2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区U様邸 すがもり対策 屋根リフォーム工事

札幌市西区のU様邸ですが漏り対策屋根工事です。

お客様曰く
「屋根上に積雪の無い状態では強い雨でも雨漏りはしないが、
冬の積雪状態で気温が緩んだ日や、雪解け時期になると毎年雨漏りする」
との事でした。

調査を進め、板金長尺の継手部分から雨水が建物内に侵入する
「すが漏り」が原因と断定いたしました。

すが漏りを完璧に防ぐには、継手部分が無い完全防水工法しかありません。
当社の断熱防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

すが漏りの調査をしながら、同時に屋根下地の状態も確認します。
miut1.jpg

調査を進めて行くと、排水ドレンの配管にも不具合が確認できました。

横向きに繋がれた排水配管が、本来の水の流れとは逆方向に傾斜がついていて、
配管内に常時水が溜まった状態でした。

水平器で確認するとこんな感じです。。
miut2.jpg

緩衝している木材を一部切り込み、高さを調整し直しバンドでしっかりと固定します。
miut3.jpg

調整後の排水口の画像です。約5センチほど高さが上がりました。
これできれいに雨水が流れるはずです。
miut4.jpg

続いて完全防水の屋根リフォーム工法「エムエコルーフシステム」の下地工事です。
既存の板金の上からカット済みの断熱材をはぜ(板金の突起)の間に敷き込み
屋根面を平らにします。配管調整のために撤去した部分の野地板も元に戻します。
miut5.jpg

その上から緩衝材を敷き込み、外周の端部にはシート防水を押さえるための
塩ビ積層鋼板を取付けします。板金淀との取合いには両面ブチル防水テープを挟み、
防水処理しています。
miut6.jpg

画像の手前がサンタックIBシートを貼った状態で、奥が下地の状態です。
下地の上に丸いディスク板が見えますが、このディスク板にIBシートを溶着して
固定する、機械的固定という工法です。
フクレが無く建物の動きにも強いのがこの工法の特徴で、木造住宅には最適な工法
です。
miut7.jpg

完全防水でプールになっても雨漏りしない屋根が完成です。
miut8.jpg

外周の板金淀との取合い部です。
意匠性を意識してスッキリと納めています。
miut9.jpg

〈施工前〉
miut10.jpg

〈施工後〉
miut11.jpg

〈施工前〉
miut12.jpg

〈施工後〉
miut13.jpg

〈施工前〉
miut14.jpg

〈施工後〉
miut15.jpg

〈下屋 施工前〉
miut16.jpg

〈下屋 施工後〉
miut17.jpg

〈施工後 動画 本屋編〉


〈施工後 動画 下屋編〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| エムエコルーフシステム | 20時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市南区 アパートの屋根の貼り替え工事 雨漏り修理

札幌市南区でアパートの板金長尺屋根の葺き替え工事です。

アパートのオーナー様との打合せの結果、各所で雨漏り状態で、
既存の板金の痛みも酷い事から、全面葺き替えの方向で決まりました。

特に三角屋根部分の雨漏りが酷い状況でした。
minishi1.jpg

既存の長尺板金を全て撤去します。
minishi2.jpg

スノーダクト内の排水ドレンの配管が長く、排水口が持ち上がった状態でしたので
配管をカットして、高さを調整しています。
minishi3.jpg

塩ビ被覆のナショナル製 谷コイルでスノーダクトを加工して、
アスファルト・ルーフィングを敷き込みします。
minishi4.jpg

長尺「平成ルーフ」を葺いていきます。
minishi5.jpg

すがもり防止対策として、板金の継手部分にはハゼテープ2ミリ厚(標準は1ミリ)
を使用して、先端部分にはさらに内部コーキング処理をしています。
当社では、すが漏りの危険性のある屋根については、この2重防水処理を標準仕様
としています。
minishi6.jpg

施行中
minishi7.jpg

三角屋根部分の谷(雨水が集まる場所)も、しっかりと雨仕舞いします。
minishi8.jpg

〈施工前〉
minishi9.jpg

〈施工後〉
minishi10.jpg

〈施工前〉
minishi11.jpg

〈施工後〉
minishi12.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根板金工事 | 20時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区 T様邸 屋根シート防水リフォーム工事

札幌市清田区で屋根防水の貼り替え工事です。

施工前の画像です。各所で雨漏り状態でした。
既存は鋼板防水で鉄板の表面に塩ビを被覆した材料を使用していました。
屋根上の雨水の流れが悪く、長期にわたり水が溜まった状態でした。
sekta0.jpg

表面の塩ビの層が剥がれ、中の鉄板がむき出しになり各所で腐食して錆びていました。
sekta1.jpg

外周の笠木鋼板を外すと、受け下地の金物も錆びていて
一部は形状がわからなくなるくらい粉々になってしましました。。
笠木に継手部分の防水処理が甘く、こちらも長期に渡り雨水が浸入していたようです。
sekta2.jpg

廃材処理費と撤去費が掛かるため、屋根の痛みが酷くない場合は、
既存の防水層を残して、上から新たに被せる工法で防水リフォーム工事を行いますが、
今回は屋根の状態が悪いため、全ての防水層を撤去する方向で決めました。
sekta3.jpg

下屋根の外壁取合いの防水処理が甘く内部に雨水が侵入していました。
水切り・受け下地も錆びていて、再利用不可能です。
sekta4.jpg

下屋根も手摺や水切りなど、
屋根に緩衝する部分は全て一旦撤去してから工事を進めます。
sekta5.jpg

新規にサンタックIBシート防水を施工します。
今度はきちんと排水口に雨水が流れるように、
傾斜のついた特注の勾配断熱材で屋根の傾斜の調整をします。
画像でも排水口に向かって、斜めに施工されているのがわかります。
sekta6.jpg

