PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

札幌市西区S様邸 Sハイム 屋根雨漏り修理工事

札幌市西区で大手ハウスメーカーの雨漏り修理工事です。

ご自宅にお伺いしてお話を伺うと、天井からの雨漏れが2箇所ほどある状態でした。
niswkadasekituyu001.jpg
niswkadasekituyu00.jpg

1箇所はハウスメーカーでの補修工事も行ったようですが、残りの1箇所は原因不明の雨漏りとの事で、調査を進めさせていただきました。

こちらのタイプの屋根は元々、ハウスメーカー独自の工法が採用されており、
塩ビ製のシートと塩ビを被覆した鋼板を融合する形での防水工法です。

既存の防水の状況も考慮して、シート防水での全面葺き替えをご提案させていただきました。

工事前にしっかり除雪です。
弊社では、雨漏り・すがもり修理が工事の大半を占めますので、冬季間も問題なく工事を行なっております。
niswkadasekituyu01.jpg

帯状の板金やコーキングを撤去して、下地の調整を行います。
niswkadasekituyu02.jpg

帯状の板金を撤去すると、不具合箇所が見つかりました。
niswkadasekituyu03.jpg

無落雪形状の屋根ですが、排水口への雨水の流れが悪く対策が必要な状態でした。
niswkadasekituyu04.jpg

そこで、屋根の傾斜を利用して断熱材を排水口に向かって斜めに設置。
水勾配を調整しました。
niswkadasekituyu05.jpg

サンタックIB製の塩ビシート防水の下地を作成していきます。
niswkadasekituyu06.jpg

サンタックIB製シート防水敷き込み状況です。
niswkadasekituyu07.jpg

外周の立ち上がりの処理ですが、笠木を脱着してシート防水を巻き込み
さらにコーキングでの防水処理も施しています。
niswkadasekituyu08.jpg

続いて、バルコニー屋根と下屋根の工事も同様に進めていきます。
niswkadasekituyu09.jpg

残り1箇所の不具合箇所も見つかりました。
niswkadasekituyu10.jpg

既存の防水を剥がして、木下地の状態を確認します。
強度を確認して、濡れた木材を乾かしてから作業再開です。
niswkadasekituyu11.jpg

エアコンの室外機などもありましたが、移動しながら作業を進めます。
niswkadasekituyu12.jpg

立ち上がりのシート防水施工中です。
niswkadasekituyu13.jpg

手摺の下部には、手摺補強&止水水切をワンオフ製作して取り付けしました!
弊社のリフォーム工事は新しい部材に交換するだけではなく、
今後はこれまで以上に長持ちする屋根を提供出来るように日々努力しております!
niswkadasekituyu14.jpg

ベランダの保護マットを復旧して、全ての工事が完了です。
niswkadasekituyu15.jpg

〈施工前〉
niswkadasekituyu16.jpg
〈施工後〉
niswkadasekituyu17.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 18時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/174-4b3aa4e1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT