2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

札幌市厚別区K様邸 シート防水雨漏り修理工事

札幌市厚別区で鉄骨造で有名なハウスメーカーの屋根シート防水貼り替え工事です。

お見積依頼を受けお伺いすると、経年劣化による不具合が起きていて各所で雨漏り状態でした。
atbukppkwsea1.jpg

コーキングなどによる一時的な応急処置も、繰り返された様子でした。
atbukppkwsea2.jpg

緊急な対応が必要な状態でしたので、早急にお見積を提出して対応させて頂きました。
こちらの建物は鉄骨造で屋根の床材にはALCパネル(軽量気泡コンクリート)という特殊な材料が使用されており、取り扱いには十分な知識が必要な工事になります。
既存のシート防水の痛みが酷く、全て撤去する方向で進めます。
atbukppkwsea3.jpg

屋根下地のALCパネルがむき出しになりました。
atbukppkwsea4.jpg

下地の調整・清掃後に絶縁シートを敷き込み、新たにサンタックIBシートを溶接固定するためのディスク板を留め付けします。
atbukppkwsea5.jpg

外周部にもサンタックIBシートを固定するための鋼板を取り付けしていきます。
atbukppkwsea6.jpg

ディスク板・鋼板の留め付けにはアンカープラグとメーカー純正品のエポキシ樹脂を併用して、ビス固定の強度を高めます。
シート防水のデメリット(風の影響を受けやすい)を回避するためにもとても重要なポイントになります。
atbukppkwsea7.jpg

下地作成後にサンタックIBシートを敷き込みします。
atbukppkwsea8.jpg

atbukppkwsea9.jpg

〈施行前〉
atbukppkwsea10.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea11.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea12.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea13.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea14.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea15.jpg

〈施工前〉
atbukppkwsea16.jpg
〈施工後〉
atbukppkwsea17.jpg

外周端部の防水押さえ鋼板は、水切り形状に特殊加工して納めていますので、より防水性能を高めています。
atbukppkwsea18.jpg

アンテナのポール受け架台も施工前に比べ大幅に見直ししています。
サンタックIB製の「ソーラー基礎」を使用して強度と防水性能を高めています。
atbukppkwsea19.jpg

アンテナの控えワイヤーは、従来の屋根の平面に直接穴を開ける工法は取り止め、外周端部から補強する格好に変更しました。
atbukppkwsea20.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 21時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北広島市S様邸 無落雪屋根(フラット屋根)のすがもり対策工事

北広島市ですがもり修理工事です。

屋根の傾斜がフラットに近い形で、各所で雪解け水が溜まってプール状態でした。
特に集合煙突周りは雪が引っ掛かりやすく、条件が悪かったようです。

札幌市近郊ではここ数年、粉雪ではなくベタ雪が積もる事が多くなり、
暖気で真冬に雨が降る事もあります。
「すがもり」の事故は今後も増える予感がします。。
snnndaniski1.jpg

室内の天井から水滴が落ちてきている状態でした。
サーモグラフィーでも調査したところ、やはり集合煙突周りに大きな不具合が出ている事が判りました。
snnndaniski2.jpg

集合煙突周りの三角小屋根の板金長尺の継手が主な原因でした。
数回に渡り補修した跡が見られましたが、効果は一時的な様子でした。
snnndaniski3.jpg

様々な「すがもれ」の修繕方法を検討していただきましたが、
弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。
従来の木造住宅に多く採用されている板金長尺屋根では無く、塩ビシート防水を使用した完全防水工法です。

最初に外周の傷んだ古い板金を剥がし、下地の調整をします。
snnndaniski4.jpg

下地の調整後に既存の長尺板金の上から、カットした断熱材を敷き込み絶縁シートを貼ります。
snnndaniski5.jpg

サンタックIBシートを部分的に溶接するためのディスク板を、下地の木材にビスで留め付けします。
下地の完了後、防水シートを敷き込みします。
全ての部位でボンドではなく、溶接にて接合していますので完全防水が可能な工法です。
snnndaniski6.jpg

外周部分は意匠性も考慮して、新しいガルバリスム鋼板に交換します。
snnndaniski7.jpg

集合煙突はサンタックIBシートを立上げてからガルバリウム鋼板で巻き、補強・止水を行います。
snnndaniski8.jpg

〈施工前〉
snnndaniski9.jpg
〈施工後〉
snnndaniski10.jpg

〈施工前〉
snnndaniski11.jpg
〈施工後〉
snnndaniski12.jpg

〈施工後〉
snnndaniski13.jpg

snnndaniski14.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 22時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市北区I様邸 屋根リフォームすがもり対策工事

札幌市北区で無落雪(スノーダクト)屋根の完全防水リフォーム工法の
「エムエコルーフシステム」を施工しました。

「すがもり」の調査を進めたところ、集合煙突の周りの不具合の他にスノーダクト付近が凍りつき、ダムを作ってしまい、雪解け水が板金屋根の上にプール状態となっている事が判りました。

とりあえず応急処置で、分厚い氷を足で割り排水管までの水路を確保して対応しました。
スノーダクトすが漏れ
厚さ10センチ近くの氷が張っている所もありました。



お客様には何社かの「すがもり」対策案を検討していただきましたが、弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。

施工前の無落雪屋根の状態です。
老朽化による集合煙突のひび割れ、一部崩壊も確認できます。
集合煙突劣化

既存の下地を確認後、痛みの激しい箇所の板金を一部撤去してから、
「エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
スノーダクトすが漏れ対策1

施行中
スノーダクトすが漏れ対策2

防水作業完了後に集合煙突をガルバリウム鋼板で包み補強・止水処理を行います。
スノーダクトすが漏れ対策工事

全ての作業が完了です。
無落雪屋根のすが漏れr対策工事

外周の板金も新たに水切り形状に加工したガルバリウム鋼板に交換しています。
重ね貼りされたサイディングの上に被せる格好で納めていますので、
外壁からの雨漏りも軽減出来る形状にしています。
外周のガルバリウム鋼板

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理2

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理3
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理4

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理5
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理6

スノーダクトの雨漏り修理7

スノーダクトの雨漏り修理8

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 19時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |