シート同士の継手は溶接により完全一体化するので、
IBシートの貼る方向は性能には全く関係ありません。
tmaeni7.jpg

外壁との取合い部はモルタルに切れ目を入れ、
木下地を取付け雨押さえ処理をしています。
変性シリコン性のコーキング仕上げです。
tmaeni8.jpg

既存の板金との取合い部も問題なく納めています。
板金と防水、両方の技術力が生かされます。
tmaeni10.jpg

〈施工前〉
tmaeni11.jpg

〈施工後〉
tmaeni12.jpg
外壁側の立上がりも大きく設け、すが漏り無しの完全防水の屋根、完成です!
詳細はこちら「エムエコルーフシステム」

〈施工完了後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 22時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。