FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区K様邸 無落雪屋根の板金葺き替え工事

真冬でも屋根工事頑張ってます!
今年は例年に比べ雪が多く、屋根工事が遅れて参ってます@_@;)

札幌市白石区で無落雪屋根の板金貼り替え工事です。
今回は集合住宅の一部の屋根工事で、
お隣さんとの絡みもあり同質材の長尺板金で施工しました。

もちろん当社のこだわり「すがもり」対策はバッチリやってます!ぜひご覧下さい!

施工前の状態
スノーダクト付近の画像ですが、屋根のトタン(長尺板金)がサビて穴があいています。
kyasih2.jpg

真冬の工事は除雪からスタートです。
kyashi3.jpg

既存の板金を剥がします。
kyashi4.jpg

既存の防水紙も全て剥がし、下地の状態を確認後、
アスファルト・ルーフィング(下葺き防水紙)を貼ります。
kyashi5.jpg

新しい長尺板金「平成ルーフ」を葺いていきます。

長尺板金には継手(ハゼ)がありますが、無落雪屋根などの傾斜の緩い屋根の場合、
このハゼの処理を怠るとすがもりが発生して、北国の屋根として機能しなくなります。

当社ではハゼテープと変性シリコンコーキングのダブル止水処理で対応しています。
ハゼテープはブチル系の性質で、シリコンコーキングとはあまり相性が良くないので、
直接触れないように気を使い施工します。
kyashi6.jpg

当社ではハゼテープを通常の1ミリ厚ではなく、
2ミリ厚を使用してさらに防水性を高めています。
kyashi7.jpg

スノーダクト(既存)部分との処理も、
捨て板と防水ブチルテープを併用して雨水の侵入を防ぎます。
お隣さんの屋根との取合い箇所も上手く処理します。
kyashi8.jpg

最後にひび割れしていた、ブロック製の集合煙突を板金で巻き作業が完了です。
kyashi9.jpg

きれいに仕上がりました!
kyashi10.jpg

〈施工前〉
kyashi1.jpg

〈施工後〉
kyashi11.jpg

〈施工後動画〉


春に向けて「すがもり」が心配な時期です。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから


| 屋根板金工事 | 14時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/105-539a91b5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。