PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市近郊 M様邸 すが漏り対策工事

今回は昨年の秋に施工した例で複雑な形状の
無落雪屋根(スノーダクト)のすが漏り対策工事を紹介致します。

無落雪屋根ですが、スノーダクトが端に寄っている少し変わった形状でした。
hormorit1.jpg

雨水が集中する「谷」があったり
hormorit2.jpg

R部分があったりと屋根屋さん泣かせの複雑な形状です。
hormorit3.jpg

建物の内部からも確認しましたが、
屋根裏の木材に濡れた後が多数ありました。
また、排水の縦パイプも曲がりが多く、雨水の流れなどを考慮すると
心配な箇所でした。
hormorit4.jpg

過去に複数の業者に調査や補修を依頼したようですが、
特定した原因は掴めず、お困りの状態でした。
弊社も徹底的に調査します。
hormorit5.jpg

最新鋭のサーモーグラフィも併用して、原因を突き止めました。
原因は1箇所ではなく複数見つかりました。
雨漏りや、すが漏りの場合、不具合箇所が複数ある事は多々あります。
hormorit6.jpg

全面的な屋根の見直しが必然となり、
弊社の完全防水工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

早速、工事に取り掛かります。
下地の状態を確認してから、断熱材を敷き込みます。
hormorit7.jpg

外周の立上がりや笠木部分を含む全面に断熱材を敷き込みます。
hormorit8.jpg

サンタックIBシートを部分的に溶接するための、ディスク板を取付けします。
hormorit9.jpg

外周部には木材を取付けしますが、
R部分は木材が良くなじむように切れ目を入れます。
hormorit10.jpg

自然なR部分の処理となりました。
hormorit11.jpg

外周部の木材を板金(ガルバリウム鋼板)で包んでいきます。
hormorit12.jpg

原因の1つでもあった排水ドレンですが、
「エムエコルーフシステム」の場合、防水シートと同質の
塩ビ製のパイプを溶接加工した一回り小さなモノを、
既存のパイプの中に差し込み排水する工法となっています。

先程の建物内部の写真の通り、排水縦パイプの曲がり部にも
不安を感じましたので、ジャバラ形状の塩ビパイプをさらに溶接して延長し、
曲がり部分の下まで届くようにワンオフ製作しました。
hormorit13.jpg

製作した排水ドレンを差し込みます。
これで、既存のパイプの継手の問題もクリア出来ました。
hormorit14.jpg

高耐久性・高品質のサンタックIBシートを敷き込みします。
hormorit15.jpg

立上がりや笠木も全てサンタックIBシートで包みます。
hormorit16.jpg

〈施工前〉
hormorit17.jpg
〈施工後〉
hormorit18.jpg

〈施工前〉
hormorit19.jpg
〈施工後〉
hormorit20.jpg

〈施工前〉
hormorit21.jpg
〈施工後〉
hormorit22.jpg

〈施工前〉
hormorit23.jpg
〈施工後〉
hormorit24.jpg

〈施工後 各所〉
hormorit25.jpg
hormorit26.jpg
hormorit27.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/144-718bb5d1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT