PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市北区H様邸 雪庇対策工事

今回は、最近お問い合わせの多い雪庇対策工事を紹介致します。

雪庇対策前の写真です。
shihashisep1.jpg

新築当時は恐らく粉雪を想定してして、積もった雪が風で飛んで行く予定でした。
ところがここ数年、地球温暖化の影響か札幌の雪質も徐々に変化して、湿ったベタ雪が
積もるようになり、風に押されるとこのような大きな雪庇ができてしまいます。

雪庇による近隣トラブルも多いようで、
弊社にも雪庇対策のご相談が年々増加しております。

弊社の雪庇対策工事は、自然の力(風や日光)を利用して雪庇を軽減する方法で
設計されております。ヒーターの設置や大工工事などで大きな塀を設ける事で、
完璧に近い雪庇対策を行う事も可能ですが、維持費の問題やコストの問題から
手軽に出来る工事ではありません。

マツモトルーフオリジナル「雪庇防止ユニット」は弊社で製作・販売・取付工事を
全て一括して行う事により出来るだけ手軽に、低価格で雪庇を軽減する事を可能とした製品です。

雪庇防止ユニットを取付け取付けするには「笠木」と呼ばれる外周の平らな部分が
必要になりますが、写真のお宅のように屋根が端までハネ出しており、笠木が設置
されていないケースも多々あります。
その場合、雪庇防止ユニット取付け工事の他に笠木の新設工事が必要になります。
shihashisep2.jpg

笠木の新設工事を進めます。
先ずは既存の板金を捲り、立ち上げていきます。
shihashisep3.jpg

続いて木材を取付け笠木を新設していきます。
木材の上に両面粘着性で防水性能の高い高品質な防水紙を貼ります。
shihashisep4.jpg

仕上げのガルバリウムカラー鋼板(板金)を取付けします。
shihashisep5.jpg

笠木の新設工事が完成です。
shihashisep6.jpg

工場で制作した、雪庇防止ユニットを組み立て取付けします。
shihashisep7.jpg

取付け完了です。
shihashisep8.jpg

〈施工前〉
shihashisep1.jpg

〈施工後〉
shihashisep9JPG.jpg

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 雪庇対策工事 | 18時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/135-76cc8592

PREV | PAGE-SELECT | NEXT