2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区 H様邸 すが漏れ対策工事 完全防水工法!

札幌市東区ですが漏れ・雨漏り対策工事です。

調査を進めると、板金の谷廻りに雨水が溜まりやすい形状になっており、
この箇所が、雨漏りの一つの原因と断定しました。
ki3h8has2.jpg

劣化が目立つ集合煙突からも、雨漏りが確認できました。
ki3h8has1.jpg

対策修理方法を色々と検討して頂きまして、弊社の過去の実績から、
完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

工事に取りかかります。
雨漏り箇所の確認と木下地の状態を確認するため、痛みの激しい箇所の
板金を撤去します。
板金を捲ると、中が濡れているのが確認出来ました。
ki3h8has3.jpg

濡れてしまった、木下地の状態も確認します。
ki3h8has4.jpg

下地の状態を確認後、「エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
ki3h8has5.jpg

断熱材を敷き込み、サンタック製 塩ビシート防水を部分固定するための、
ディスク板を留め付けします。
部分固定するメリットの一つとして、木造住宅のような動きが多い建物の場合でも
膨れなどが無く、高耐久性を維持できる優れた工法です。
ki3h8has6.jpg

また、排水口(ドレン)も塩ビ管を使用する事により、
防水シートと同質の材料となるため、排水口までが溶接による完全一体化が可能です。
ki3h8has7.jpg

サンタックIBシート敷き込み中
ki3h8has8.jpg

集合煙突立ち上がり、雪割り小屋根の施行中
ki3h8has9.jpg

ひび割れの目立った、集合煙突の上部はガルバリウム鋼板で包み
しっかりと固定・止水します。
ki3h8has10.jpg

〈施工前〉
ki3h8has11.jpg
〈施工後〉
ki3h8has12.jpg

〈施工前〉
ki3h8has13.jpg
〈施工後〉
ki3h8has14.jpg

〈施工後 詳細〉
ki3h8has15.jpg

ki3h8has16.jpg

ki3h8has17.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| エムエコルーフシステム | 20時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。