fc2ブログ

2023年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2023年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

札幌市清田区S様邸 屋根すが漏れ修繕工事(簡易ダクト工法)

札幌市清田区での屋根リフォーム施工例です。

こちらのブログでも過去に何度か記事にさせていただいておりますが、毎年雪解けの時期になると多くのご相談をいただく「簡易ダクト屋根」の「すが漏れ」修繕工事のご紹介です。

簡易ダクト屋根の修繕工事の過去記事は以下のリンク先からご覧ください。

札幌市近郊 K様邸 屋根すがもり修理 完全防水工法

札幌市西区E様邸 簡易ダクト(融雪)屋根 すが漏り・雨漏り修理 完全防水工法

今回ご紹介する工事内容ですが、数年前から「すが漏れ」などの屋根からの雨漏り状態が続いており、屋根下の木材も腐食が酷い状態でした。
下地を含む屋根を全て解体して修繕を行う屋根リフォームとしましては大掛かりな内容です。

屋根上からの調査段階で異変を感じていたので、室内の天井を一部開口させていただき天井裏を確認しました。
雨漏り確認で天井開口

屋根裏の木材の状態ですが、長年の雨漏りでカビが酷い状態でした。
雨漏りでカビ

工事前の屋根の状態です。
一般的に「簡易ダクト工法」と言われる工法で、元々は三角屋根形状や片流れの、わりと傾斜のある屋根の先端に木造作等でダムを作成して、電気式ヒーターで融雪する工法です。落雪対策としてリフォーム工事で施工するケースが多い工法ですが、残念ながら通常の「スノーダクト屋根」に比べて「すが漏れ」の事故が圧倒的に多い工法です。
排水は「スノーダクト屋根」同様に配管を別途に設置して排水します。
今回は屋根中央部分に排水口が設けられており、ダクト形状がV型となりますので中央部分の板金同士の継ぎ手も「すが漏れ」の原因となっておりました。
簡易ダクトの雨漏り

施工前の屋根の全体です。
経年劣化の簡易ダクト屋根

屋根下地の状態が良ければカバー工法も可能なのですが、、
今回は既存板金を全て解体します。
経年劣化の板金の解体

既存板金屋根の解体後の状態です。
長期間の雨漏りの影響で木製の屋根下地が広範囲で腐食しています。
特に排水ドレン周りの雨漏りも酷かったようです。
雨漏りで屋根の下地が腐る.jpg

合板下地を解体していきます。
雨漏りした屋根下地の解体

骨組みは鉄骨の建物でしたので大掛かりな構造は問題ありませんでした。
nsakodjouj006.jpg

屋根全面の合板を解体します。
nsakodjouj007.jpg

新たな構造用合板に交換しながら、同時に垂木の補強工事も行います。
屋根木製下地の交換

結露防止効果を高めるため断熱材も敷き込みします。
屋根面の断熱材

簡易ダクト形状はそのまま生かして、厚物のガルバリウム鋼板で補強工事を行います。
nsakodjouj013.jpg

合板下地交換の完了後、電気式ヒーターも交換します。
屋根融雪ヒーターの交換

板金に変わる材料としまして、高耐久・高性能の「サンタックIB製 塩ビシート防水」を施工していきます。
すが漏れ対策完全防水工法

排水ドレンもシート防水と同質の塩ビ製で、熱風による溶着で一体化する完全防水工法です。
排水口も完全防水

外周の取り合いも板金とシート防水技術の融合した、いいとこ取りのハイブリッド工法です。
塩ビシート防水と板金役物
nsakodjouj023.jpg

屋根裏の通気をより良くするための換気フードも新たに設けています。
屋根換気対策

集合煙突はガルバリウム鋼板で包み補強・防水します。
集合煙突の板金補強工事

以上で全ての屋根リフォーム工事が完成です。
シート防水施工によりすっきりと仕上がり、見た目からも雨漏りの要素が全くないのがお分かり頂けるかと思います。
スノーダクト完全防水工法

塩ビ製シート防水は全て溶着により一体化しておりますので、屋根が1枚のシートで覆われたのと同じ状態です。
簡易ダクト屋根リフォーム

スノーダクト防水工法

排水路ヒーターも交換して、アルミ製ストレーナー(ゴミ避け)を設置しています。
nsakodjouj024.jpg

出隅や入隅など、角の処理も専用の部材により完璧に防水処理が可能です。
nsakodjouj0025.jpg

【施工前】
nsakodjouj026.jpg

【施工後】
nsakodjouj027.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。


屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで
お問い合わせは
info@matsumotoroof.com
までお気軽にどうぞ

| エムエコルーフシステム | 16時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |