PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北広島市S様邸 無落雪屋根(フラット屋根)のすがもり対策工事

北広島市ですがもり修理工事です。

屋根の傾斜がフラットに近い形で、各所で雪解け水が溜まってプール状態でした。
特に集合煙突周りは雪が引っ掛かりやすく、条件が悪かったようです。

札幌市近郊ではここ数年、粉雪ではなくベタ雪が積もる事が多くなり、
暖気で真冬に雨が降る事もあります。
「すがもり」の事故は今後も増える予感がします。。
snnndaniski1.jpg

室内の天井から水滴が落ちてきている状態でした。
サーモグラフィーでも調査したところ、やはり集合煙突周りに大きな不具合が出ている事が判りました。
snnndaniski2.jpg

集合煙突周りの三角小屋根の板金長尺の継手が主な原因でした。
数回に渡り補修した跡が見られましたが、効果は一時的な様子でした。
snnndaniski3.jpg

様々な「すがもれ」の修繕方法を検討していただきましたが、
弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。
従来の木造住宅に多く採用されている板金長尺屋根では無く、塩ビシート防水を使用した完全防水工法です。

最初に外周の傷んだ古い板金を剥がし、下地の調整をします。
snnndaniski4.jpg

下地の調整後に既存の長尺板金の上から、カットした断熱材を敷き込み絶縁シートを貼ります。
snnndaniski5.jpg

サンタックIBシートを部分的に溶接するためのディスク板を、下地の木材にビスで留め付けします。
下地の完了後、防水シートを敷き込みします。
全ての部位でボンドではなく、溶接にて接合していますので完全防水が可能な工法です。
snnndaniski6.jpg

外周部分は意匠性も考慮して、新しいガルバリスム鋼板に交換します。
snnndaniski7.jpg

集合煙突はサンタックIBシートを立上げてからガルバリウム鋼板で巻き、補強・止水を行います。
snnndaniski8.jpg

〈施工前〉
snnndaniski9.jpg
〈施工後〉
snnndaniski10.jpg

〈施工前〉
snnndaniski11.jpg
〈施工後〉
snnndaniski12.jpg

〈施工後〉
snnndaniski13.jpg

snnndaniski14.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 22時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/166-87b855cb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT