PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市西区U様邸 すがもり対策 屋根リフォーム工事

札幌市西区のU様邸ですが漏り対策屋根工事です。

お客様曰く
「屋根上に積雪の無い状態では強い雨でも雨漏りはしないが、
冬の積雪状態で気温が緩んだ日や、雪解け時期になると毎年雨漏りする」
との事でした。

調査を進め、板金長尺の継手部分から雨水が建物内に侵入する
「すが漏り」が原因と断定いたしました。

すが漏りを完璧に防ぐには、継手部分が無い完全防水工法しかありません。
当社の断熱防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

すが漏りの調査をしながら、同時に屋根下地の状態も確認します。
miut1.jpg

調査を進めて行くと、排水ドレンの配管にも不具合が確認できました。

横向きに繋がれた排水配管が、本来の水の流れとは逆方向に傾斜がついていて、
配管内に常時水が溜まった状態でした。

水平器で確認するとこんな感じです。。
miut2.jpg

緩衝している木材を一部切り込み、高さを調整し直しバンドでしっかりと固定します。
miut3.jpg

調整後の排水口の画像です。約5センチほど高さが上がりました。
これできれいに雨水が流れるはずです。
miut4.jpg

続いて完全防水の屋根リフォーム工法「エムエコルーフシステム」の下地工事です。
既存の板金の上からカット済みの断熱材をはぜ(板金の突起)の間に敷き込み
屋根面を平らにします。配管調整のために撤去した部分の野地板も元に戻します。
miut5.jpg

その上から緩衝材を敷き込み、外周の端部にはシート防水を押さえるための
塩ビ積層鋼板を取付けします。板金淀との取合いには両面ブチル防水テープを挟み、
防水処理しています。
miut6.jpg

画像の手前がサンタックIBシートを貼った状態で、奥が下地の状態です。
下地の上に丸いディスク板が見えますが、このディスク板にIBシートを溶着して
固定する、機械的固定という工法です。
フクレが無く建物の動きにも強いのがこの工法の特徴で、木造住宅には最適な工法
です。
miut7.jpg

完全防水でプールになっても雨漏りしない屋根が完成です。
miut8.jpg

外周の板金淀との取合い部です。
意匠性を意識してスッキリと納めています。
miut9.jpg

〈施工前〉
miut10.jpg

〈施工後〉
miut11.jpg

〈施工前〉
miut12.jpg

〈施工後〉
miut13.jpg

〈施工前〉
miut14.jpg

〈施工後〉
miut15.jpg

〈下屋 施工前〉
miut16.jpg

〈下屋 施工後〉
miut17.jpg

〈施工後 動画 本屋編〉


〈施工後 動画 下屋編〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/125-3fc55416

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。