PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北広島市S様邸 無落雪屋根(フラット屋根)のすがもり対策工事

北広島市ですがもり修理工事です。

屋根の傾斜がフラットに近い形で、各所で雪解け水が溜まってプール状態でした。
特に集合煙突周りは雪が引っ掛かりやすく、条件が悪かったようです。

札幌市近郊ではここ数年、粉雪ではなくベタ雪が積もる事が多くなり、
暖気で真冬に雨が降る事もあります。
「すがもり」の事故は今後も増える予感がします。。
snnndaniski1.jpg

室内の天井から水滴が落ちてきている状態でした。
サーモグラフィーでも調査したところ、やはり集合煙突周りに大きな不具合が出ている事が判りました。
snnndaniski2.jpg

集合煙突周りの三角小屋根の板金長尺の継手が主な原因でした。
数回に渡り補修した跡が見られましたが、効果は一時的な様子でした。
snnndaniski3.jpg

様々な「すがもれ」の修繕方法を検討していただきましたが、
弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。
従来の木造住宅に多く採用されている板金長尺屋根では無く、塩ビシート防水を使用した完全防水工法です。

最初に外周の傷んだ古い板金を剥がし、下地の調整をします。
snnndaniski4.jpg

下地の調整後に既存の長尺板金の上から、カットした断熱材を敷き込み絶縁シートを貼ります。
snnndaniski5.jpg

サンタックIBシートを部分的に溶接するためのディスク板を、下地の木材にビスで留め付けします。
下地の完了後、防水シートを敷き込みします。
全ての部位でボンドではなく、溶接にて接合していますので完全防水が可能な工法です。
snnndaniski6.jpg

外周部分は意匠性も考慮して、新しいガルバリスム鋼板に交換します。
snnndaniski7.jpg

集合煙突はサンタックIBシートを立上げてからガルバリウム鋼板で巻き、補強・止水を行います。
snnndaniski8.jpg

〈施工前〉
snnndaniski9.jpg
〈施工後〉
snnndaniski10.jpg

〈施工前〉
snnndaniski11.jpg
〈施工後〉
snnndaniski12.jpg

〈施工後〉
snnndaniski13.jpg

snnndaniski14.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 22時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市北区I様邸 屋根リフォームすがもり対策工事

札幌市北区で無落雪(スノーダクト)屋根の完全防水リフォーム工法の
「エムエコルーフシステム」を施工しました。

「すがもり」の調査を進めたところ、集合煙突の周りの不具合の他にスノーダクト付近が凍りつき、ダムを作ってしまい、雪解け水が板金屋根の上にプール状態となっている事が判りました。

とりあえず応急処置で、分厚い氷を足で割り排水管までの水路を確保して対応しました。
スノーダクトすが漏れ
厚さ10センチ近くの氷が張っている所もありました。



お客様には何社かの「すがもり」対策案を検討していただきましたが、弊社の完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用していただきました。

施工前の無落雪屋根の状態です。
老朽化による集合煙突のひび割れ、一部崩壊も確認できます。
集合煙突劣化

既存の下地を確認後、痛みの激しい箇所の板金を一部撤去してから、
「エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
スノーダクトすが漏れ対策1

施行中
スノーダクトすが漏れ対策2

防水作業完了後に集合煙突をガルバリウム鋼板で包み補強・止水処理を行います。
スノーダクトすが漏れ対策工事

全ての作業が完了です。
無落雪屋根のすが漏れr対策工事

外周の板金も新たに水切り形状に加工したガルバリウム鋼板に交換しています。
重ね貼りされたサイディングの上に被せる格好で納めていますので、
外壁からの雨漏りも軽減出来る形状にしています。
外周のガルバリウム鋼板

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理2

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理3
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理4

〈施工前〉
スノーダクトの雨漏り修理5
〈施工後〉
スノーダクトの雨漏り修理6

スノーダクトの雨漏り修理7

スノーダクトの雨漏り修理8

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815
まで
メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 19時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市南区H様邸 無落雪屋根「すがもり」対策リフォーム

札幌市南区で無落雪屋根のすが漏り対策リフォーム工事です。

数社でご検討されたようですが、最終的には
弊社の完全防水工法「エムエコルーフシステム」でご依頼いただきました。

無落雪形状(スノーダクト)の屋根で、特に集合煙突周りのすが漏りが酷い状態でした。

腐食箇所の板金を捲り、下地(木材)の状態を確認します。
無落雪屋根雨漏り

板金で補強下地を入れ本工事に入ります。
無落雪屋根のリフォーム

既存の板金の上に断熱を敷き込む外断熱工法です。
既存の板金を撤去せずに2重屋根のする工法です。(上記のように腐食した板金は撤去します)
廃材処理費を断熱材にまわす事が出来ますので、エコで効率の良い工法です!
無落雪屋根の断熱工事

サンタックIBシートを部分的に止める(垂木下地に)工法で、木造住宅や鉄骨造など、
動きに大きい建物にも最適な工法です!
無落雪屋根の下地工事

無落雪屋根で最も重要なスノーダクト部分も全て完全防水しますので、
すがもりだけではなく、オーバフローの心配も今後一切ありません!
スノーダクト

集合煙突のヒビ割れも目立ちましたので、
止水と補強のためガルバリウム鋼板で包みました。
集合煙突板金包み

屋根だけではなく、集合煙突からの雨漏りも完璧に防げます。
集合煙突板金包み2

スノーダクト内の排水口(ドレン)もサンタック防水シートと同質の
塩ビ製を使用して溶着していますので、排水口を含めた完全防水が可能です!
排水ドレン防水

〈施工前〉
スノーダクト屋根すが漏れ対策工事前
〈施工後〉
スノーダクト屋根すが漏れ対策工事後

〈施工前〉
スノーダクト屋根すが漏れ対策工事前2
〈施工後〉
スノーダクト屋根すが漏れ対策工事後2

〈施工前〉
スノーダクト雨漏り修理1
〈施工後〉
スノーダクト雨漏り修理2

〈施工前〉
無落雪屋根の雨漏り修理1
〈施工後〉
a無落雪屋根の雨漏り修理2

〈施工前〉
無落雪屋根の雨漏り修理3
〈施工後〉
無落雪屋根の雨漏り修理4

「エムエコルーフシステム」はプールになっても雨漏りしない
無落雪屋根・フラット屋根向けの最新鋭の完全防水リフォーム工法です。



屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 16時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市近郊 K様邸 すがもれ修理工事 完全防水工法

札幌市近郊ですがもれ修理工事です。

無落雪形状(スノーダクト)の屋根で、
築20数年ほどの木造住宅ですが、長い期間「すが漏れ」でお困りの状態でした。
建てた工務店様や、地元の屋根業者(板金業者)による補修が
数回施されたようでしたが「すがもれ」の解決には至らなかったようです。

弊社で調査を進めていくと、複数の原因がある事がわかりました。
スノーダクト周辺の写真ですが、スノーダクトの側面が凸凹しているのが、
確認できます。
こちらは施工時の影響による部分が大きいですが、凸凹になった側面を
押さえるため何箇所も釘を打っています。
この釘が、スノーダクトの伸縮(鉄板は熱伸縮します)により浮いている状態でした。
屋根の不具合

続いて、スノーダクトの側面の角部分から雨水(雪解け水)が侵入した
跡が確認出来ました。
また、コーキング材の硬化・破断も見つかりました。
経年劣化による影響が大きいです。
すがもり状況

その他にも笠木板金の継ぎ手(斜めの部分)から、
角を走った雨水が屋根板金の内部に侵入している状態でした。
板金屋根の性質上、どうしても折り込んだ角が発生してしまい、
コーキング等に頼る施工になりがちですが、
このコーキングが切れると雨漏りの原因となる事が多いです。
笠木すがもり状況
この他にも排水口廻りのコーキングの劣化・切れや、
オーバーフローによる漏水の跡も確認出来ました。

複数の原因が判明しましたので、修理方法を検討して頂きます。

完璧な工法をご希望でしたので、弊社の完全防水リフォーム工法
「エムエコルーフシステム」を採用して頂く事になりました。
板金の屋根ではなく、高品質・高耐久性のサンタックIBシートを使用した
塗装やコーキングの補修などのメンテナンスが一切必要ない完全防水工法です。

全ての部分を溶接により接合するため、プール状態になっても雨漏り(すがもれ)
が一切無い最新鋭の工法です。
kntyskgrtsh4.jpg

〈施工前〉
スノーダクト屋根工事前
〈施工後〉
スノーダクト屋根すがもり対策後

〈施工前〉
スノーダクト屋根施工前2
〈施工後〉
スノーダクト屋根施工後

〈施工前〉
スノーダクト屋根施工前3
〈施工後〉
スノーダクト屋根完全防水工法施工後

〈施工前〉
kntyskgrtsh11.jpg
〈施工後〉
kntyskgrtsh12.jpg

〈施工後 詳細〉
kntyskgrtsh13.jpg
kntyskgrtsh14.jpg

施工後の見た目からも、雨漏り(すがもれ)の要素が一つも無いのが
お分かり頂けるかと思います。
サンタックIBシートを溶接接合していますので、屋根全体が1枚のシートで
覆われているのと同じ状態です。
また、排水口や縦のパイプは塩ビ管が使用されているケースがほとんどですので、
IBシート(塩ビ製)と排水口も溶接による接合となります。

オーバーフローはありえませんので、
スノーダクトを浅く加工して、ゴミが溜まりづらい形状にしています。

「エムエコルーフシステム」
全ての箇所でコーキングに頼らない施工が可能な完全防水工法です。

〈施工後 動画〉




屋根のお悩み全て解決します。

マツモトルーフは屋根工事・雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区T様邸 太陽光(ソーラー)すが漏り(雨漏り)対策完全防水工事

今回は、数件のご相談を頂いております、太陽光(ソーラー)設置に伴う、
雨漏り(すが漏り)対策工事を紹介致します。

札幌市東区T様邸の施工例です。

新築されて数年後に屋根ソーラーパネル設置工事を行いましたが、
その年の冬からすが漏りが発生したようです。

調査を進めて行くと、太陽光パネルを設置する架台(PVレール)からのすが漏り
ではなく構造的な問題が原因である事がわかりました。

施工前の写真です。
sbstkymsi2sor1.jpg

スノーダクト(無落雪屋根)形状の板金屋根です。
sbstkymsi2sor2.jpg

雪解け時期の写真です。
写真は作業後で、レールの間の雪が無い状態ですが、
太陽光パネルの下は冬期間は凍り付きやすく、雪解け時期には先端でダムを
作ってしまい、レールの間がプール状態になり、水圧が掛かり、
板金のハゼから毛細管現象で、「すが漏れ」が発生したようです。
sbstkymsi2sor3.jpg

PVレールからの雨漏りではなく、
構造的な問題(凍り付きプール状態になる)ですので、
解決策はプール状態なっても問題ない屋根材を選択する方向で決まりました。

板金屋根はまだ新しい状態で残念でしたが、
全面を「エムエコルーフシステム」で施工します。
部分的にシートを固定する工法で、木造や鉄骨等の動きが多い建物には
最適の工法です。

また、屋根上を少しでも凍り付きにくくするため断熱材を敷き込み、
外断熱効果を狙う事にしました。
sbstkymsi2sor4.jpg

断熱材を敷き詰め、絶縁シートを貼ります。
サンタックIBシートを固定(溶接)する為のディスク板を留め付けします。
sbstkymsi2sor5.jpg

排水ドレンもサンタックIBシートと同じ材質の塩ビですので、
溶接により完全一体化が可能です。
sbstkymsi2sor6.jpg

下地の完了後、サンタックIBシートを敷き込みます。
sbstkymsi2sor7.jpg

立上がり(笠木含む)も全てサンタックIBシートで包みます。
sbstkymsi2sor8.jpg

PVレール上の、ソーラーパネル架台の脚を浮かせてから作業に入ります。
sbstkymsi2sor9.jpg

板金を剥がし下地の調整をします。
sbstkymsi2sor10.jpg

サンタックIBシートを溶接する為の鋼板を取り付けします。
sbstkymsi2sor11.jpg

仕上げに、サンタックIBシートで包みます。
sbstkymsi2sor12.jpg

ソーラーパネル架台の脚は、コーキングを挟み込み防水処理しています。
sbstkymsi2sor13.jpg

専用のビスで固定して、復旧します。
sbstkymsi2sor14.jpg

仕上げに、表面からもコーキング処理を施して完了です。
sbstkymsi2sor15.jpg

今後はプール状態になっても、「すが漏り」心配は一切要りません。
「エムエコルーフシステム」は様々な形状の屋根に対応が可能です。
sbstkymsi2sor16.jpg

後日、ソーラーパネルの配線を固定する為の架台(塩ビディッピング)を
取り付けしました。
sbstkymsi2sor17.jpg

〈施工前〉
sbstkymsi2sor18.jpg
〈施工後〉
sbstkymsi2sor19.jpg

〈施工前〉
sbstkymsi2sor20.jpg
〈施工後〉
sbstkymsi2sor21.jpg

〈施工前〉
sbstkymsi2sor22.jpg
〈施工後〉
sbstkymsi2sor23.jpg

〈施工前〉
sbstkymsi2sor24.jpg
〈施工後〉
sbstkymsi2sor25.jpg

〈施工後 詳細〉
sbstkymsi2sor26.jpg
sbstkymsi2sor27.jpg
sbstkymsi2sor28.jpg

〈施工後 動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 10時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区K様邸 雪庇対策&すが漏れ対策工事

札幌市東区で雪庇対策&すが漏り対策工事です。

フラット形状の屋根でしたが、
屋根の中央部分に雨水(雪解け水)が溜まりやすい状態でした。
(茶色く汚れが目立つ部分が雨水の溜まった跡です)
恐らく、長期に渡る積雪加重や建物の歪みなどで、中央部が数センチ程度ですが、
下がってしまったと思われます。
元々の屋根の勾配(傾斜)が緩いので、より雨水が溜まりやすくなってしまいました。
hinbnkbsiflt1.jpg

すが漏れ対策工事の他に、雪庇にもお困りの状態でしたので、
弊社オリジナルの「雪庇防止ユニット」も取付する事となりました。
フラット形状の屋根は、屋根上に引っかかる箇所が一切無いため、
通常の無落雪形状(スノーダクト)の屋根よりも雪庇が出来やすい傾向があります。

フラットの屋根は完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」で施工します。

先ずは外周部の痛んだ板金を撤去して、下地の調整を行います。
hinbnkbsiflt2.jpg

下地調整後に断熱材を敷き込みます。
外断熱効果を狙い、今回は25ミリの断熱材を使用しています。
建物内の熱が遮断出来るため、屋根上が凍り付きにくくなり、氷柱等も軽減できます。
hinbnkbsiflt3.jpg

絶縁シートを貼り、サンタックIBシートを部分的に留める(溶接する)為の
ディスク板を取付します。
外周部にも同じくサンタックIBシートを押さえる(溶接する)ための鋼板を
取り付けします。
hinbnkbsiflt4.jpg

完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」では、
ディスク板の留め付け強度が非常に重要になります。
弊社の工法では木下地(垂木)に特殊なビスでディスク板を固定しますが、
この固定強度が甘いと風の影響などでビスが抜け、防水シートが剥がれてしまう
危険性が考えられます。

そこで弊社では、ビスの引き抜き強度試験を行い、徹底した施工管理を行っています。
hinbnkbsiflt5.jpg

メーカーの推薦値よりもさらに安全性を高めた数値で施工しています。
これで、この工法のデメリットはありません。
hinbnkbsiflt6.jpg

高品質・高耐久性のサンタックIBシートを敷き込みします。
hinbnkbsiflt7.jpg

「雪庇防止ユニット」取り付け箇所には頑丈な木下地を造作します。
hinbnkbsiflt8.jpg

外周の板金(ガルバリウム鋼板)を交換します。
hinbnkbsiflt9.jpg

ブチル粘着性の防水紙を貼ります。
hinbnkbsiflt11.jpg

「雪庇防止ユニット」取り付け部分の、強度測定(ビスの引き抜き強度試験)
を行います。
hinbnkbsiflt12.jpg

工場で製作した「雪庇防止ユニット」を取り付けします。
hinbnkbsiflt13.jpg

最後に屋根の傾斜が緩いため、両サイドに雨水が流れないように、
サンタックIBシートと同質の水止め部材を取り付けして、全ての工事が完了です!
hinbnkbsiflt15.jpg

〈施工前〉
hinbnkbsiflt16.jpg
〈施工後〉
hinbnkbsiflt17.jpg

〈施工前〉
hinbnkbsiflt18.jpg
〈施工後〉
hinbnkbsiflt19.jpg

〈施工前〉
hinbnkbsiflt20.jpg
〈施工後〉
hinbnkbsiflt21.jpg

〈施工後詳細〉
hinbnkbsiflt22.jpg

hinbnkbsiflt23.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 19時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区M様邸 雪庇対策&雨漏り対策工事

札幌市東区で屋根リフォームです。
雪庇対策&雨漏り(すが漏れもあり)修理工事です。

無落雪(スノーダクト)形状の屋根ですが、
スノーダクトの傾斜が緩く、全体的に水が溜まった跡があります。
hnbmtremsep1.jpg

雨漏り(すが漏り)の原因となった箇所は複数ありましたが、
特に雨漏り酷かった三角の小屋根廻りです。
hnbmtremsep2.jpg

ハゼ(板金同士の継ぎ手部分)の間で水が溜まった跡も確認できます。
板金を捲ったり、コーキングを上から塗ったりと、
数回にわたる補修の跡がうかがえます。
hnbmtremsep3.jpg

補修したコーキングも既に切れていました。
板金が浮いた状態で施工されており(施工不良)、積雪等で加重が掛かると、
すぐに切れてしまう状態でした。
板金の熱伸縮の影響もあり、コーキングによる処理は一時的な補修でしかありません。
hnbmtremsep4.jpg

屋根全体の経年劣化も目立ちましたので、本屋全面リフォームの方向で
検討して頂きました。
無落雪屋根の革命的リフォーム工法「エムエコルーフシステム」
採用して頂きました。

既存屋根を剥がさず(2重屋根)に、外断熱を施し、上から高品質・高耐久性の
塩ビシート防水(サンタックIB)を被せる完全防水工法です。
詳しくはこちらへ
hnbmtremsep5.jpg

雪庇防止ユニット取付箇所には、粘着性防水紙を貼り
下地からしっかりとした防水処理を施します。
hnbmtremsep6.jpg

板金(ガルバリウム鋼板)で笠木を包みます。
hnbmtremsep7 2

工場で製作した「雪庇防止ユニット」を取り付けします。
hnbmtremsep8.jpg

「雪庇防止ユニット」の仕上げです。
はみ出したコーキングの処理、キズの補修をして設置が完了です。
hnbmtremsep9.jpg

問題の多かった、三角の小屋根ですが、上部は雨漏りの危険が少ないのと、
意匠性を意識して従来通り、板金(横葺き)を施工しました。
hnbmtremsep10.jpg

