PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市清田区T様邸 無落雪屋根のすがもり対策工事(スノーダクト)

札幌市清田区で無落雪屋根(スノーダクト)のすがもり対策工事です。

お見積前の現地調査にお伺いしたところ、各所で不具合が見つかりました。

道央圏で多く見られる通常のスノーダクト形状の板金屋根です。
無落雪屋根サビ

経年劣化によるコーキングの劣化が各所で目立ちました。
u無落雪屋根の劣化

板金の立ち上がり部分のコーキングの破断した状態です。
板金屋根の場合、定期的に塗装工事やコーキングの見直し工事を行わなければなりません。
特に無落雪屋根(スノーダクト)形状の屋根の場合、冬場は常時積雪状態となりますので、三角屋根などに比べて、板金の痛みも早くメンテナンスサイクルは早めが望ましいです。
スノーダクトのコーキング劣化

板金の熱膨張によるものと紫外線劣化が主な原因です。
北海道は気温差が激しいので、屋根表面は特に過酷な状況になります。
スノーダクトのコーキング劣化2

20年以上経過した屋根で、すがもり発生の経緯もありましたので、
屋根全体の見直し(葺き替え)を検討していただきました。

最終的に弊社の代名詞とも言える、塗装などのメンテナンスが必要ない無落雪屋根に最適な工法「エムエコルーフシステム」を選択していただきました。
従来の板金屋根(ガルバリウム鋼板)ではなく、塩ビ製(サンタックIBシート)のシート防水を屋根材として使用した工法です。

下地の作成状況です。
無落雪屋根すがもり対策工事1

サンタックIBシート防水、敷き込み中。
詳しくはこちらから
サンタックIBシート防水

下屋根も同様に工事しました。
サンタックIBシート防水2

〈施工前〉
無落雪屋根すが漏れ対策工事前
〈施工後〉
無落雪屋根すが漏れ対策工事施工後

〈施工前〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工前2
〈施工後〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工後2

〈施工前〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工前3
〈施工後〉
無落雪屋根のすが漏れ対策工事施工後3

〈施工前〉
utgututiiiyno14.jpg
〈施工後〉
utgututiiiyno15.jpg

〈下屋根 施工前〉
utgututiiiyno16.jpg
〈下屋根 施工後〉
utgututiiiyno17.jpg

〈立上り部分 施工前〉
utgututiiiyno18.jpg
〈立上り部分 施工後〉
utgututiiiyno19.jpg
全て溶接により処理していますので、見ての通りコーキングに頼るところは一切ございません。(外壁との取り合い部は除く)

〈施工後 詳細〉
エムエコルーフシステム施工後1

〈施工後 排水ドレン詳細〉
utgututiiiyno21.jpg
排水ドレンも塩ビ製を使用していますので、こちらも溶接のよる接合となります。
(コーキングは一切使用しておりません!)

耐用年数20年以上で、塗装工事・コーキング工事の必要ない
ノーメンテナンスの屋根が完成です!


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 18時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/171-14ed6ad0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT