2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区 S様邸 すがもり・雨漏り修理 完全防水工法

札幌市西区ですがもり・雨漏り修理です。

施工前の写真でもお分かりの通り、増築により複雑な屋根形状になっています。
調査を進めると、雪解け時期のすがもりや増築取合い部や板金の立上がり部分など
各所で問題がありました。
hachitaku1.jpg

複雑な屋根形状でも完璧にすが漏り・雨漏りを止める完全防水工法
「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

まずは不具合箇所の板金を撤去して、下地の確認と調整を行います。
hachitaku2.jpg

集合煙突廻りの下地調整を行います。
hachitaku3.jpg

既存の板金の上から断熱材を敷き込みます。
hachitaku4.jpg

IBシートを部分的に留めるディスク鋼板を取付け、IBシートを敷き込みします。
hachitaku5.jpg
「エムエコルーフシステム」とは、シート防水の機械的固定方法で、
建物の動きに強く膨れなどが一切無い乾式防水工法です。
IBシートには水蒸気透過性の性質もありますので、万が一IBシートの裏面が
結露しても水分が外部に抜ける仕組みになっています。
エムエコルーフシステムはIBシシートの直下に断熱材を敷き込んでいますので
結露の可能性は極めて低いです)

立上がり部分にもIBシートを張り込みます。
hachitaku6.jpg

既存の板金(横葺き)との取合い部も一旦捲り、内部を雨仕舞い処理をしてから
復旧します。板金の技術力が必要な重要な部分です。
hachitaku7.jpg

外壁の取合い部は、雨押さえの木材を交換してIBシートを立ち上げてから
コーキングによる仕上げを行います。
hachitaku8.jpg
全ての作業が完了です。

〈施工前〉
hachitaku9.jpg
〈施工後〉
hachitaku10.jpg
屋根形状は基本的に変わってはいませんが、
シンプルでスッキリとした印象になりました。
屋根全面を一枚のシートで覆ったのと同じ状態ですので
雨漏りの要素は全くありません。

〈施工前〉
hachitaku11.jpg
〈施工後〉
hachitaku12.jpg

〈施工前〉
hachitaku13.jpg
〈施工後〉
hachitaku14.jpg

〈施工前〉
hachitaku15.jpg
〈施工後〉
hachitaku16.jpg

〈施工前〉
hachitaku17.jpg
〈施工後〉
hachitaku18.jpg
hachitaku19.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| エムエコルーフシステム | 19時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊 K様邸 屋根すがもり修理 完全防水工法

雨漏り修理のご相談の中でも「簡易ダクト屋根」のすが漏りや雨漏り相談を
多く頂きます。
今回は過去に施工した「簡易ダクト屋根」の修理方法を紹介致します。

建物外観です。
本屋が無落雪屋根(スノーダクト)で、下屋根は一般的に「簡易ダクト」と
呼ばれるモノで、ある程度傾斜のある屋根の先端部分に三角の下地を製作し、
この部分で落雪を止めヒーターで溶かす融雪工法です。
屋根融雪工法雨漏り・すがもり

本屋の状態です。
スノーダクトの傾斜の状態が悪く、排水口に上手く雨水が流れていませんでした。
常時、雨水が溜まった状態で鉄板を腐らせる危険性がありました。
集合煙突廻りにも数回にわたる補修の跡が見られます。
スノーダクトから雨漏り・すがもり

室内から天井裏を確認しました。
垂木(木下地)のシミを見ながら雨漏り箇所を特定します。
特にスノーダクト付近にある集合煙突の雨漏り(すがもり)が酷いようです。
天井から雨漏り

下屋根の簡易ダクト部分の板金の継手が雪で押されて捲れていました。
コーキングで密着させて、捲れないように対策は行っていたようですが、
今年は雪が多かった事もあり、効果はあまり無かったようです。
屋根融雪工法雨漏り

本屋・下屋共にすがもりが発生しており、完璧な屋根工事を希望されていましたので、
完全防水屋根リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