全ての工事が完了です。
hnbmtremsep11.jpg

〈施工前〉
hnbmtremsep12.jpg
〈施工後〉
hnbmtremsep13.jpg

〈施工前〉
hnbmtremsep14.jpg
〈施工後〉
hnbmtremsep15.jpg

〈施工前〉
hnbmtremsep16.jpg
〈施工後〉
hnbmtremsep17.jpg

〈施工前〉
hnbmtremsep18.jpg
〈施工後〉
hnbmtremsep19.jpg

〈施工後 詳細〉
hnbmtremsep20.jpg
hnbmtremsep21.jpg
hnbmtremsep22.jpg
hnbmtremsep23.jpg

〈施工後 動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市南区H様邸 無落雪屋根リフォーム&雪庇対策

無落雪(スノーダクト)屋根のリフォーム工事と雪庇対策工事、
両方ご検討のお客様も多いようで、複数のお問い合わせを頂いております。

今回は完全防水屋根リフォーム工法「エムエコルーフシステム」と、
弊社オリジナル商品で脅威のコストパフォーマンスを誇る「雪庇防止ユニット」
のコラボ施工例を紹介致します。

施工前の状態です。
無落雪形状の屋根ですが、経年劣化とスノーダクトの水捌けが悪く、
鉄板を腐らせ穴があく危険性があった為、屋根の全面葺き替えを検討されていました。
mhrcmp2.jpg

外周のパラペット部分は雪害により出隅のキャップが外れていたり、
修理が必要な状態でした。
雪害箇所は保険も適応になり、パラペットを含む屋根の全面リフォーム工事で進めます。
mhrcmp1.jpg

パラペットの既存の板金を撤去します。
mhrcmp3.jpg

無落雪屋根部分は完全防水でメンテナンスフリーの
「エムエコルースシステム」を採用して頂きました。
mhrcmp4.jpg

パラペット部に新しいガルバリウ鋼板(横葺き)を葺いていきます。
mhrcmp5.jpg

「雪庇防止ユニット」取付箇所には下地止水処理を施した
ガルバリウム鋼板の笠木に交換しています。
板金とシート防水、両方の高い技術力が必要な箇所です。
mhrcmp6.jpg

「雪庇防止ユニット」を設置します。
mhrcmp7.jpg

ユニットの防水処理も、両面粘着性改質防水紙と変成シリコンコーキングの
ダブル止水処理で雨漏りの心配は一切ありません!
mhrcmp8.jpg

工事完了です。
mhrcmp9.jpg

〈施工前〉
mhrcmp10.jpg
〈施工後〉
mhrcmp11.jpg

〈施工前〉
mhrcmp12.jpg
〈施工後〉
mhrcmp13.jpg

〈施工前〉
mhrcmp14.jpg
〈施工後〉
mhrcmp15.jpg

〈施工前〉
mhrcmp16.jpg
〈施工後〉
mhrcmp17.jpg

〈施工後詳細〉
mhrcmp18.jpg

弊社の「雪庇防止ユニット」は角(出隅・入隅)の処理も完璧で、
どんな形状にも対応可能です!
mhrcmp19.jpg

パラペットの入隅部です。
雪が溜まりやすい箇所ですので、合板で補強下地を作成して、
長尺ガルバリウム鋼板に葺き替えしました。
mhrcmp20.jpg

お隣さんとの敷地が近い面は落雪を軽減する為、通常の横葺き板金ではなく、
雪止め式のステイルーフに葺き替えしています。
mhrcmp21.jpg

〈施工後 外観〉
mhrcmp22.jpg

〈施工後動画〉


今回の施工例は、
板金・防水、両方の技術力が高いレベルで要求される工事内容です。
弊社の職人は国家試験の「一級技能士」を板金・防水共に取得しておりますので、
安心してお任せください。


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 21時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区 H様邸 すが漏れ対策工事 完全防水工法!

札幌市東区ですが漏れ・雨漏り対策工事です。

調査を進めると、板金の谷廻りに雨水が溜まりやすい形状になっており、
この箇所が、雨漏りの一つの原因と断定しました。
ki3h8has2.jpg

劣化が目立つ集合煙突からも、雨漏りが確認できました。
ki3h8has1.jpg

対策修理方法を色々と検討して頂きまして、弊社の過去の実績から、
完全防水リフォーム工法「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。

工事に取りかかります。
雨漏り箇所の確認と木下地の状態を確認するため、痛みの激しい箇所の
板金を撤去します。
板金を捲ると、中が濡れているのが確認出来ました。
ki3h8has3.jpg

濡れてしまった、木下地の状態も確認します。
ki3h8has4.jpg

下地の状態を確認後、「エムエコルーフシステム」の下地を作成していきます。
ki3h8has5.jpg

断熱材を敷き込み、サンタック製 塩ビシート防水を部分固定するための、
ディスク板を留め付けします。
部分固定するメリットの一つとして、木造住宅のような動きが多い建物の場合でも
膨れなどが無く、高耐久性を維持できる優れた工法です。
ki3h8has6.jpg

また、排水口(ドレン)も塩ビ管を使用する事により、
防水シートと同質の材料となるため、排水口までが溶接による完全一体化が可能です。
ki3h8has7.jpg

サンタックIBシート敷き込み中
ki3h8has8.jpg

集合煙突立ち上がり、雪割り小屋根の施行中
ki3h8has9.jpg

ひび割れの目立った、集合煙突の上部はガルバリウム鋼板で包み
しっかりと固定・止水します。
ki3h8has10.jpg

〈施工前〉
ki3h8has11.jpg
〈施工後〉
ki3h8has12.jpg

〈施工前〉
ki3h8has13.jpg
〈施工後〉
ki3h8has14.jpg

〈施工後 詳細〉
ki3h8has15.jpg

ki3h8has16.jpg

ki3h8has17.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 20時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌市東区Y様邸 屋根完全防水リフォーム工事

札幌市東区ですが漏り修理工事です。

無落雪屋根のすが漏れでお困りの状態でした。
調査を進めると、スノーダクトの板金が特殊な形状をしており、
雪解け時期にオーバーフローしやすい構造になっている事が判明いたしました。
06yamucay1.jpg

スノーダクト部分です。板金が腐食しています。
06yamucay2.jpg

完璧な「すが漏れ」「雨漏り」修理をご希望でしたので、弊社の完全防水工法
「エムエコルーフシステム」を採用して頂きました。
06yamucay3.jpg

板金(ガルバリウム鋼板)ではなく、サンタックIB防水シートを使用した、
外断熱 完全防水リフォーム工法です!
06yamucay4.jpg

外周部は、シンプルで水が切れやすい形状の板金(ガルバリウム鋼板)を
加工・取り付けしています。
06yamucay5.jpg

〈外周部 施工前〉
06yamucay6.jpg
〈外周部 施工後〉
06yamucay7.jpg
※外壁サイディングの重ね貼りリフォーム工事を行うと、外壁に厚みが出るため、
屋根面より外壁面が出てしまうケースが多々あります。
外壁の内部に雨水が廻らないように、この辺の雨仕舞い処理を、きちんと行うのがとても重要です。

完全防水工法「エムエコルーフシステム」のビフォーアフターご覧ください。
〈施工前〉
06yamucay8.jpg
〈施工後〉
06yamucay9.jpg

〈施工前〉
06yamucay10.jpg
〈施工後〉
06yamucay11.jpg

〈施工前〉
06yamucay12.jpg
〈施工後〉
06yamucay13.jpg

〈施工前〉
06yamucay14.jpg
〈施工後〉
06yamucay15.jpg

〈施工前〉
06yamucay16.jpg
〈施工後〉
06yamucay17.jpg

〈施工後 各所〉
06yamucay18.jpg
06yamucay19.jpg
06yamucay20.jpg

〈施工後動画〉


屋根のお悩み全て解決します。

何度修理しても止まらない雨漏りもお任せください。
防水・板金は問いません。

マツモトルーフは雨漏り修理のプロです。
全ての屋根修理が可能な屋根専門業者です。

屋根のトラブル・ご相談は
屋根専門ダイヤル
011-769-9815まで

メールでのお問い合わせはこちらから

| エムエコルーフシステム | 23時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT