PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区 T様邸 屋根シート防水リフォーム工事

札幌市清田区で屋根防水の貼り替え工事です。

施工前の画像です。各所で雨漏り状態でした。
既存は鋼板防水で鉄板の表面に塩ビを被覆した材料を使用していました。
屋根上の雨水の流れが悪く、長期にわたり水が溜まった状態でした。
sekta0.jpg

表面の塩ビの層が剥がれ、中の鉄板がむき出しになり各所で腐食して錆びていました。
sekta1.jpg

外周の笠木鋼板を外すと、受け下地の金物も錆びていて
一部は形状がわからなくなるくらい粉々になってしましました。。
笠木に継手部分の防水処理が甘く、こちらも長期に渡り雨水が浸入していたようです。
sekta2.jpg

廃材処理費と撤去費が掛かるため、屋根の痛みが酷くない場合は、
既存の防水層を残して、上から新たに被せる工法で防水リフォーム工事を行いますが、
今回は屋根の状態が悪いため、全ての防水層を撤去する方向で決めました。
sekta3.jpg

下屋根の外壁取合いの防水処理が甘く内部に雨水が侵入していました。
水切り・受け下地も錆びていて、再利用不可能です。
sekta4.jpg

下屋根も手摺や水切りなど、
屋根に緩衝する部分は全て一旦撤去してから工事を進めます。
sekta5.jpg

新規にサンタックIBシート防水を施工します。
今度はきちんと排水口に雨水が流れるように、
傾斜のついた特注の勾配断熱材で屋根の傾斜の調整をします。
画像でも排水口に向かって、斜めに施工されているのがわかります。
sekta6.jpg

IBシートを部分的に留める(溶着)する為のディスク板を止付けして、
IBシートを張り込みします。
sekta7.jpg

下屋根も本屋と同様にIBシートを張り込みします。
sekta8.jpg

立上がりにもIBシートを施工して、屋根全面をIBシートで覆います。
sekta9.jpg

屋根上に設置された換気小屋からの吹き込みによる雨漏りも確認出来ましたので、
換気小屋を一旦外して徹底的な防水処理をします。
sekta10.jpg

IBシートを貼り、取合い部をコーキング処理します。
sekta11.jpg

さらにフィンからの吹き込みによる雨漏り対策として、
換気小屋内部に特注の水切りを取付けしています。
sekta12.jpg

IBシート張込み完了後に笠木を復旧します。
笠木の受け下地が腐食して再利用できませんので、
工場で厚物のガルバリウム鋼板をワンオフ加工して製作しました。
sekta13.jpg

笠木を復旧していきます。
継手部分はコーキングによる防水処理を施します。
sekta14.jpg

下屋根の外壁との取合い部です。
水切り取付け前にコーキングで一次防水処理をします。
sekta15.jpg

外壁の水切りも、ガルバリウム鋼板で新たに製作して取付けします。
プライマーを塗布して仕上げのコーキング処理をします。
sekta16.jpg

手摺、保護マットを復旧して全ての工事が完了です。
今回も内容・仕上がり共に納得のいく工事が出来ました!
sekta17.jpg

〈下屋 施工後〉
sekta18.jpg

〈本屋 施工前〉
sekta19.jpg

〈本屋 施工後〉
sekta20.jpg

〈換気小屋 施工前〉
sekta21.jpg

〈換気小屋 施工後〉黒のガルバリウム鋼板を貼って仕上げました。
sekta22.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。
防水・板金は問いません。
マツモトルーフは完全自社施工で、全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/123-9ecfd604

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。