IBシートを部分的に留める(溶着)する為のディスク板を止付けして、
IBシートを張り込みします。
sekta7.jpg

下屋根も本屋と同様にIBシートを張り込みします。
sekta8.jpg

立上がりにもIBシートを施工して、屋根全面をIBシートで覆います。
sekta9.jpg

屋根上に設置された換気小屋からの吹き込みによる雨漏りも確認出来ましたので、
換気小屋を一旦外して徹底的な防水処理をします。
sekta10.jpg

IBシートを貼り、取合い部をコーキング処理します。
sekta11.jpg

さらにフィンからの吹き込みによる雨漏り対策として、
換気小屋内部に特注の水切りを取付けしています。
sekta12.jpg

IBシート張込み完了後に笠木を復旧します。
笠木の受け下地が腐食して再利用できませんので、
工場で厚物のガルバリウム鋼板をワンオフ加工して製作しました。
sekta13.jpg

笠木を復旧していきます。
継手部分はコーキングによる防水処理を施します。
sekta14.jpg

下屋根の外壁との取合い部です。
水切り取付け前にコーキングで一次防水処理をします。
sekta15.jpg

外壁の水切りも、ガルバリウム鋼板で新たに製作して取付けします。
プライマーを塗布して仕上げのコーキング処理をします。
sekta16.jpg

手摺、保護マットを復旧して全ての工事が完了です。
今回も内容・仕上がり共に納得のいく工事が出来ました!
sekta17.jpg

〈下屋 施工後〉
sekta18.jpg

〈本屋 施工前〉
sekta19.jpg

〈本屋 施工後〉
sekta20.jpg

〈換気小屋 施工前〉
sekta21.jpg

〈換気小屋 施工後〉黒のガルバリウム鋼板を貼って仕上げました。
sekta22.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
防水・板金は問いません。
マツモトルーフは完全自社施工で、全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区 店舗 すが漏り対策屋根リフォーム工事

札幌市白石区で店舗の屋根リフォーム工事です。
無落雪形状の屋根ですが、スノーダクトの凍結とすが漏りでお悩みの状態でした。

〈施工前のスノーダクト付近〉
mi-iue1.jpg

オーナー様が「すがもり」の原因を徹底的に検証した結果、
弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」をご指名頂きました。

既存の板金屋根を剥がさずに、上から断熱材を貼りサンタックIB製の防水シートを
溶接により部分固定する工法です。

「エムエコルーフシステム」施行中
mi-iue2.jpg

スノーダクト形状を維持してIBシートを施工します。
立上がり部に穴をあけ、オーバーフロー管を設置していますので、
万が一排水ドレンが詰まってもこの穴から雨水が流れる仕組みになっています。
配管の凍結防止対策として、サーモセンサー付きの融雪ヒーターも設置しています。
mi-iue3.jpg

集合煙突もひび割れが目立ち雨漏りの危険性もありましたので、
ガルバリウム鋼板で包みました。
mi-iue4.jpg

〈施工前〉
mi-iue5.jpg

〈施工後〉
mi-iue6.jpg
mi-iue9.jpg
mi-iue10.jpg
mi-iue11.jpg


〈スノーダクト付近 施工前〉
mi-iue7.jpg

〈スノーダクト付近 施工後〉
mi-iue8.jpg

〈施工後動画〉


プールになっても雨漏りしない「完全防水の屋根」施工します。
詳しくは「エムエコルーフシステム」の詳細ページへどうぞ

屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 17時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市で雨漏り修理 南区N様邸 すが漏り対策の屋根リフォーム

札幌市南区のN様邸のすがもり対策リフォーム工事です。

スノーダクト付近のすが漏り、煙突廻りからの雨漏りなど
各所で不具合が出ていました。
〈施工前〉
nkmma1.jpg

5メートル近くあるブロック積みの集合煙突はひび割れが酷く、
雨漏りの他に崩壊の危険性もありますので、板金で包む工事を行います。

屋根の上に足場を組んでからの作業です。
板金で包む前に、ひび割れ箇所をコーキング処理します。
nkmma2.jpg

板金を加工して、巻いていきます。
nkmma3.jpg

続いて無落雪屋根部分の工事です。
大好評のすがもり対策に最適の完全防水工法
「エムエコルーフシステム」をご指名頂きました。

下屋根の工事の場合、外壁との取合いが必ず発生します。
雨押さえ処理が完璧に出来るように、モルタル壁に切れ目を入れて
役物を差し込めるように加工します。
nkmma4.jpg

断熱下地を作成して、IBシートを張り込みします。
nkmma5.jpg

排水ドレンは一回り小さなものを被せる工法です。
IBシートと同質の塩ビ製の配管を使用していますので、溶接により接合が可能です。
防水層から配管を含めた完全防水が可能な工法です!
nkmma6.jpg

外壁側はIBシートを立ち上げて、雨押さえ加工した積層鋼板(役物)を取り付け、
仕上げにコーキング処理をします。
nkmma7.jpg

全ての作業が完了です。
nkmma8.jpg

集合煙突〈施工前〉
nkmma9.jpg

集合煙突〈施工後〉
nkmma10.jpg

屋根全体〈施工前〉
nkmma11.jpg

屋根全体〈施工後〉
nkmma12.jpg

〈施工後動画〉


プールになっても雨漏りしない「完全防水の屋根」施工します。
詳しくは「エムエコルーフシステム」の詳細ページへどうぞ

屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。