PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市豊平区N様邸 屋根すがもり修理 完全防水工事

札幌市豊平区で、屋根すが漏り修理工事です。

春先に工事依頼を頂いてから、数ヶ月お待ち頂いての工事です。。
お待たせして申し訳ございませんでした。

春先に調査にお伺いした時の写真です。
サーモグラフィで雨漏り(すがもり)場所を特定しました。
nisnakt1.jpg

すがもり以外にもスノーダクト内の融雪ヒーターの設置方法にも問題があり、
見直す必要がありました。スノーダクトの側面からヒーターの配線が出ているのが
写真で確認出来ます。スノーダクト部分は集中して雨水が流れる場所なので
雨漏りの心配や漏電の危険性もありました。
nisnakt2.jpg

今回も完全防水工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

痛んでいる板金を撤去して、同時に木下地の状態も確認します。
nisnakt3.jpg

外周部の板金を新しいガルバリウム鋼板に交換します。
nisnakt4.jpg

屋根全面をサンタックIBシートで覆うため、
外周端部にIBシートを押さえる為の鋼板を取付けします。
両面ブチルテープを併用して防水性能を高めています。
nisnakt5.jpg

断熱材と緩衝材を敷き込み、IBシートを固定するためのディスク板を取付けて、
下地が完了です。
平面のIBシートを張り込みします。
nisnakt6.jpg

続いて立ち上がりのIBシートを施工します。
nisnakt7.jpg

屋根全面をIBシートで覆い、完全防水工事が完了です。
nisnakt8.jpg

融雪ヒーターも新しい物に交換しています。
問題のあった配線方法も見直し、電気ボックスを外側の屋根の側面に移設しました。
nisnakt9.jpg


〈集合煙突 施工前〉
鉄製のアングルで固定されていましたが、状態が悪くサビていました。
nisnakt10.jpg

〈集合煙突 施工後〉
サビた鉄製のアングルを撤去して、
カラーのガルバリウム鋼板を巻き補強と意匠性を高めました。
nisnakt11.jpg

〈施工前〉
nisnakt12.jpg

〈施工後〉
nisnakt13.jpg

〈施工前〉
nisnakt14.jpg

〈施工後〉
nisnakt15.jpg
nisnakt16.jpg
nisnakt17.jpg
nisnakt18.jpg


〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/128-9bb98fd5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。