本屋から工事開始です。
まずは痛んでいる箇所の板金を撤去して、同時に下地の状態も確認します。
簡易ダクト屋根修理

断熱下地を作成していきます。
簡易ダクト屋根修理下地作成

外周端部は新しい淀に交換(ガルバリウム鋼板)して、
サンタックiBシートを固定するための積層鋼板を取り付けします。
両面ブチルテープにより端部の防水処理も行っています。
屋根融雪工法リフォーム

IBシートを敷き込みします。
屋根融雪工法シート防水

スノーダクト内の排水ドレン納め状況です。
IBシートと同質である、一回り小さな塩ビ管にシートを巻いた特注品です。
熱による溶接で完璧に取り付けします。
otakig7.jpg

下屋根も、本屋同様に痛んでいる箇所の板金を撤去していきます。
otakig9.jpg

断熱下地を作成して、融雪用のヒーターを移設します。
黒く平らなモノがヒーターです。
屋根融雪用ヒーター設置

IBシートを敷き込みします。
サンタックIBシート防水

立ち上がりにもIBシートを施工していきます。
サンタックIBシート防水立上り

写真では分かりにくいですが、立上がりのIBシートは外壁のモルタルをカットして、
差し込んであります。コーキングをして仕上がってしまえばわかりませんが、
この一手間が雨漏りを防ぐのに重要な工程だと弊社では考えています。
外壁取り合い納め

粘着性を良くするためのプライマーを塗り、一次コーキング処理します。
外壁雨漏り防止コーキング

ガルバリウム鋼板を加工した水切りを取付けします。
外壁取り合いガルバリウム鋼板板金水切

仕上げに2層目のコーキング処理を施し外壁の取合い部を納め完成です。
otakig16.jpg

〈本屋 施工前〉
屋根終雪工法修理前
〈本屋 施工後〉
屋根融雪工法修理後

〈本屋 施工前〉
otakig19.jpg
〈本屋 施工後〉
otakig20.jpg

〈下屋 施工前〉
otakig21.jpg
〈下屋 施工後〉
otakig22.jpg

〈下屋 施工前〉
otakig23.jpg
〈下屋 施工後〉
otakig24.jpg

〈下屋 施工前〉
otakig25.jpg
〈下屋 施工後〉
otakig26.jpg

〈下屋 排水口 施工前〉
屋根排水ドレン修理前
〈下屋 排水口 施工後〉
屋根融雪ドレン修理後

otakig29.jpg
otakig30.jpg
otakig31.jpg
otakig32.jpg
otakig33.jpg
otakig34.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊 S様邸 屋根すがもり修理 完全防水工法

札幌市近郊ですがもり修理です。
毎年、雪解け時期になると各所ですがもりが発生していました。
室内の天井にも大きなシミが残っています。
sayoub1.jpg

天井裏に潜り、すがもりの場所を特定します。
水下(スノーダクト付近)の垂木の周り(野地板)に水濡れの跡が確認できました。
sayoub2.jpg

本屋1カ所、下屋根が3カ所ありスノーダクトが合計4カ所あり、
複雑な屋根形状になっていました。
オーバーフローの危険性や建物の構造上、雪が溜まりやすく
雪解け時期にプールになりそうな箇所もありましたので、
完全防水工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。

