FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石狩市O様邸 落雪と雪庇の問題を解決しました

札幌市近郊の石狩市で落雪と雪庇の問題を解決しました。

三角屋根の戸建てですが、屋根の塗装をしても雪の滑りがが悪く、
塗装も直ぐに剥がれてしまうとのご相談をお受けしました。
tokibugosnsi01.jpg

遠目で見ると綺麗に見える屋根ですが、塗装工事後約1年であちこちが剥がれている状態でした。
また、棟(屋根の頂点)の換気システムが機能しておらず、屋根裏に暖かい空気が篭った状態で、
結露により屋根の雪が凍りつきやすい状態でした。
tokibugosnsi02.jpg

新築当時から30年近く、屋根の葺き替えを行なっておりませんでしたので、
屋根の葺き替えと換気の見直し、雪庇対策も同時に施す内容でご提案させていただきました。

古い鉄板を解体します。
tokibugosnsi03.jpg

板金同士の重ね部分や、屋根を固定していた釘が錆びていました。
屋根板金の結露により、塗装も長持ちしない状況だったと思われます。
tokibugosnsi04.jpg

屋根裏の熱を遮断するため、断熱材を敷き込み防水紙を貼ります。
tokibugosnsi05.jpg

傾斜がある屋根ですので、結露水は水下に流れていたようです。
腐食した部分の木材を交換して、新しい板金(ガルバリウム鋼板)で包みます。
tokibugosnsi06.jpg

屋根材は、より雪の滑りを重視して横葺き形状から縦葺き形状の屋根に変更しました。
tokibugosnsi07.jpg

正面の小屋根廻りも外壁を一旦剥がして、手順通りに進めます。
tokibugosnsi08.jpg

板金を外壁の中に立ち上げます。
tokibugosnsi09.jpg

外壁を復旧します。
tokibugosnsi10.jpg

【雪庇防止ユニット】を設置する面には、木下地を組み笠木を新設します。
tokibugosnsi11.jpg

ガルバリウム鋼板で笠木を包みます。
tokibugosnsi12.jpg

工場で製作した【雪庇防止ユニット】を設置します。
tokibugosnsi13.jpg

tokibugosnsi14.jpg

続いて棟換気をしっかりと行うため、木材に穴を開けていきます。
tokibugosnsi15.jpg

専用の換気用部材を取り付けします。
tokibugosnsi16.jpg

仕上げ板金の下地となる、厚物の板金(ガルバリウム鋼板)を取り付けします。
tokibugosnsi17.jpg

仕上げの板金(ガルバリウム鋼板)で包んで、棟換気システムの完成です。
tokibugosnsi18.jpg

以上で全ての鵜屋根工事が完成です。
tokibugosnsi19.jpg

tokibugosnsi20.jpg

tokibugosnsi21.jpg

【施工前】
tokibugosnsi22.jpg
【施工後】
tokibugosnsi23.jpg

【施工前】
tokibugosnsi24.jpg
【施工後】
tokibugosnsi25.jpg

【施工前】
tokibugosnsi26.jpg
【施工後】
tokibugosnsi27.jpg

【施工前】
tokibugosnsi28.jpg
【施工後】
tokibugosnsi29.jpg

【施工後 動画】


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根板金工事 | 18時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/188-9e7043c7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT