2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市内 雨漏り修理 賃貸マンション屋上の防水リフォーム工事

札幌市内で賃貸マンションの屋上防水リフォーム工事です。

雨漏りの調査依頼にお伺いすると、
既存の防水層が捲れ、雨水が侵入している状態でした。

原因は外周部の防水層を押さえるための金具の固定方法が甘く、
風の吹き込みなどにより、捲れ上がってしまったようです。
〈施工前〉
ryahi1.jpg

各部で不具合がありましたので、全面を新しい防水
(サンタックIBシート)で被せる工法で施工する事になりました。
部分的にシート防水を固定する工法で、下地の追従を受けにくく
建物の動きに強い工法です。
また、上から被せる事で廃材処理費や既存防水の撤去費用が掛からず
とてもエコな工法です!

既存の防水層の調整(痛んでいる箇所は撤去)を行い、絶縁シートを貼り込みします。
ryahi2.jpg

外周部のにサンタックIBシートを固定(溶接)する為の鋼板を取り付けします。
外壁に雨水が伝わりにくいように、工場で水切り形状に加工しています。
ryahi4.jpg

外周部の鋼板をしっかりと固定するため、エポキシ樹脂とプラグを併用しています。
ryahi3.jpg

IBシートを部分的に留める為のディスク板を取り付けします。
このディスク板とIBシートは溶着して一体化しますので、
ボンドとは違い剥がれる心配は一切ありません。
ryahi5.jpg

サンタックIBシートを張り込みします。
ryahi6.jpg

点検口の上蓋を一旦外して、全てにIBシートを張り込みします。
同時にコーキング処理も行い、さらに防水性能を高めます。
ryahi7.jpg

点検口の上蓋を元に戻し全ての作業が完了です。
ryahi8.jpg

〈施工前〉
ryahi9.jpg

〈施工後〉
ryahi10.jpg

〈施工前〉
ryahi11.jpg

〈施工後〉
ryahi12.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| 屋根シート防水工事 | 19時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区で無落雪屋根のすが漏り・オーバーフロー対策リフォーム

札幌市東区のT様邸の屋根リフォーム工事です。

無落雪形状の屋根ですが、すがもりとスノーダクトの
凍結によるオーバーフローでお困りの状態でした。

先日、北海道新聞社から取材を受け記事にも載りましたが、
今年は本当に雪害による屋根の事故(すが漏り・凍結によるオーバフローなど)
が多く、修理依頼が相次ぎ工事をお待ち頂いている状況です。。
申し訳ございませんが順次対応しておりますので、もう暫くお待ちください。


施工前の状態です。
各所で雨水が溜まった跡があり、板金屋根が腐食しています。
setak1.jpg

スノーダクト部分はFRP製が使用されており、屋根板金との取合いがイマイチで、
長年雨漏りに悩まされていたようです。。
setak2.jpg


無落雪屋根やフラット屋根に最も適した完全防水工法、
「エムエコルーフシステム」を選択して頂き、工事を進めます。

先ずは痛んでいる箇所の板金屋根を撤去して、下地を調整します。
setak3.jpg

スノーダクト部分は、新たに厚物のガルバリウム鋼板で下地を作成します。
setak4.jpg

不安定な天候の中の作業でしたので、
ブルーシートで養生しながら作業を進めます。
setak5.jpg

スノーダクトもIBシートで完全防水です。
排水パイプもIBシートと同質の塩ビ製を使用しています。
溶接により溶かして接合していますので、排水ドレンも完全一体化しています。
setak6.jpg

外周は板金淀を新しく交換して、IBシート押さえ積層鋼板と絡めます。
setak7.jpg

〈施工前〉
setak8.jpg

〈施工後〉
setak9.jpg

〈施工後動画〉


プールになっても雨漏りしない「完全防水の屋根」施工します。

屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市内で横葺き屋根の修理 外壁付近からの吹き込みによる雨漏り修理

今回の記事は、最近お問い合わせの多い「風の強い雨の時だけ、雨漏りする!」
といった例で、下屋根の外壁との取合い付近からの雨漏りでお困りの状態でした。

板金の立上がり部分の板金(雨押さえ役物)が複雑な形状をしています。
hafuku1.jpg

横殴りの風の強い雨の時だけ、横葺きの板金と雨押さえの役物の隙間から
吹き込み、雨漏りを発生させていました。
hafuku2.jpg

窓の下の板金も複雑な形状で、事故が起きやすい状態でした。
hafuku3.jpg

端の部分の雨押さえ板金を捲ってみると、雨水が侵入して木下地が腐っていました。
hafuku4.jpg

既存の板金 横葺きを撤去してから工事スタートです。
外壁取合いの雨押さえを、吹き込みしにくい構造にする為、木下地を作成します。
hafuku5.jpg

複雑な形状がシンプルになるように下地を作成します。
hafuku6.jpg

新しい横葺きに葺き替えします。
hafuku7.jpg

新しく加工した雨押さえ板金役物を取り付けします。
板金の継手はコーキングによる止水処理を行います。
hafuku8.jpg

仕上げコーキングの密着性を良くするためプライマーを塗布します。
hafuku9.jpg

仕上げコーキングを施工して、工事が完了です。
hafuku11.jpg

〈施工後〉
hafuku10.jpg

〈施工後〉窓の下も事故が起きにくいように、凹凸を無くしてスッキリとさせました。
hafuku12.jpg

〈施工前 全体図〉
hafuku13.jpg

〈施工後 全体図〉
hafuku14.jpg

〈施工後の動画〉屋根の形状はシンプルなモノのが一番良いです!


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根板金工事 | 19時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。