FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市近郊 K様邸 すがもれ修理工事 完全防水工法

札幌市近郊ですがもれ修理工事です。

無落雪形状(スノーダクト)の屋根で、
築20数年ほどの木造住宅ですが、長い期間「すが漏れ」でお困りの状態でした。
建てた工務店様や、地元の屋根業者(板金業者)による補修が
数回施されたようでしたが「すがもれ」の解決には至らなかったようです。

弊社で調査を進めていくと、複数の原因がある事がわかりました。
スノーダクト周辺の写真ですが、スノーダクトの側面が凸凹しているのが、
確認できます。
こちらは施工時の影響による部分が大きいですが、凸凹になった側面を
押さえるため何箇所も釘を打っています。
この釘が、スノーダクトの伸縮(鉄板は熱伸縮します)により浮いている状態でした。
屋根の不具合

続いて、スノーダクトの側面の角部分から雨水(雪解け水)が侵入した
跡が確認出来ました。
また、コーキング材の硬化・破断も見つかりました。
経年劣化による影響が大きいです。
すがもり状況

その他にも笠木板金の継ぎ手(斜めの部分)から、
角を走った雨水が屋根板金の内部に侵入している状態でした。
板金屋根の性質上、どうしても折り込んだ角が発生してしまい、
コーキング等に頼る施工になりがちですが、
このコーキングが切れると雨漏りの原因となる事が多いです。
笠木すがもり状況
この他にも排水口廻りのコーキングの劣化・切れや、
オーバーフローによる漏水の跡も確認出来ました。

複数の原因が判明しましたので、修理方法を検討して頂きます。

完璧な工法をご希望でしたので、弊社の完全防水リフォーム工法
「エムエコルーフシステム」を採用して頂く事になりました。
板金の屋根ではなく、高品質・高耐久性のサンタックIBシートを使用した
塗装やコーキングの補修などのメンテナンスが一切必要ない完全防水工法です。

全ての部分を溶接により接合するため、プール状態になっても雨漏り(すがもれ)
が一切無い最新鋭の工法です。
kntyskgrtsh4.jpg

〈施工前〉
スノーダクト屋根工事前
〈施工後〉
スノーダクト屋根すがもり対策後

〈施工前〉
スノーダクト屋根施工前2
〈施工後〉
スノーダクト屋根施工後

〈施工前〉
スノーダクト屋根施工前3
〈施工後〉
スノーダクト屋根完全防水工法施工後

〈施工前〉
kntyskgrtsh11.jpg
〈施工後〉
kntyskgrtsh12.jpg

〈施工後 詳細〉
kntyskgrtsh13.jpg
kntyskgrtsh14.jpg

施工後の見た目からも、雨漏り(すがもれ)の要素が一つも無いのが
お分かり頂けるかと思います。
サンタックIBシートを溶接接合していますので、屋根全体が1枚のシートで
覆われているのと同じ状態です。
また、排水口や縦のパイプは塩ビ管が使用されているケースがほとんどですので、
IBシート(塩ビ製)と排水口も溶接による接合となります。

オーバーフローはありえませんので、
スノーダクトを浅く加工して、ゴミが溜まりづらい形状にしています。

「エムエコルーフシステム」
全ての箇所でコーキングに頼らない施工が可能な完全防水工法です。

〈施工後 動画〉




屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/160-0925f8ec

PREV | PAGE-SELECT | NEXT