fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近年の「すが漏れ」の状況

近年の「すが漏れ」の状況についてお伝えしたいと思います。

すが漏れ 

これまでは「すが漏れ」の主な原因として、室内の暖気が屋根裏へ上がり、屋根に積もった雪を解かしてしまい、夜間など気温が下がった雪解け水が氷となります。
屋根には傾斜があるので、屋根の先端部分に氷のダムが出来てしまい、行き場が無くなった雪解け水が、板金屋根の「はぜ」と呼ばれる継手部分から毛細管現象で建物内へ侵入するのが「すが漏れ」の原因とされていました。
簡単にまとめますと、これまでは天井上の断熱(屋根断熱のケースもあり)や屋根裏の換気に不具合があることによって「すが漏れ」が発生するという事ですが、近年では築浅物件(瑕疵保険対象中の築10年未満の住宅)でも「すが漏れ」事故が多数起きています。
高断熱で高気密、屋根裏の換気がしっかりととれた新築でも「すが漏れ」が発生しているのです。
お客様の立場になって考えてみましょう。
築10年未満の住宅で「すが漏れ」(雨漏り)とか、ありえません。
気象条件が悪いなら(台風など災害は除く)その事も考慮して、最善の工法を検討するのが本当のプロの仕事だと思います。

image1 1280


IMG_7744.jpg

IMG_7751.jpg

では、原因は何か?
原因がわからないと「すが漏れ」(雨漏り)は止めれません。

マツモトルーフでは「気候変化」による原因が大きいと考えます。
近年では真冬に大雨が降ったり、水分の多く含んだ雪が積もります。
また、札幌市内では雪が積もる時期が遅くなり、外気温が氷点下でかなり冷え込んでいるのに、日中は晴天により積雪の無い部分の板金が熱せられて雪が解けて夜間に凍結するなど氷を成長させます。
つまり、これまでと気象条件が大きく変わり、建物外部からの様々な影響により、氷のダムを成長させていると考えます。
これからの北海道(積雪地域)の無落雪屋根(スノーダクト形状・フラット屋根)は継手(はぜ)のある板金屋根(ガルバリウム鋼板)では、完璧に水漏れが防げない時代になるでしょう。

また、今年は特に「スノーダクト」が凍り付き、雪解け水が溢れてしまう「オーバーフロー」事故も多発しています。
凍りつき防止対策のため、「スノーダクト」内にヒーターを設置するケースもございますが、ヒーターの熱で解けた「スノーダクト」周辺の雪が氷のダム(トンネル)となり、「すが漏れ」を誘発するケースも増えています。

スノーダクト トンネル

一般的な屋根リフォーム業者様から「防水性能の高い板金屋根で施工する」「板金屋根を新しく葺き替えすれば、内部シーリングしているので大丈夫」「板金屋根の下の防水紙を性能の良いものに交換すれば大丈夫」などと言われ、イマイチ納得できないまま屋根リフォーム工事を勧められ、工事してしまったケースでのご相談もございました。

板金屋根は防水ではありません。
継ぎ手(はぜ)がある以上、屋根がプール状態になれば水が漏れて当然です。
「オーバーフロー」つまり「スノーダクト」が溢れるのも想定外の工法です。
これまでと同様の工法(板金屋根を新しくしても)で修理しても、屋根の構造を変えない限り根本的な解決方法ではございません。

IMG_1283.jpg

IMG_1341.jpg

IMG_1192.jpg

IMG_1313.jpg


弊社では、これからの無落雪屋根にはプールになっても雨漏りしない防水工事が必然だと考えます。
北海道の板金業者様は特に技術の高い職種ですので、自社の技量や独自の施工方法などで、ご提案するケースも多いと思います。(弊社も同業種ですので、その気持ちは理解できます)

板金屋根を否定するつもりはございません。
傾斜屋根には意匠性や耐久性を含め最適な材料だと思います。

お客様にとって最も大切な事は、板金業者の技量の問題や屋根材料の選択でもございません。
シンプルに、どんな条件でも「すが漏れ」や「雨漏り」の心配のない家に、末長く安心して暮らす事だと思います。


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。
板金・防水は問いません。
屋根なら全て対応可能です!!

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| 屋根シート防水工事 | 14時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/tb.php/190-7d078c64

PREV | PAGE-SELECT | NEXT