2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬に向けて雪庇対策は当社にお任せください

冬に向けて雪庇対策工事のご依頼が増えています。

弊社の雪庇対策工事は、製作・販売・取付まで完全自社施工により直販価格でのご提供が可能です。
また、屋根を知り尽くした「屋根専門業者」ですので、施工後の雨漏りやトラブルの心配もありません。

「雪庇防止ユニット」のお色もシルバーと茶色が選択でき、建物の外観にあった工事が可能です!
雪庇対策1

木造の戸建てだけではなく、アパートやマンション、倉庫・工事などすべての建物に対応可能です!
雪庇対策アパート

弊社の「雪庇防止ユニット」はほとんどの過程を工場生産によるユニット式を採用しておりますので、部分的なユニットの取り付けなどにも柔軟に対応が可能です。
雪庇対策部分工事

雪庇防止ユニット20171017

「雪庇防止ユニット」はクレーン付きのトラックで運搬・荷揚げして、現地では取付工事のみとなりますので、工期は約半日〜1日で完了します。
作業用足場設置の必要もございません。
201710seppiyunit05.jpg

只今、期間限定でお色がブラックを選択できます!!
在庫が無くなり次第終了の数量限定となりますので、ご検討中の方はお早めにご連絡ください。
201710seppiyunit06.jpg

雪庇工事以外のも雪割りの取付工事や、落雪の問題など、屋根に関するお悩みはすべて解決いたします!
201710seppiyunit07.jpg

お陰様で大好評の「雪庇対策工事&完全防水のスガ漏れ対策工事」のご依頼も多数頂いております。
201710seppiyunit08.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

| 雪庇対策工事 | 17時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区 K様邸 無落雪屋根(ステンレス防水)リフォーム工事

今回の記事は、最近数件のお問い合わせをいただきました、既存が「ステンレス防水」の無落雪形状の屋根リフォーム工事をご紹介致します。

今回ご紹介する建物は大手ハウスメーカーSハイムさんの木造住宅で、既存屋根の材質は一般的な木造住宅の屋根材(亜鉛鉄板やガルバリウム鋼板)ではなく、ステンレス防水が施工されていました。

ステンレス製の屋根は高耐久性でサビにも強く高品質ですが、材質が硬く、屋根材の伸縮や、木造住宅のような動きの大きい建物では追従できずに亀裂が入り漏水してしまうケースもあるようです。
また、今回のケースでは、排水口周りがコーキング処理に頼る工法のため、コーキングの経年劣化による雨漏りが確認できました。

修繕方法は、建物の動きにも強い工法で、高耐久でメンテナンスフリーのサンタックIB製の塩ビシート防水でご提案させていただきました。
排水口周りも、同質の塩ビ管と塩ビ樹脂シートの溶着接合によりコーキングに一切頼らない工法です。


既存(施工前)のステンレス防水の状態です。
はぜ(材料の継手)の高さがあるため、雨水が上手く流れずに常時屋根上に溜まった状態です。
hhntikisii13.jpg

排水口周りはコーキングに頼る工法で、数回にわたる補修の跡が見られました。
hhntikisii14.jpg

それでは、工事の詳細です。
まずは、外周に木下地を取り付けします。ガルバリウム鋼板の役物材を取付するための下地となります。
hhntikisii15.jpg

既存屋根の清掃と簡単な下地調整後、はぜの間に断熱材を挟めこみ屋根を平らにしていきます。
既存の屋根(ステンレス防水)は基本的に剥がさないカバー工法です。
廃材処理費用を控えて、その費用をを断熱材に当てることができますので、エコで外断熱工法が可能な工法です。
(※カバー工法は雨漏りや経年劣化が酷く、既存の屋根や下地の痛みが激しい場合は適応出来ません)
hhntikisii16.jpg

はぜの間に断熱材を嵌め込みます。
hhntikisii17.jpg

写真では分かりづらいですが、排水口に上手く雨水が流れるように水下側は三角形の勾配断熱材を施工しています。
hhntikisii18.jpg

換気小屋周りは雨水が侵入している形跡がありましたので解体しました。
hhntikisii19.jpg

断熱材の上に緩衝材を敷き込み、サンタックIBシートを部分的に固定するためのディスク板、塩ビ積層鋼板を留めつけしていきます。
hhntikisii20.jpg

サンタックIBシートを敷き込みします。
(仕上げのシート防水は屋根全面にボンドなどで糊付けする工法ではなく、ディスク板に部分固定することにより、建物の動きに強く、追従が可能な工法です)
hhntikisii21.jpg

シートの継手も溶着により完全一体化します。
溶かして接合しますので、剥がれることはありません。
hhntikisii22.jpg

立ち上がりや笠木部分の施工をして本屋が完成です。
hhntikisii23.jpg

続いて、バルコニー屋根です。
手摺を一旦外して、本屋と同様に進めます。
hhntikisii24.jpg

外壁との取り合い部分は、既存の外壁サイディングを一旦剥がして、内部を止水処理します。
hhntikisii25.jpg

サイディングを復旧後に、さらにガルバリウム鋼板を加工した通気水切を取付して、雨押え処理を施します。
hhntikisii26.jpg

手摺の脚周りも防水処理・増し貼りします。
hhntikisii27.jpg

hhntikisii28.jpg

アルミ製手摺の復旧作業です。
hhntikisii29.jpg

保護マットを戻して、バルコニー屋根の完成です。
hhntikisii30.jpg

hhntikisii31.jpg

最後に同じ角度からのビフォーアフターです。
〈施工前〉
hhntikisii01.jpg
〈施工後〉
hhntikisii02.jpg

〈施工前〉
hhntikisii03.jpg
〈施工後〉
hhntikisii04.jpg

〈施工前〉
hhntikisii05.jpg
〈施工後〉
hhntikisii06.jpg

〈施工前〉
hhntikisii07.jpg
〈施工後〉
hhntikisii08.jpg

〈施工前〉
hhntikisii09.jpg
〈施工後〉
hhntikisii10.jpg

〈施工前〉
hhntikisii11.jpg
〈施工後〉
hhntikisii12.jpg


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。