FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市清田区F様邸 屋上防水リフォーム工事

札幌市清田区で下屋根の防水リフォーム工事です。

経年劣化による防水層の痛みと、外周端部のアルミ製のアングル形状の笠木からの
雨水の浸入が見られ、全面的な改修工事が必要な状況でした。
fthkhrfbg1.jpg

特に外周端部のL型笠木は、ビス留めによる固定方法が一般的で、
この部分の止水処理が甘かったり、経年によるビスの浮きが出たりと
問題の多い箇所でもあります。
fthkhrfbg2.jpg

L型笠木を撤去して、状況を確認すると‥
長期にわたる雨水の浸入により、下地のALC板が破壊されていました。
fthkhrfbg3.jpg

一部、外壁のタイルも剥がれ落ちそうな深刻な状況でしたので、
外周端部はタイルの上からガルバリウム鋼板で補強して、
下地を作成する事としました。
fthkhrfbg4.jpg

手摺を一旦撤去して、防水下地の作業です。
緩衝材を敷き、サンタックIBシートを固定するためのディスク板を留め付けします。
fthkhrfbg5.jpg

サンタックIBシートを敷き込みます。
fthkhrfbg6.jpg

外壁との取り合い部は、古いコーキングを撤去して新たにコーキングを
打ち直しします。
fthkhrfbg7.jpg

手摺を復旧します。
fthkhrfbg8.jpg

きれいに清掃して作業が完了です。
fthkhrfbg9.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg10.jpg
〈施工後〉外周端部の処理は完璧です!
fthkhrfbg11.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg12.jpg
〈施工後〉
fthkhrfbg13.jpg

〈施工前〉
fthkhrfbg14.jpg
〈施工後〉
fthkhrfbg15.jpg

〈施工後詳細〉
fthkhrfbg16.jpg
fthkhrfbg17.jpg
fthkhrfbg18.jpg

〈施工後 動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 20時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/152-eee14c18

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。