本屋から工事スタートです。
断熱下地を作成していきます。
sayoub3.jpg

サンタックIBシートを敷き込みしていきます。
sayoub4.jpg

下屋根の外壁との取り合い部は、金属サイディングをカットして、
IBシートを立ち上げられるように下地調整します。

雨漏りで木が腐っている箇所もありましたので、撤去していきます。
sayoub5.jpg

雪解け時期にプールになりそうな箇所は、防水の立ち上がりを大きく設けるため、
外壁サイディングを撤去します。
sayoub6.jpg

外壁を撤去した部分には、断熱材を入れ腐っていた木下地も交換します。
sayoub7.jpg

IBシートを敷き込みします。
sayoub8.jpg

雪が溜まりやすい部分の窓の下は約60センチ程の防水立ち上がりを
設けていますので雪解け時にプールになっても安心です。
sayoub9.jpg

外壁取合い部分です。
IBシート立上がりの端部には捨てコーキングで一次防水処理を行います。
sayoub10.jpg

その上に、現場に合わせて加工した特注の水切を取付けします。
二次防水処理と外壁の通気を考慮した重要な部材です。
sayoub11.jpg

窓との取合い部分です。
下処理で専用プライマーを塗布してコーキングの密着性を高めます。
sayoub12.jpg

変性シリコン製のコーキングで仕上げます。
sayoub13.jpg

今回はアルミ製のハシゴの取付けも行いました。
sayoub14.jpg

〈本屋 施工前〉
sayoub15.jpg
〈本屋 施工後〉
sayoub16.jpg

〈下屋 施工前〉
sayoub17.jpg
〈下屋 施工後〉
sayoub18.jpg

〈下屋 施工前〉
sayoub19.jpg
〈下屋 施工後〉
sayoub20.jpg

〈下屋 施工前〉
sayoub21.jpg
〈下屋 施工後〉
sayoub22.jpg

〈下屋 施工前〉
sayoub23.jpg
〈下屋 施工後〉
sayoub24.jpg

〈各所 施工後画像〉
sayoub25.jpg
sayoub26.jpg
sayoub27.jpg
sayoub28.jpg
sayoub29.jpg
sayoub30.jpgsayoub31.jpg
sayoub32.jpg
sayoub33.jpg

〈施工後動画 本屋編〉


〈施工後動画 下屋編〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 23時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市厚別区F様邸 無落雪屋根 すがもり修理 完全防水工法

札幌市厚別区でスノーダクト形状の屋根のすがもり修理です。

板金のサビやコーキングの切れなど、経年劣化による不具合が各所に見られました。
fjtkkam1.jpg

スノーダクト内の雨水の流れも悪く、
常時雨水が溜まった状態でサビて腐食していました。
fjtkkam2.jpg

スノーダクトの板金の側面もかなりサビています。
fjtkkam3.jpg

外周部の納まりも外壁リフォームによって、屋根面よりも外壁面が外に出てしまい、
雨仕舞いが悪く、強引なコーキング処理(応急処置的なもの)が施されていました。
写真では雨水が溜まっているのが確認出来ます。
もちろんこの部分も解決しなければなりません。
fjtkkam4.jpg

継手(ハゼ)がある板金屋根ではすがもり対策として不安が残るとの事でしたので、
無落雪屋根(スノーダクト)、フラット屋根には最適な最新鋭の完全防水工法
「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。


下地を作成していきます。
fjtkkam5.jpg

IBシートを張り込みします。
fjtkkam6.jpg

IBシートは溶接により接合していますので、完全一体化しています。
接合部分の点検作業です。
fjtkkam7.jpg

笠木を含めた屋根全面をIBシートで覆う工法でプールになっても雨漏りしません。
仕上げに溶接接合部分にIBリキッドを塗布して工事が完了です。
fjtkkam8.jpg

サイディングのリフォームによる外周部の不具合箇所は、
雨水が溜まらないように外壁面より外に出したシンプルな形状の
板金の水切りを加工して取付け、解決しました。
これで、外壁内への雨水の浸入も防げます。
fjtkkam9.jpg

下屋根の立上がり、外壁との取合い部分はサイディングをカットして、
雨押さえ処理します。
fjtkkam10.jpg

外壁と防水処理を行ってから、仕上げの水切りを取付けします。
外壁サイディングの通気はきちんと確保した工法です。
fjtkkam11.jpg

〈下屋根 施工前〉
fjtkkam12.jpg

〈下屋根 施工後〉
fjtkkam13.jpg

〈本屋 施工前〉
fjtkkam14.jpg

〈本屋 施工後〉
fjtkkam15.jpg
fjtkkam16.jpg
fjtkkam17.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市豊平区N様邸 屋根すがもり修理 完全防水工事

