fc2ブログ

2022年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

屋根リフォームでの外壁と屋根の関係

屋根リフォームや屋根の雨漏り工事で一階屋根(下屋根)の工事を行う場合には、屋根が壁の中へ入り込んだ「外壁との取り合い」が問題になる事が多いです。
新築では順番通り施工されていくので、問題が起きることはございませんが、屋根リフォーム工事では当然ですが、外壁が施工された状態で一階屋根を修理しなければなりません。
屋根絡みの外壁の数量が少ない場合は、外壁を一旦剥がして屋根工事後に復旧するのが最も確実な工法と考えますが、モルタル壁やALC(軽量コンクリート製)壁、乾式タイルなど施工後の解体が難しい外壁の種類も多くございます。

そこで今回は弊社の経験でも難易度の高い「乾式タイル」の外壁と屋根修理の工事内容をご紹介致します。


今回のケースでは乾式タイルが再利用可能でしたので、ベース板の上のタイルを丁寧に剥がしていきます。

IMG_6389.jpg

次に屋根立ち上がりの高さまでベース板をカット(解体)していきます。
(外壁重ね貼りリフォームにて乾式タイルを施工したようで、一層目のサイディングが見えます)

IMG_6409.jpg

窓周りの漏水跡も確認できましたが、外壁受け下地の木材も腐食しておりました。

IMG_6444.jpg

新築当時からの一層目のサイディングも解体してようやく、屋根板金の状態が確認できました。

IMG_6455.jpg

外周の手摺りも一度解体して、笠木周りの状態も確認致します。

IMG_6469.jpg

シート防水(新たな屋根材料)を出来る限り立ち上げて既存の外壁防湿シートの下に差し込み、片面粘着気密テープにて端末の処理を確実に行います。

IMG_6640.jpg

乾式タイルのベース板を戻して、タイルを復旧していきます。

IMG_6680.jpg

以上で工事完了です。
工事が完了してしまえば、スッキリとしてなんて事ない見た目となりますが、確実な工事をする為にはかなりの手間・労力がかかっていることがお分かりいただけたかと思います。

IMG_6708.jpg

IMG_6714.jpg



屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで
メールは
info@matsumotoroof.com
までお気軽にどうぞ

| エムエコルーフシステム | 21時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |