PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌市白石区H様邸 屋根の落雪問題を解決!

札幌市白石区で三角屋根のリフォーム工事です。

今回はお隣さんへの落雪問題の見直しと、スノーストッパールーフの不具合を解決致しました!

傾斜のある三角屋根でしたが、落雪を防ぐため新築時から「スノーストッパールーフ」が施工してありました。
雨漏りや、「すが漏れ」は無かったようですが、雪の重みで「スノーストッパールーフ」のハゼ(板金同士の継手で高さがあり雪を止める部分)が各所で倒れてしまいお困りの状態でした。
(※今回、ハゼの倒れた部分の修繕費用は火災保険の適応となりましたので申請してお客様のご負担を減らしました。)
また、北面側の屋根の氷柱問題や、ストッパールーフとはいえ風向きなどの影響で積雪した屋根の雪がせり出す事もあり、
お隣さんへの落雪対策を検討されていました。

弊社の無料診断にて、数パターンのプラン・お見積もりを提出させていただきご検討頂きました。

最終的には南屋根面は従来と同じくストッパールーフの施工見直し、北屋根面は傾斜屋根の落雪対策では間違いない融雪工法(簡易ダクト工法)を採用して頂きました。

工事開始です!
先ずは既存板金屋根(スノーストッパールーフ)の解体作業です。
ストッパールーフ解体

続いて外断熱の施工です。
より高い断熱効果を狙うため高気密の3種b(20ミリ)の製品を2層貼りしてしています。
屋根断熱施工

ゴムアスルーフィングの施工。
屋根ゴムアスルーフィング施工

屋根外周の破風や淀の板金も全て解体して新しく交換します。
屋根破風解体

スノーストッパールーフ施工中。
ハゼの上部のシルバーの鉄板(厚物)が補強材です!
近年では雪質も変わり札幌市内でも重いベタ雪が降るようになりました。
ストッパールーフ施工時には補強材を入れておいた方が間違いありません!
ストッパールーフ補強材

北面の融雪工法(簡易ダクト)の下地工事です。
かなりの積雪荷重がかかる部分ですので、屋根の上に乗せるだけの簡易的な下地ではなく、建物の構造体(母屋など)にしっかりと固定しながら簡易ダクト下地を作成していきます。
簡易ダクト木下地

簡易ダクトの下地が完成です。
屋根融雪下地

屋根面と同じく高気密の外断熱の上からルーフヒーターを施工します。
ルーフヒーターの直下に断熱材が施工してありますので、より効率よくヒーターが機能します!
屋根融雪簡易ダクトヒーター

簡易ダクト式屋根工事では、一般的な無落雪屋根(スノーダクト)と同じく排水ドレンが必要になります。
今回の工事では、簡易ダクト部分(屋根の雪を溜めて電気式ヒーターで雪を溶かす部分)に完全防水工法のサンタックIB製の塩ビシート防水を採用しています。
木造戸建ての場合、排水管には塩ビ管が一般的に使用されます。
これにより塩ビ管とシート防水の溶着接合が出来ますので、コーキングなどに頼る事なく、より信頼性の高い施工が可能となります!
屋根融雪工法排水ドレン

簡易ダクト部分にサンタックIB製シート防水、「エムエコルーフシステム」施工中。
エムエコルーフ簡易ダクト

新設した簡易ダクトの外部の外壁には意匠性の良いガルバリウム鋼板を施工しています。
屋根融雪工法板金

簡易ダクトの上部の屋根は雪や雨が溜まる事はありませんので、意匠性を重視して縦張りのガルバリウム製長尺板金を施工しました。
屋根ハイブリット工法

交換後の破風・淀板金です。
201611kgouhrti24.jpg

造作した簡易ダクトには換気口を設け、通気を確保します。
屋根換気口施工

工事が完了した北面側の屋根です。
板金とシート防水の技術が融合した、弊社得意のハイブリット工法です。
屋根融雪工法全体

シート防水の「エムエコルーフシステム」はコーキングに頼る事なく完全防水が施工できますので、無落雪屋根には最適な工法です。
屋根融雪工法詳細
201611kgouhrti17.jpg
201611kgouhrti18.jpg
201611kgouhrti19.jpg

新設した排水管には消費電力を極力控えるために、サーモ付きの排水路ヒーターを設置しています。
簡易ダクト排水路ヒーター

排水管は地面下の配管に接続しています。
簡易ダクト配管

露出した配管には保温材を巻き、排水路ヒーターと同様に凍結対策を施しています。
簡易ダクト設備配管

排水口の清掃や点検のための昇降用タラップも新設しました。
屋根昇降用タラップ

降雪時の写真ですが、電気式ヒーターの熱で雪が溶けているのが確認できます。
屋根融雪工法降雪状況
南面のスノーストッパールーフの施工後です。
屋根ストッパールーフ
スノーストッパールーフ施工後
弊社のスノーストッパールーフの工法は、外部に露出するコーキングには頼らない工法で施工しています。
スノーストッパールーフ施工後
201611kgouhrti23.jpg

同じ角度からのビフォーアフターです!
〈施工前〉
201611kgouhrti41.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti42.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti43.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti44.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti45.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti46.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti47.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti48.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti49.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti50.jpg

〈施工前〉
201611kgouhrti51.jpg
〈施工後〉
201611kgouhrti52.jpg

屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/179-a1dd5345

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。