札幌市豊平区で、屋根すが漏り修理工事です。

春先に工事依頼を頂いてから、数ヶ月お待ち頂いての工事です。。
お待たせして申し訳ございませんでした。

春先に調査にお伺いした時の写真です。
サーモグラフィで雨漏り(すがもり)場所を特定しました。
nisnakt1.jpg

すがもり以外にもスノーダクト内の融雪ヒーターの設置方法にも問題があり、
見直す必要がありました。スノーダクトの側面からヒーターの配線が出ているのが
写真で確認出来ます。スノーダクト部分は集中して雨水が流れる場所なので
雨漏りの心配や漏電の危険性もありました。
nisnakt2.jpg

今回も完全防水工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

痛んでいる板金を撤去して、同時に木下地の状態も確認します。
nisnakt3.jpg

外周部の板金を新しいガルバリウム鋼板に交換します。
nisnakt4.jpg

屋根全面をサンタックIBシートで覆うため、
外周端部にIBシートを押さえる為の鋼板を取付けします。
両面ブチルテープを併用して防水性能を高めています。
nisnakt5.jpg

断熱材と緩衝材を敷き込み、IBシートを固定するためのディスク板を取付けて、
下地が完了です。
平面のIBシートを張り込みします。
nisnakt6.jpg

続いて立ち上がりのIBシートを施工します。
nisnakt7.jpg

屋根全面をIBシートで覆い、完全防水工事が完了です。
nisnakt8.jpg

融雪ヒーターも新しい物に交換しています。
問題のあった配線方法も見直し、電気ボックスを外側の屋根の側面に移設しました。
nisnakt9.jpg


〈集合煙突 施工前〉
鉄製のアングルで固定されていましたが、状態が悪くサビていました。
nisnakt10.jpg

〈集合煙突 施工後〉
サビた鉄製のアングルを撤去して、
カラーのガルバリウム鋼板を巻き補強と意匠性を高めました。
nisnakt11.jpg

〈施工前〉
nisnakt12.jpg

〈施工後〉
nisnakt13.jpg

〈施工前〉
nisnakt14.jpg

〈施工後〉
nisnakt15.jpg
nisnakt16.jpg
nisnakt17.jpg
nisnakt18.jpg


〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区W様邸 すがもり修理 完全防水屋根リフォーム

札幌市西区で屋根リフォーム工事です。
北国特有の雨漏り「すがもり」でお困りのお宅でした。

屋根が複雑な無落雪(スノーダクト)形状になっており、
板金屋根では無理がある工法でした。
新築からまだ数年ですが、このような設計で雨漏りしてしまいお客様が気の毒です。。
デザインにこだわるのも良いですが、雪国の屋根の怖さも考慮して設計して頂きたいものです。
hewato1.jpg

板金を捲った写真ですが、鉄板の内部に防水テープやコーキングを施してあり、
施工した板金業者さんは丁寧な仕事をしていたようです。
hewato2.jpg

急斜面の天窓の下のラインで板金同士を繋いでいましたが、この繋ぎの部分から下の
無落雪部分の板金屋根を全て剥がして、シート防水を施工します。
hewato3.jpg

天窓廻りの防水処理も今まで以上にしっかりと行います。
hewato4.jpg

工事完了です。
傾斜屋根の途中から下、全てにシート防水を施工しました。
hewato5.jpg

スノーダクト形状を残し、立上がりや笠木も全てサンタックIBシート防水です。
「すがもり」でプール状態になっても雨漏りしない屋根が完成です。
hewato6.jpg

〈施工前〉
hewato7.jpg

〈施工後〉
hewato8.jpg

〈施工前〉
hewato9.jpg

〈施工後〉
hewato10_20130817214501276.jpg
hewato11.jpg
hewato12.jpg




〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。