fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市内で横葺き屋根の修理 外壁付近からの吹き込みによる雨漏り修理

今回の記事は、最近お問い合わせの多い「風の強い雨の時だけ、雨漏りする!」
といった例で、下屋根の外壁との取合い付近からの雨漏りでお困りの状態でした。

板金の立上がり部分の板金(雨押さえ役物)が複雑な形状をしています。
hafuku1.jpg

横殴りの風の強い雨の時だけ、横葺きの板金と雨押さえの役物の隙間から
吹き込み、雨漏りを発生させていました。
hafuku2.jpg

窓の下の板金も複雑な形状で、事故が起きやすい状態でした。
hafuku3.jpg

端の部分の雨押さえ板金を捲ってみると、雨水が侵入して木下地が腐っていました。
hafuku4.jpg

既存の板金 横葺きを撤去してから工事スタートです。
外壁取合いの雨押さえを、吹き込みしにくい構造にする為、木下地を作成します。
hafuku5.jpg

複雑な形状がシンプルになるように下地を作成します。
hafuku6.jpg

新しい横葺きに葺き替えします。
hafuku7.jpg

新しく加工した雨押さえ板金役物を取り付けします。
板金の継手はコーキングによる止水処理を行います。
hafuku8.jpg

仕上げコーキングの密着性を良くするためプライマーを塗布します。
hafuku9.jpg

仕上げコーキングを施工して、工事が完了です。
hafuku11.jpg

〈施工後〉
hafuku10.jpg

〈施工後〉窓の下も事故が起きにくいように、凹凸を無くしてスッキリとさせました。
hafuku12.jpg

〈施工前 全体図〉
hafuku13.jpg

〈施工後 全体図〉
hafuku14.jpg

〈施工後の動画〉屋根の形状はシンプルなモノのが一番良いです!


屋根のお悩み全て解決します。
屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根板金工事 | 19時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/118-d904ecc7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT